2009年11月30日

ソニー、「TransferJet」規格対応LSIを商品化。


ソニーが、近距離無線伝送技術「TransferJet」規格に対応した
LSIの商品化を発表。

・世界初 「TransferJet」規格対応LSIを商品化:プレスリリース

「TransferJet」(トランスファージェット)は、
それぞれにこれを搭載した機器を近づけるだけで
最高560Mbpsという高速データ通信を行うという
直観的かつ高速で通信を行えるという次世代無線通信技術。

今回商品化したとされる『CXD3267AGG』と『CXD3268AGW』は、
ソニーの高速伝送技術をベースに
広帯域無線技術を近距離無線技術として応用開発、
CMOS(相補型金属酸化膜半導体)プロセスを用いることで
高速通信に必要な無線機能、信号処理機能と
ホストインターフェースなどを単一パッケージに収めたという。


その結果として大きさとしては
『CXD3267AGG』が11.0mm x 11.0mm x 1.0mm
『CXD3268AGW』が8.0mm x 5.5mm x 0.78mm
と非常に小型で
わずかなスペースに実装する事ができるので
小型機器への搭載も可能になる。

さらに、ソニー側では
携帯電話、デジタルビデオカメラ、デジタルスチルカメラ、
パーソナルコンピュータ、ハードディスクレコーダといった
いろいろな電子機器への搭載を容易にするために、
開発者向けのリファレンスキットとソフトウェアディベロップメントキット
というものを用意。

また、このLSIを搭載したモバイル機器向け小型モジュールや
ノートPC向けPCI Express Mini Cardモジュール、
USB接続用モジュールといったラインナップも加わる予定。

−−−−−−−−−−−−−−−−−

「TransferJet」の機能が
これだけの小ささのチップで搭載できるとするなら、
以前の噂記事にも出てきた
メモリースティックDuoのような小さなフラッシュメモリーにさえも
内蔵させるのは可能だという事になる。

・TransferJetを内蔵したメモリースティックが出てくる可能性。

この調子だと
ソニーに限らずいろんな機器に搭載されて
出てきそうな予感。


iconicon

【TOPページへ】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/51755603