2009年11月23日

PSPgoとメモステ“M2”と、BDレコーダーのお出かけ転送の関係。

iconicon
・PSPgoにまつわる純正周辺機器を簡単にレビュー。
の続き。

PSPgoiconに使える外部メモリー“メモリースティック マイクロ”iconの話。

今現在では、
ソニー純正としては、最大容量8GBまでが存在していて、
他メーカーからは、Sandiskから16GBというのが発売されている。

一応、今回は確実なところで純正の8GBを買ってみた。


“メモリースティック マイクロ”は、
だいたいMicroSDの大きさとほぼ同等で
メモリースティックDuoのアダプターが一緒に付いてくる。

微妙に今までは一部のケータイに採用された以外に
活躍の場がなかったけれどPSPgoicon用の外部メモリーとして
ようやく?脚光を浴びる?かもしれない。


PSPgoの正面から向かって左側にスロットがあるので
PSPにメモリースティックDuoを挿す要領で
スロットの奥へカチっと音がするまでハメてやればOK。

出したい時は一度奥へ押し込んでやると
手前に少し飛び出すので引き抜けばいいのだけど
なにしろ小さいので紛失には注意。

8GBをPSPgoで認識させると
空き容量としては7680MBと表示。

基本、PSPgoの本体には
内蔵メモリーが16GBもあるから
ゲームデータなら十分なほどの余裕があるようにも思えるのだけど
動画を転送してるとあっという間に消費してしまうので
そういった時には“メモリースティック マイクロ”に頼れるのは助かる。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−

<Blu-Rayディスクレコーダーからのお出かけ転送>


動画転送の便利な方法の一つに
Blu-Rayディスクレコーダーからの「お出かけ転送機器」。

・新nav-uの「おでかけ転送」、BDレコーダー従来モデルでも転送できるか実験。

けれど
PSPgo(PSP-N1000)の本体メモリーへ転送できるのは、
今のところ「BDZ-EX200icon/RX100icon/RX50」iconの新機種のみで
以前のモデル(BDZ-A950/A750/A70/X100/X95)では
ソフトウェアのバージョンアップ待ちになっている。

・「おでかけ転送」対応の機器と転送できる映像の種類を教えてください。:SONY(Q&A)

でも、
PSPgoに収めた“メモリースティック マイクロ”にであれば
PSPに入れたメモリースティックックDuoに転送するのと同じ概念になるので
バージョンアップを待たずとも
今すぐにでも「お出かけ転送」が利用できる。

というので
一応実験。


まずは、
Blu-Rayディスクレコーダーの新モデルとなる「BDZ-RX100」icon
PSPgoを接続して「お出かけ転送」をしてみる。

この場合、PSPgo本体だけをつないだ場合には、
内蔵メモリーに転送をするようになって、
“メモリースティック マイクロ”を差し込むと
転送先は“メモリースティック マイクロ”になる。

どちらにでも転送可能。


次に、
現状PSPgoに対応していないとされる「BDZ-X95」
PSPgoを接続して「お出かけ転送」をしてみる。

PSPgo本体だけをつないだ場合、
「転送先のメディア・機器が対応していません。」
というメッセージが出てきてやはり転送ができない。

この部分がバージョンアップで対応されるのを待たないといけない。


じゃあという事で改めて
PSPgoに“メモリースティック マイクロ”を差し込むと
今度は、自然に転送先は“メモリースティック マイクロ”になっていて
転送も問題なくできる。

バージョンアップ待ちの機種でも
ひとまずの回避策としては利用価値はある。

また、
バージョンアップ対象になってないさらに前の機種となる「BDZ-X90」でも
“メモリースティック マイクロ”への転送だけなら利用できる。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−

<PSPgo本体メモリーとメモステマイクロ間で動画の移動>


PSPgoで「お出かけ転送」した動画を見るのは、
本体メモリーか“メモリースティック マイクロ”へ
転送した先のフォルダを開くとそこに動画リストが表示されて
見たい動画を選べばすぐに再生ができる。


リストを表示している状態で、
△ボタンを押すと画面右に「再生」「ムーブ」「削除」「情報」
という項目が現れる。

そこにある「ムーブ」を選択すると
“メモリースティック マイクロ”にある動画は本体メモリーへ
本体メモリーにある動画は“メモリースティック マイクロ”に転送される。


この2メディア間のデータ転送は比較的高速で
待っていてあまりイラっとさせられることがない。

元がコピー制限されている動画(地上デジタル放送の録画など)は
コピーではなくムーブとなって、
元のメディアからはデータは消えてなくなる。

もしもやろうと思えば、
一度“メモリースティック マイクロ”に「お出かけ転送」をして
それから本体メモリーへとムーブするのも可能という事になる。


ちなみに、コピー制限がない動画の場合は
ムーブでなくてコピーになるので、
元のメディアからはデータは消えずにそのまま残っている。

いらなくなったら
△ボタンから削除をすればよい。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−

<ムーブ後にBlu-Rayディスクレコーダーへ「おかえり転送」>

ふと思った疑問。

「お出かけ転送」をした動画を
本体メモリーと“メモリースティック マイクロ”間で
ムーブしてしまったら
その後に「おかえり転送」できちんとBlu-Rayディスクレコーダーに
戻ってくれるのか?


「BDZ-X95」から
PSPgoの“メモリースティック マイクロ”に「お出かけ転送」した動画を
PSPgoの本体メモリーにムーブした状態で、
今度は「おかえり転送」をしてみる。

PSPgo本体だけで「BDZ-X95」に接続して
「おかえり転送」をしようとするも、
やはり今現在では対応してないと拒絶されてしまった。

また、“メモリースティック マイクロ”をPSPgoに差し込んだ状態で
「おかえり転送」をすると
機器的には認証はされるのだけど
ムーブされて
“メモリースティック マイクロ”からは動画がなくなっているので
「おかえり転送できるタイトルはありません。」
というメッセージが現れた。

まぁこれは予想された展開
というかバージョンアップ前なら当たり前の反応。


今度は、「BDZ-RX100」iconから「お出かけ転送」した動画を
PSPgo内でムーブした状態で「おかえり転送」を試してみる。

すると
本体メモリーから“メモリースティック マイクロ”へムーブしても
その逆に“メモリースティック マイクロ”から本体にムーブしていても
Blu-Rayディスクレコーダー側ではきちんと認識してくれて
「おかえり転送」は問題なく可能だった。

どうも【ムーブ】という言葉から想像すると
コピーアトワンスを思い出してしまって
移動させると何もできなくなってしまうんじゃ?
という不安があったけれど
そういった事はなさそうなので、
PSPgoの本体メモリー、もしくは“メモリースティック マイクロ”に
転送しておいて
後から好みでムーブさせる事もできるし
見終わったら「おかえり転送」もできる自由度はある。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−

iconicon
そうすると
今はPSPgoの本体メモリーへの「おでかけ転送」に対応してない
「BDZ-A950/A750/A70/X100/X95」で
どうしてもバージョンアップ前に本体メモリーに入れたいと思ったら
遠回りではあるけれど、
いったん“メモリースティック マイクロ”に「お出かけ転送」して
そこから本体メモリーにムーブするという手が使えなくもない。

まぁ一番なのは、
「BDZ-A950/A750/A70/X100/X95」のソフトウェアバージョンアップを
とっととやってくれれば良いだけではあるのだけど。

それを抜きにしても
本体メモリーでは心もとないというくらいデータを入れたい場合の
補助としてなら“メモリースティック マイクロ”はお勧めという事で。



・PSP goのほんのさわり程度のファーストインプレ。
・「PORTER×PS Pictogram」のPSPGo専用ポーチとレザーケースが登場!
・PSP goで出くわした疑問とトラブル。
・PSP goにゲームをダウンロードする楽しみと自由度。

iconicon

【TOPページへ】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/51752436