2009年10月04日

INDILINX製コントローラーと64MBキャッシュを積んだIDE50ピンSSDを旧VAIOに載せる。


ひさびさのモバイルVAIOのSSD換装シリーズ?

ストレージの接続規格が
「シリアルATA」になっていると選択肢も広いけれど、
やっかいなのは、
モバイル系VAIOに採用されている
1.8インチクラスのmicro S-ATAやZIF、IDE50ピンタイプになると
対応したSSD事態の存在も少ないし、
高速なものも少ないという点。

前回は、PhotoFastの
最大読込85MB/s、最大書込50MB/sという性能の
「G-Monster 1.8インチZIF V2と、
「G-Monster 1.8インチ 50PIN-IDE V2
試してみたものの、期待するほどの速度的な恩恵は得られず、
特にVista搭載機ではプチフリ?に近いような症状も見受けられて
いまいち換装するメリットが見出しにくい結果となってしまった。

・PhotoFast製1.8インチSSDZIFを、VAIOtypeT(TZシリーズ)に載せる。
・旧型モバイルVAIOを復活を期待させる「1.8インチSSD IDE50ピン」(その1)
・旧型モバイルVAIOを復活を期待させる「1.8インチSSD IDE50ピン」(その2)


がしかし、
新しく登場した同社の
「G-Monster 1.8インチZIF V3と、
「G-Monster 1.8インチ 50PIN-IDE V3は、
INDILINX製のコントローラーと、
64MBのキャッシュを搭載していて、
最大読込100MB/s、最大書込100MB/sという公称値を持つSSDだけに
非常に期待をしてしまう。


唯一、
製品HPに“PCとの相性によりご利用いただけない場合がございます”
という記述があるあたりは非常に気になるところで、
前回も、
VAIO typeT(TXシリーズ)iconではその相性とされるところから
リカバリーがうまくいかなかった例もある。

なので、
今回はVAIO typeT(TXシリーズ)iconから試してみよう。

−−−−−−−−−−−−−−−−


<G-Monster 1.8SSD V3とのVAIO TXの相性>

iconicon
まず、VAIO typeT(TXシリーズ)icon「VGN-TX90S」に、
1.8インチIDE50ピンタイプのSSD
「G-Monster 1.8インチ 50PIN-IDE V3を装着。

分解や換装の手順は過去記事を参照。

・VAIO typeT(TXシリーズ)を分解&SSD換装する(前編)
・VAIO typeT(TXシリーズ)を分解&SSD換装する(後編)


当たり前の事ではあるけれど
直接IDE50ピンを差し込めるので、
ZIFタイプのSSDと変換アダプタを利用したような接続方法を
とらなくていいのはとても楽に思える。

「G-Monster 1.8インチ 50PIN-IDE V3
ラベル面を上向きのままで
「VGN-TX90S」のIDE50ピンに装着すれば
ガイドにあわせて綺麗に収まるので間違いようはない。


元ある1.8インチHDDよりも若干小さい事もあって
若干の空スペースができるけれど、
付属の金属アームをネジ止めすればきっちちと固定できる。

物理的な換装はこれだけなので
後は元通りに組みなおせばよい。

−・−・−・−・−・−

そして、
まずは電源を起動してBIOS画面の確認。

・・・

ん?

あれ?


起動直後のVAIOロゴが出たら、[F1キー]を押したものの
BIOS画面には移行せず、
そのままフリーズしたような状態になってしまって
固まっているようで・・・

これは変だぞ。。

と思っていたら、数分経過してから
BIOS画面が立ち上がる。


こんな挙動自体は既に怪しいのだけど
一応、BIOSのAdvanced項目を[Hard Disk Drive]を見てみると
そこには表示されるはずのSSDの容量はなく
虚しく[Non]とだけ書かれている。

念のため、
もう一回「VGN-TX90S」をバラして
SSDの向きやら接続がしっかり出来ているかどうかも確認して
一つ一つをチェックした後で
再度トライしてみても結果は全く同じ。

はい、終了ー。



「VGN-TX90S」は、
「G-Monster 1.8インチ 50PIN-IDEV2でもうまくいかなかったから
「G-Monster 1.8インチ 50PIN-IDE V3でも無理なんじゃないか?
という不安はあったのだけど、それが見事に的中。

相性で片付けるのも手抜きっぽくて嫌なんだけど、
SSDに関しては本当に相性問題がつきまとうものだし
潔くあきらめるしかない。
(それを解消するファームアップかなにかがあれば別だけど。)

結果として、
VAIO typeT(TXシリーズ)icon「VGN-TX90S」では、
MTRON製SSD MOBIシリーズ「MSD-PATA3018-016ZIF2」と
「1.8インチZIF⇒1.8インチHDD」変換アダプタを利用する
というやり方が
今のところ確実に動作していて、かつ挙動も安定してるのかと。。

という事で、
「G-Monster 1.8インチ 50PIN-IDE V3は、505EXTREMEに託そう。

続く。


【VAIO typeP特集ページ】
【VAIO typeT特集ページ】
【VAIO typeZ特集ページ】

iconicon

【TOPページへ】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/51730643