2010年09月01日

CMOSセンサー“Exmor”や“Exmor R”の生産設備を増強。


ソニーが、
ソニーセミコンダクタ九州の熊本テクノロジーセンターにて
CMOSイメージセンサ“Exmor”や裏面照射型“Exmor R”の
生産設備の増強を目的として約400億円の投資をすると発表!

・裏面照射型や大型CMOSイメージセンサーなどの生産能力を増強

ソニーが開発した
A/D変換器を画素の垂直列毎に並列配置した
“列並列A/D変換方式”を採用してノイズを低減した“Exmor”と、
裏面照射型構造を採用することで
高感度や低ノイズ化を大幅に進化させた“Exmor R”は、
これも急速に普及が加速していくであろうスマートフォンや
コンパクトデジタルスチルカメラ、デジタル一眼カメラなどの
根幹をなす非常に重要なCMOSセンサー。

“Exmor R”は、
2009年からソニーセミコンダクタ九州の長崎テクノロジーセンターの
直径200mmウェーハラインで量産を開始していて、
熊本テクノロジーセンターの直径300mmウェーハの先端ラインでも
量産を開始する予定。

第1四半期業績発表時点で
設備投資額見通しに含まれている2010年度下半期への追加分と
2011年度実施分を合わせて約400億円の投資を行い、
生産能力は、設備前の18,500枚/月から
25,000枚/月へと増強される。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ソニーのCMOSセンサーは、
ハンディカムやサイバーショットに搭載される“Exmor R”を筆頭に
非常に定評があり
高画質化には欠かせないデバイスで、
これだけの投資をするということは
逆に考えればとてもこの分野が明るい事のだと言える。

発売以来ずーっと好調な「NEX-5/3」をはじめとして
コンパクトデジタルカメラながらも
高精細かつ好感度なDSC-WX5やTX9、
発表されたばかりなのに猛烈に注目を浴びている
α55・α33「NEX-VG10」
これらにも全て高性能なCMOSセンサーが搭載されている。

最近、どれも魅力的に見えて
ソニー内で選ぶのに迷ってしまうほどの充実っぷりに悩まされる。




Twitterボタン
最新ネタは、Twitterでつぶやき中!ID:kunkoku

iconicon

【TOPページへ】

この記事へのトラックバックURL