2009年10月07日

Blu-Rayディスクレコーダーを「リモート予約」で外出先から操る。


Blu-Rayディスクレコーダーの
かなり便利で、でも意外と使われてない機能を改めて紹介。

ソニーのBlu-Rayディスクレコーダーicon
録画機能に関してはとても賢くて
番組表から指定した番組を録画するのはもちろん
自動的に好みの番組を録画してくれる「x-おまかせ・まる録」があるので
ほぼ録り逃す事はない。

でも、
それでももしかしたら録画されてないかも?
とか、録画されてると思ったのに録画されてなかった(涙
という事があるかもしれない。

というか自分の場合、
たまたま出先でテレビ画面が目に入って
まったく予想外の番組で好みのアーティストとかが出演してて
うわ、これ録画しときゃよかった(滝汗
みたいな事態に出くわす事があるので利用する機能。

それが、
「リモート予約」と言う機能。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

<ケータイから自宅にあるレコーダーに予約録画する>


これは、
どんな機能かというと、簡単に言えば、
ケータイから自宅にあるBlu-Rayディスクレコーダーicon
予約録画できるという技。

どういった原理になってるんだ?
という説明はめんどくさいのでパスするとして、
条件としては、
「リモート予約」機能のあるBlu-Rayディスクレコーダーicon
自宅にインターネットに接続している環境があればOK。
(それとケータイ電話。)


前準備もとっても簡単で、
Blu-Rayディスクレコーダーiconと、
インターネットにつながってるルーターとを
LANケーブルで接続しておくだけ。

設定も簡単。

まずは自分のケータイの入っている
アプリ「Gガイド番組表」を起動する。

最近のケータイ(docomo、au、ソフトバンク)には
プリインストールされていて
入ってなかったらココからダウンロードできるはず。


このアプリを起動すると
基本、地上デジタル放送とBSデジタル放送の番組表が
いつでも確認できる。

番組表だけが見えていてもつまらないので
ここから予約できる設定をしてやる。

メニューから「リモート予約」を押す。
すると、一番最初の時だけ初期設定画面が出てくる。


まずは自宅にある自分の使っている録画機器を選択。
[メーカー選択]で【SONY】を選んだ後、
[機種選択]のプルダウンから該当の機種を選ぶ。

対応機種は、最新モデルから数年前のものでも
DVDのデジタルスゴ録でも対応していたりして
対応幅は広い。(確認はここ


次に、
登録パスワード取得をする。

ウィザードを進めると
16桁の登録パスワードがケータイ画面に現れる。


と、ここでBlu-Rayディスクレコーダー側の準備。
ホームメニューの[クロスメディアバー]左の設定に
「リモート録画予約設定」があるのでそれを開く。

そこに16桁の登録パスワードを入力しろと出ているので
それを入れればよいわけだけど、
いちいち数字をリモコンで入力する必要はなくて、
登録パスワードの出ているケータイを
Blu-Rayディスクレコーダーiconに向けてエイっ!と送信すると
そのパスワードを直接赤外線で受け取れる。


これで設定完了。

ケータイとBlu-Rayディスクレコーダーiconのお互いの認証ができた。


−・−・−・−・−

後は使うだけ。


地上デジタル、もしくはBSデジタルの番組表から
録画したい番組を見つけたら
メニューのリモート録画予約から【予約】を選ぶ。

そうすると、
自宅のBlu-Rayディスクレコーダーiconの持っている
録画モードが選べるようになっていて、
好みの録画モードにしたら決定ボタンを押すだけ。


で、
既に自宅で予約録画しているものとカブってると
それもお知らせしてくれるという親切設計なので
外出先から予約したら、元々録画してるものを消してしまった
なんて事は防げるようになっている。


それに、
Blu-Rayディスクレコーダーicon側で予約したものと、
ケータイからリモート予約で予約したものを
確認できたり(予約一覧)、
既に録画された番組を確認(録画済タイトル一覧)出来るので
自宅に帰るまでに
きちんと録画できてるだろうか?と心配せずにすむ。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

<iPhoneから自宅にあるレコーダーをメンテナンスする>


ケータイ3キャリアには
独自のアプリ(Gガイド番組表)があっていいけど、
じゃあ、iPhoneだったら出来ないのか?
というとそんな事はなくて、
むしろもっと便利に使えたりする。


そこで活躍するのが、「Gガイド.テレビ王国」

So-netの「Gガイド.テレビ王国」自体が
PCで利用するブラウザ経由で
ログインした状態なら、ソニー製のBlu-Rayディスクレコーダーに
予約できるようになった機能を利用する。

事前に設定が必要だけど
無理にiPhoneの画面でやる必要もなくて
自分のPCからログインして設定すれば良い。

ケータイでやった時とほぼ同じで
「Gガイド.テレビ王国」にログインした状態で、
設定から、「HDDレコーダー用パスワードを発行する。」をクリックすると
16桁のパスワードが発行。

そのパスワードを
Blu-Rayディスクレコーダーの「リモート録画予約設定」を開いて、
リモート機器登録に、発行された16桁のパスワードを入力する。


登録が完了すると、
「Gガイド.テレビ王国」のログイン画面には、
その登録したレコーダーの名前と製品名、ニックネームが表示され、
Blu-Rayディスクレコーダーicon側にも、
登録リモート機器一覧に、
機器名とニックネーム、そして“利用可能”と表示される。

これで準備は完了で、
後はiPhoneのSafariに
「Gガイド.テレビ王国」をお気に入り登録しておけばOK。


番組表の番組に【HDDレコーダー】という青いアイコンがある、
画面の構成上載ってないものは
番組の詳細を開けばそのアイコンがあるので
それをクリックすれば、
リモート予約の確認画面が出てくる。

その番組の内容や出演者にいたるまでの情報が細かく載っているあたりは
さすがPC向け。


当然、録画モードを自由に設定もできる。

録画モードを選択する時には
画面に映る小さいアイコンを操作するのではなくて
iPhone独自のスクロールタイプの選択画面が出てくるので
扱い的にはとても楽。


それが決まったら
「リモート予約実行」を押せば終わりなんだけど
ここでも予約前に
既に予約されている番組のリストが出て来て
重複して録画できない場合があるのを防げるようになっている。


それから、
この「Gガイド.テレビ王国」でしか出来ないのがメンテナンス。

予約済みになっている番組を確認して、
そこから録画モードを変更したり、予約をキャンセルしたりもできるし、
既に録画した番組から
もう見ないと思った番組を削除する事もできる。

ケータイからの場合は
確認はできても変更や削除はできないのだけど、
iPhoneなら(「Gガイド.テレビ王国」なら)、
そういったメンテナンスまで手が出せるのでより便利。

もともとPC向けに設定されている事もあって
確認できる情報も出来る設定も多くてかゆいところに手が届くし、
画面の文字の小ささは
iPhoneなら簡単にピンチイン(拡大)できるのでたいした苦にもならない。

まさにBlu-Rayディスクレコーダーiconを操ってるという感覚が楽しい。

もうこうなったら、
「お出かけ転送」をiPhoneに対応してくれたら最高なのに
とも思ったけど、それは難しいのかなと。。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ケータイにしてもiPhone(もしくはPC)にしても
設定はとっても簡単で、
それでいていざという時に非常に役に立つので
もしも「リモート予約」の機能のある
Blu-Rayディスクレコーダーiconを持っていたら
せっかくなので使ってみたほうが良いかと。


・シンプルに使いやすくなったBDレコーダー「BDZ-XR100」
・Blu-Rayディスクレコーダーの「おまかせ転送」に注意しておくべき事。

【VAIO typeP特集ページ】
【VAIO typeT特集ページ】
【VAIO typeZ特集ページ】

iconicon

【TOPページへ】


この記事へのトラックバックURL