2010年06月05日

逆輸入ブランド「PIIQ」のヘッドホンとインナーイヤーヘッドホンを発売!

icon
ソニーからヘッドホンのアメリカからの
逆輸入ブランドとなる「PIIQ」を国内で販売開始。

・アクティブなライフスタイルに合わせて選べる多彩なデザイン
 新ヘッドホン「PIIQ」発売


「PIIQ」には、頂上という意味の"peak"からできた造語で、
限界をさらに押し上げるという意味が込めらてれいる。
若い世代の求める音質や装着感、耐久性などの機能や性能を追求して
出来上がったのがこのヘッドホンのコンセプトとなる。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

icon
ステレオヘッドホン「MDR-PQ1」
ソニースタイル販売予定価格: 9,980円(税込)

「PIIQ」のフラッグシップモデル。
大口径40mmドライバーユニットを採用、
自分の好みのサイズに固定できる「スライダーロック機構」や
引っ張られてもコードが抜け落ない「着脱式フラットコード」
を搭載。

バックル部には、黒い塗装が剥がれると
下地のピンクが現れるという使っていくごとに自分だけの
風合いになっていくのを楽しめたり
ハウジングにはファブリック素材を使って
暗い場所でライトが当たると印刷部分が浮かび上がる
「再帰反射プリント」を採用している。

icon
ステレオヘッドホン「MDR-PQ2」
ソニースタイル販売予定価格:4,980円(税込)
グリーン(G) / マルチ(Z) / グレー(H)

軽量タイプのオーバーヘッドバンドモデル。
ハウジングの突起を無くして本体をギリギリまで薄くして
引っ掛かりをなくし、
ハンガーをラバー素材で保護して
スライダーをファブリック素材でカバーすることで
髪の巻き込みを防ぐように配慮。

音の解像度を高めてクリアな中高音と豊かな低音の出せる
「ネオジウムマグネット」を採用している。

icon
ステレオヘッドホン「MDR-PQ3」
ソニースタイル販売予定価格:2,980円(税込)
イエロー(Y) / ピンク(P) / マルチ(Z) / ブラック(B)

シンプルなエントリーモデル。
ヘッドバンドとハウジングをラバー素材で保護したり
絡みにくいフラットコードとなっている。

クリアな中高音と豊かな低音を再現する
「ネオジウムマグネット」を採用。

icon
密閉型インナーイヤーレシーバー「MDR-PQ4」
ソニースタイル販売予定価格:2,480円(税込)
ピンク(P) / グリーン(G) / マルチ(Z) / ブラウン(T) / ブラック(B)

イヤークリップ付きインナーイヤーモデル。
カナル型イヤホンにクリップを使用する事で
装着感と脱落防止を兼ね備えていて
コードの絡みを防ぐコードスライダーも付いている。

密閉性の高い長く使っても快適な装着感をもった
2種類の硬さのシリコンを組み合わせた
ハイブリッドイヤーピースが付属する。

icon
ステレオイヤーレシーバー「MDR-PQ5」
ソニースタイル販売予定価格:2,481円(税込)
イエロー(Y) / ピンク(P) / グリーン(G) / マルチ(Z)

インナーイヤー型のベーシックモデル。
耳への密着性を高めて重低音をしっかりと伝える
ベースエキサイトチップを採用し、
コードの絡みを防ぐコードスライダーが付いている。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

えぇ、自分ももう若くないので
ちょっとこのタイプのヘッドホンの対象外になっているようで
何ともコメントのしようがない。

DJやクラブ系のテイストが好みな人はどうぞ
とか言いながらも
自分の好みはMDR-Zシリーズで、
愛用してるのは、数年前まで「MDR-Z700DJ」で、
今現在は「MDR-Z900HD」

というか、
もうそろそろインナーイヤーレシーバーも
「MDR-EX700SL」の上位モデルが現れて欲しいなーとか。


Twitterボタン
Twitterで何かをつぶやき中。ID:kunkoku

iconicon

【TOPページへ】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/51827714