2010年06月09日

6月の「楽しい時間」は、「VAIOの里」で新VAIO Zシリーズをオーナーメード体験!

icon
ソニースタイルの6月の「楽しい時間」プレゼントは、
なんと安曇野「VAIOの里」での「VAIOオーナーメード体験」

長野県安曇野市にある「VAIOの里」と呼ばれる
ソニーイーエムシーエス(株)長野テクノロジーサイトがある。

・ソニーイーエムシーエス(株)
・安曇野市

ここは、VAIOの開発・設計・製造を行っている場所で
VAIOフリークにはたまらない聖地。

今月のソニースタイルの「楽しい時間」プレゼントが
まさにこの「VAIOの里」で
VAIOオーナーメードを体験するという企画。


今回応募できるのは
3月に発売となった新・VAIO Zシリーズiconを購入
もしくは6月に新・VAIO Zシリーズiconを購入する
それぞれ5名の合計10名。

日程は、2010年6月26日(土)11時〜18時予定(JR松本駅集合/解散)

体験内容としては、
・VAIOの生産工場「長野テクノロジーサイト」の製造ライン見学
・VAIO Zシリーズの製造体験
・購入したVAIO Zシリーズへのレーザー刻印体験
・Zシリーズ開発者から、開発秘話の紹介や懇親会


6月発売の・VAIO Zシリーズiconを買った人は、
なんとその注文したVAIOを
このイベント当日に長野テクノロジーサイトで完成させて
その場で受け取る事ができる。

応募期間は、
6月8日(火)13時〜2010年6月14日(月)10時までなので
・VAIO Zシリーズiconを買った人、
もしくはこれから買う人はぜひ応募を!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

過去に仕事で2度ほど行った事があるけれど
まず普段目にする事のできない世界を堪能できて
VAIO好きなら相当にテンションが上がるはず。

自分も一応ダメ元で応募してみた。

ただし、申し込み時にも注意事項があって
非公開内容が含まれたりするため
「機密保持契約書」にサインも必要で
カメラ撮影はおろか、
まかり間違ってもUstreamでダダ漏れ!
なんて事はできないので注意が必要w

・長野にあるソニーイーエムシーエスを見学してきた。
・新VAIO Zシリーズを日本の開発者たちが熱く語る!
・Zシリーズ特集

Twitterボタン
最新ネタは、Twitterでつぶやき中!ID:kunkoku

iconicon

【TOPページへ】






この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
放送撮影の協力要請

韓国のKBS(韓国放送・全国放送のテレビ放送局)の金曜企画の取材協力をお願いしたくメールを送りました。ロボット、人間を頼むと題して、<KBS金曜企画>では、21世紀末は機械が人間をはるかにしのぐ知能と魅力的な性格を持ち、機械と共にあることが人間と関係することより楽しくなるだろうといわれています。未来の変化を導くアメリカや日本などの全世界の科学の最前線にある碩学の研究成果と未来の展望を探っていきたいと思いますが、ご協力いただけるでしょうか。特に、精神的な喜びを与えてくれる友達のロボットということで、貴社の「アイボ」の撮影と開発理由や経緯のインタビューのご協力をお願いさせていただきたく思います。未だに、ペットとしてなくてはならない存在である「アイボ」を慕って開催されている「アイボ同好会」の皆様にもインタビューの予定です。「アイボ同好会」の方は、ご存じでしょうか。また、韓国にも支社や輸入業者、「アイボ同好会」があるでしょうか。ご存じの範囲で教えていただけレバと思います。他にも、ご紹介していただく内容がございましたら、ご意見をお願い致します。撮影は、2011年の6月初旬に予定しております。ロボットに関するイベントがあれば、それに合わせて伺いたいと思います。
コーディネーター、兼、通訳として、私、中沢美由紀(なかざわみゆき)が同行致します。010-9242-1412 よろしくお願いします。
Posted by 中沢美由紀 at 2011年04月07日 10:59
放送撮影の協力要請

韓国のKBS(韓国放送・全国放送のテレビ放送局)の金曜企画の取材協力をお願いしたくメールを送りました。ロボット、人間を頼むと題して、<KBS金曜企画>では、21世紀末は機械が人間をはるかにしのぐ知能と魅力的な性格を持ち、機械と共にあることが人間と関係することより楽しくなるだろうといわれています。未来の変化を導くアメリカや日本などの全世界の科学の最前線にある碩学の研究成果と未来の展望を探っていきたいと思いますが、ご協力いただけるでしょうか。特に、精神的な喜びを与えてくれる友達のロボットということで、貴社の「アイボ」の撮影と開発理由や経緯のインタビューのご協力をお願いさせていただきたく思います。未だに、ペットとしてなくてはならない存在である「アイボ」を慕って開催されている「アイボ同好会」の皆様にもインタビューの予定です。「アイボ同好会」の方は、ご存じでしょうか。また、韓国にも支社や輸入業者、「アイボ同好会」があるでしょうか。ご存じの範囲で教えていただけレバと思います。他にも、ご紹介していただく内容がございましたら、ご意見をお願い致します。撮影は、2011年の6月初旬に予定しております。ロボットに関するイベントがあれば、それに合わせて伺いたいと思います。
コーディネーター、兼、通訳として、私、中沢美由紀(なかざわみゆき)が同行致します。010-9242-1412 よろしくお願いします。
Posted by 中沢美由紀 at 2011年04月07日 11:04