2010年09月02日

動画再生に対応したデジタルフォトフレーム「S-Frame」を北米で発表!


米ソニーで新しいデジタルフォトフレーム「S-Frame」を発表!

・SONY’S NEW DIGITAL PHOTO FRAMES AREN’T JUST FOR PICTURES ANYMORE

最上位モデルとして
「DPF-XR100」と「DPF-VR100」をラインナップ。
ディスプレイサイズは10.2型、
アスペクト比16:10、総ドット256万画素、解像度はWSVGA(1,024×600ドット)、
のLEDバックライトを採用。

TruBlackディスプレイとなってて
黒の深みのある高コントラストで外光からの映り込みを軽減。

対応フォーマットとしては、
静止画が、JPEG、TIFF、BMP、RAW(SRF、SR2、ARWのみ)で
「スイングパノラマ」で撮影したパノラマ画像の再生にも対応。

また、動画の再生も可能で
AVCHD、Motion JPEG、MPEG-1、MPEG-4、
音声はMP3、AAC、WAVに対応する。

外部メモリーとしては、
SDHC/SDメモリーカード、xDピクチャーカード、
メモリースティック、メモリースティックデュオに対応するスロットを装備、
USBメモリーも利用できる。

内蔵メモリーは2GB。
ステレオ再生。

DPF-XR100にのみ、HDMI出力端子と
CFカードスロットを備える。

予想販売価格が、DPF-XR100が$250、DPF-VR100が$200で
発売時期は11月。

−・−・−・−・−・−・−・−


「DPF-D830」は、
ソニーでは初となるバッテリーを内蔵したフォトフレーム。

ディスプレイサイズは8型、
アスペクト比は4:3、解像度はSVGA(800×600ドッド)。

対応フォーマットは、
静止画がJPEG、TIFF、BMP、RAW(SRF、SR2、ARWのみ)
動画がMotion JPEG、音声がMP3に対応する。

バッテリーでの駆動時間約100分。

外部メモリーとしては
SDHC/SDメモリーカード、メモリースティック、メモリースティックデュオ
内蔵メモリーは2GB。

予想販売価格は$150で、発売時期は11月。

−・−・−・−・−・−・−・−


その他にも以下のラインナップを揃えている。

DPF-A710 10月発売 約$70
DPF-D710 10月発売 約$80
DPF-D810 10月発売 約$100
DPF-D820 10月発売 約$120
DPF-D1010 10月発売 約$130
DPF-D1020 10月発売 約$150

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

新しいフォトフレームでは
ついにというかやっと動画の再生が可能に。

もうソニーのカメラは、
「NEX-5/3」をはじめとして、DSC-WX5やTX9や
デジタル一眼カメラα55・α33までも
動画撮影が当たり前になってしまった事を考えると
フォトフレームでも動画を見たいと思うのは当たり前の流れなので
動画対応は必然。

惜しいのは、
上位モデルに付いているせっかくのHDMI端子が出力でしかなくて、
どうせならHDMI入力にしてくれれば、
例えばNEX-5とHDMIケーブルでつないでまんま画像をチェックとか
VAIOのサブディスプレイとして使うとか
もっと使い用途が広がるのになーと思ってしまった。




Twitterボタン
最新ネタは、Twitterでつぶやき中!ID:kunkoku

iconicon

【TOPページへ】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/51856513