2010年08月01日

予約して10ヶ月後にやっと到着した「1/60完成モデル RX-78-2ガンダム Ver.G30th」。

icon
去年2009年の秋に予約した
Yahoo!Japan限定の
「1/60完成モデル RX-78-2ガンダム Ver.G30th」

完全受注生産で
当初の予定では今年春に手元に届く予定だったのに
完成度を上げるためという理由であっさりと延期されて
最終的に手元に届いたのは7月中旬。

ほぼ1年近くも待たされて
記憶から消えかけてたのだけど、
無事に手元に届くとかなりテンションが上がる。
(半分罪悪感みたいなものもあるけど。。)

icon icon
ダンボールの輸送箱を開けると
さらにこの光沢感のある化粧箱が現れる。

で、箱を開けると
ムニュムニュした保護材に守られたガンダムがいる。
見事な守られっぷり。

取り出して手に持ってみるとガンプラと違ってズッシリとした重さ。
ポリウレタン樹脂で成型されたガンダムのボディは
光沢のある塗装が施されていて、スジ彫りは結構太め。

icon icon
「実物大ガンダムの1/30レプリカ」を元に
1/60として仕上げられたのが今回のモデル。

なので、付属品にはビームサーベルもビームライフルも
ガンダムシールドもなくて、その代わりに
お台場に立っていたものと同じ台座と、
さらに1/60の親子のような人のフィギュアが付いていた。

組み上げて立たせると
まさに去年のお台場に何度も見に行った
1/1ガンダムを彷彿させる姿が目の前に!

icon
ちょっと大きめの頭部とか、
腕や脚の関節内に見える細かいディティールも
半歩踏み出してほんの少し体をひねって仁王立ちとなるポーズの
微妙なニュアンスも、
お台場に立っていた実物大ガンダムをリアルに再現されている。

なんて事を解説しながらも、
すっかり世の中は、右手にしっかりとビームサーベル握りしめて
新しいマーキングで一新された
静岡のRG1/1ガンダム一色。。

あぁ、恐らくはまた静岡RGガンダムレプリカ!
とか行ってビームサーベルを持ったバージョンを売りだしそうな
予感がプンプンとしそうではあるけれど、
その辺は今はあんまり考えないようにする・・・

icon
ちなみにこの画像↑は、
1/48メガサイズガンダム(お台場仕様)と
「1/60完成モデル RX-78-2ガンダム Ver.G30th」の2ショット。

こっからさらに
RG1/144ガンダム、SoftBankガンダムケータイと続いていくらしい。。

去年のお台場ガンダムは、東京出張という定番の流れがあったから
出来上がりから解体までの約3ヶ月間の間に4回も見る事ができたけど、
今年の静岡RGガンダムは、
どうやって行く予定を増やすかが問題だ。


iconicon

【TOPページへ】

この記事へのトラックバックURL