2009年11月07日

BRAVIA ZX5シリーズ、35mmズームレンズ、Bluetoothヘッドセット先行予約販売開始!

iconicon
LEDバックライトを採用した超薄型&ワイヤレス大画面の
BRAVIA「ZX5シリーズ」iconや、
35mmフルサイズ対応のズームレンズ「SAL2875」
Bluetooth対応のワイヤレスレシーバー「DRC-BT30P」と
同じくBluetooth対応の
ソニエリ製ワイヤレスヘッドセット「HBH-DS205MK2」
の先行予約販売が開始。

−−−−−−−−−−−−−−−−

【BRAVIA ZX5シリーズ】

iconicon iconicon

〈ブラビア〉ZX5シリーズ【〈ブラビア〉プレミアムオーダー】
「KDL-46ZX5」(46型)
icon

ソニースタイル販売価格:529,800円(税込)〜
(10%OFFクーポン)
(エコポイント対象商品:36,000点)

「KDL-52ZX5」(52型)icon
ソニースタイル販売価格:629,801円(税込)〜
(10%OFFクーポン)
(エコポイント対象商品:36,000点)

高輝度化した「エッジライト型白色LED」を搭載して
ボディを超薄型化して
かつフルHDのワイヤレス転送技術を内蔵して
他の機器と接続するメディアレシーバーと
実際に視聴するディスプレイを別の場所に置ける
レイアウトが自在な「ZX5シリーズ」。

速い動きの残像感を低減するための「モーションフロー240Hz」や
ソニー独自の高画質回路「ブラビアエンジン3」、
アクトビラ ビデオ・フルやソニールームリンクAVCHDにも対応して
インテリアとしての美しさだけでなく
BRAVIAとしての性能も最高峰となる。

さらに
ソニースタイルでは「BRABIAプレミアムオーダー」として
よりユーザーの好みに応じて選択できる幅を拡充、
ブラックとホワイトとの2色のカラバリや
スタンダードなテーブルトップだけでなく
壁掛けや壁寄せ、ウォールシステム、といった
多彩な設置スタイルが可能。

値段的にも高価ではあるものの
用意された「AV10%OFFクーポン」を利用して
機器総額からさらに10%安く買えるというのも魅力。

・薄さとインテリアとしての美しさ、そして高性能も併せ持つ「BRAVIA ZX5シリーズ」

−−−−−−−−−−−−−−−−

【デジタル一眼レフ カメラ専用レンズ】

iconicon
ズームレンズ(28-75mm F2.8 SAM)「SAL2875」icon
ソニースタイル販売価格:79,800円(税込)
(3年間保証サービス<ワイド>付属)

35mmフルサイズに対応した大口径標準ズームレンズで
レンズ内にAF駆動用のDCモーター「SAM」を搭載。

28mmから75mmという比較的利用する事の多いズーム域で
そのの全域で開放F値2.8という明るさを持つ。

レンズ構成は14群16枚で絞りは7枚羽根の円形タイプ。
最短撮影距離は38cm、最大撮影倍率は0.22倍。
フィルター径は67mm。

大きさは最大径φ77.5mm、全長94mm、
重量は約565g。

−−−−−−−−−−−−−−−−

【Bluetooth対応アクセサリー】

iconicon
ワイヤレスレシーバー「DRC-BT30P」icon
ソニースタイル販売価格:5,980円(税込)

Bluetoothを搭載したウォークマンや携帯電話と
ワイヤレス通信で音楽やワンセグの音声を楽しめる
オーディオレシーバー(A2DP)。

Bluetooth標準規格Ver.2.1+EDRに準拠していて
レシーバーのジョグスイッチを使って
音楽の再生、停止、曲送りは、から操作ができたり(AVRCP)、
携帯電話のハンズフリー通話にも対応(HFP、HSP)。

サイズ的には小さくまとまっていて質量にしても約20gと非常に軽く
クリップとストラップのどちらでも装着が可能。
充電は付属のUSBで行う。

ノイズサプレッション、エコーキャンセレーションを搭載していて
通話も高音質、
ステレオミニジャックに好みのイヤホンを装着できる。

カラバリは、
ブラック、ホワイト、ピンク、ブルーの4色。

iconicon
ワイヤレヘッドセット「HBH-DS205MK2」icon
ソニースタイル販売価格:9,980円(税込)

同じくソニーエリクソンブランドのワイヤレヘッドセット。
前モデル「HBH-DS205」の改良版となるMK2。

本体部で約13.5gという軽るさで
通話約8時間、連続待ち受け約600時間という驚異のスタミナ性能。

ワンセグ音声と音楽に対応(A2DP)、
音楽の再生、停止、曲送り(AVRCP)や
ハンズフリー通話(HFP、HSP)にも対応。

通話時には、ノイズリダクション機能やエコーキャンセル機能が働き
音質をよりクリアに保ち
電池残量などを表示するディスプレイも搭載している。

密閉型インナーイヤーヘッドホン が付属していて
好みに応じて3.5mmステレオミニジャックに
手持ちのヘッドホンも利用可能。

カラバリは
従来のブラックに加えてホワイトを追加。

−−−−−−−−−−−−−−−−

うーん、「HBH-DS205」と「HBH-DS205MK2」の違いって
付属のヘッドホンくらいしか変わってないように見えるのに
新色のホワイトバージョンを見たら
欲しくなってしまったり。。


iconicon

【TOPページへ】


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/51745709
この記事へのコメント
くんこくさんお久しぶりです。体調の方も全快されたようで安心してみさせてもらってます。
ちょっと最近手持ちの機器にBluetoothが搭載されているものが増えてきたのでヘッドセット用に何か購入しようかなと検討してる最中にこの記事だったのでクリティカルでした!
今回の記事で扱われていたBluetoothヘッドセットorレシーバで気になるのはマルチリンクに対応しているかということ...PSPgoの方の周辺機器として発売予定のものはマルチリンク対応が明記されていたけどこちらはそうでないのでどうなんでしょうかね。。
それとHBH-DS205MK2はVer.2.1+EDRなんでしょうか...(webページが探せなかった...
Posted by ちっぷす at 2009年11月07日 23:33
>ちっぷすさん
お久しぶりですm(__)m
今回はちょっと辛くて直った後もなかなか体調が回復しなかったのですが、ようやく全快ですw

「HBH-DS205MK2」、なかなか良いですよね、
見た目といい好みのヘッドホンが使えるところといいw

で、WEBページには記載はしてないのですが、
おそらくマルチペアリングについては対応してないのかなと思われます(汗
そこまでやってくれたら完璧なんですけどね。

Posted by kunkoku at 2009年11月09日 13:32