2010年05月26日

ぐるぐると巻き取れる有機ELディスプレイをソニーが開発中。


ソニーが巻き取れる有機ELディスプレイを開発中。

・ペンほどの太さに巻き取れる有機TFT駆動有機ELディスプレイを開発:SONY

独自開発の有機半導体材料「PXX誘導体」を使って
駆動力を従来比8倍に向上させた有機TFTを開発、
そして
20μmの極薄フレキシブル基板上に有機TFTと有機ELを集積化し
固いICチップではなくやわらかい有機TFTでゲートドライバ回路を形成、
有機TFTと有機ELの集積回路といった全ての絶縁膜を
やわらかい有機材料で構成する事で、
曲率半径4mmの太さに巻いたり伸ばしたりができる
有機ELディスプレイを開発。



紹介動画では実際に映像が動きながら
巻き取られている様子を確認する事ができる。

有機TFT駆動フルカラー有機ELディスプレイの大きさとしては
厚さ80μm、精細度121ppiの4.1型というサイズ

こういった
薄く・軽く、耐衝撃性や収納性に優れた
モバイル機器に搭載されるものだと期待されている。

米シアトルで5月23〜28日に開催されている
ディスプレイ関連学会 SIDに採択されて
現地時間の5月27日に発表される予定。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

有機ELの特徴と言えば、
極薄のディスプレイであったり
高コントラストでリアル感のある動画が再生できる
といったところだけれど、
ただ薄いだけではなくて
ある程度の柔軟な曲がりや耐久性が加わると
今までとは違う分野への採用が期待される。

とは言っても
貧困な発想しか持ってないので
これが一体どんな有益な製品に化けて出てくるかの想像がつかないけれど
技術的な進化具合からすると
近未来のウェアラブル(身につけられる)なガジェット機器が
生まれるかもしれないわくわく感みたいなものがある。


Twitterボタン
最新ネタは、Twitterでつぶやき中!ID:kunkoku

iconicon

【TOPページへ】




この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/51824333