2010年09月03日

ステレオイヤーレシーバーのフラッグシップモデルNUDE EXモニター「MDR-EX1000」!

icon
・SONYの長年の技術とノウハウをつぎ込んだ究極のモニターヘッドホン「MDR-Z1000」!
に続いて
密閉型インナーイヤーレシーバーのフラッグシップモデル。

・原音を忠実に再生するモニターヘッドホンシリーズ 計9機種を発売
 録音スタジオなどプロフェッショナルの現場で圧倒的な支持を得ている
 独自の最新音響技術やノウハウを投入



原音に忠実なサウンドを外でも楽しめる“NUDE EXモニター”として
登場した4種類の密閉型ステレオイヤーレシーバー。

その中でもフラッグシップとなる「MDR-EX1000」は、
まさにスタジオモニターヘッドホン「MDR-Z1000」と同じ技術を
盛り込んでいる。


振動板材料には
Z100と同じく、従来比で約5倍にまで剛性を高めた
新規開発の「液晶ポリマーフィルム振動板」を採用。

伸度の高い液晶ポリマーワニスを用いたキャスティングフィルムを開発、
高い剛性と広帯域にわたって高い内部損失を両立しながら
薄さと強度をもつ事で原音に忠実なサウンドを可能にし、
そして
直径16mmの大口径ダイナミック型ドライバーユニットと組み合わせることで
ダイナミック型ならではの広ダイナミックレンジと広帯域再生能力を活かして
低音から高音までをバランスよく原音に忠実なクリアサウンドを再現する。


筐体には、こちらもZ1000と同じく
軽量で堅牢なマグネシウム合金を使い、
振動を抑えて低音のスムーズな
レスポンスとクリアな中高音を保っていて
音の解像度を実現するために高いエネルギー効率を持つ
440KJ/m3高磁力ネオジウムマグネットを採用する。


信号を伝送するコードには
7Nグレード(99.99999%)の高純度を誇るOFCを採用して、
信号ロスを最小限に抑えて
音の劣化をギリギリまで少なくしている。


筐体をより小さく薄くするために
ドライバーユニットと筐体を一体化して
その部品のわずかな隙間から発生する不空気漏れを無くしつつ
余計な振動を抑えて、
クリアな中高域とスムーズなレスポンスを持つ低音域を達成。

全て1台1台を手作業で測定を行いながら
独自開発の音響調整機構による微妙な定数調整を施して
非常に高い精度で音質を管理して作られる。


また、
遮音性を追求するために密閉性を追求した
新開発「ノイズアイソレーションイヤーピース」を採用。

イヤーピースの内側に低反撥ウレタンフォームを備えることで
外耳道にかかる圧力を均等にして細かな凹凸にも追従させて
より耳にフィットさせる事で遮音性を今までよりもさらに向上。

耳の大きさにも合わせられるように
2種類の固さのシリコンを組み合わせて
芯の部分を硬くして音の出口の形状を保持しつつ
外側の部分はやわらかく耳への密閉度を高めた
7種類のハイブリッドイヤーピースを用意していて、
自分に最適なイヤーピースをチョイスできる。


直径16mmの大口径ドライバーユニットはしっかりと装着できるように
ドライバーユニットを垂直に配置する
密閉型バーティカル・イン・ザ・イヤー方式として、
さらに
しっかりとした装着感を確保するために
自由に曲げられて形状を保つ特性を持った
プラスチック素材「テクノロート」をハンガー部に採用して
優れた装着安定性を実現している。


コードは筐体の根元部分から着脱が可能で、
0.6mと1.2mのコードを付属していて
それぞれのシチュエーションに合わせてコードの長さも変えられ、
コードスライダーを上下に動かして
コードの分岐部分の長さを調整できるようにもなっている。


持ち運び用として
本革を使用したキャリングケースも付属。

革特有の使い込んでいくうちに
独特の風合いが出て行くため
所有欲を非常に掻き立てられる。

スペックとしては、
感度が108dB/mW、インピーダンスが32Ω、
再生周波数帯域は3Hz〜30kHz。
本体質量は8gとなる。

icon
密閉型インナーイヤーレシーバー「MDR-EX1000」
希望小売価格61,950円(税込)
ソニースタイル販売価格:49,800円(税込)

密閉型のインナーイヤーレシーバーながら
スタジオモニターヘッドホン「MDR-Z1000」
全く同じ6万円越えの価格設定ではあるけれど
実売価格としてはソニースタイル販売価格では49,800円となる。

ソニースタイルの「10%OFFクーポン」や「15%OFFクーポン」、
ソニーカード決済を利用すれば
さらにここから安くなり、4万円強での購入も可能。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【“NUDE EXモニター”シリーズ】

icon
密閉型インナーイヤーレシーバー「MDR-EX600」
希望小売価格24,675円(税込)
ソニースタイル販売価格:19,800円(税込)

「MDR-Z1000」と同様の技術を盛り込まれたモデル。

不要な振動を抑制し解像度の高い再生音を実現する
振動板に「MLダイアフラム」を採用した
新開発の16mmのドライバーユニットを搭載。
ハウジングにアルミニウム合金と制振ABSを採用して
不要な振動を抑えて
低音のスムーズなレスポンスとクリアな中高音を再現。

イヤーピースには、
新開発「ノイズアイソレーションイヤーピース」を採用する。

ケーブルは脱着が可能で0.6mと1.2mのコードを
用途よって取り替え可能。

感度107dB/mW、インピーダンス32Ω。
再生周波数帯域4Hz〜28kHz。
最大入力は200mW、質量は8g。



icon
密閉型インナーイヤーレシーバー「MDR-EX510SL」
希望小売価格12,390円(税込)
ソニースタイル販売価格:9,980円(税込)

MDR-EX500SLの後継モデル。

「MLダイアフラム」を採用した
新開発の13.5mmのドライバーユニットを搭載。
ハウジングに制振ABSを採用することで
不要な振動を抑え高音質を実現。

耳から落ちにくいフィッティングアシスト機構をハウジング部に採用。
イヤーピースには、
新開発「ノイズアイソレーションイヤーピース」を採用する。
カラバリは、ブラック、ホワイト、ブルー、レッド、ゴールドの5色を揃える。

感度106dB/mW、インピーダンス16Ω。
再生周波数帯域5Hz〜27kHz。
最大入力は200mW、質量は約7g


icon
密閉型インナーイヤーレシーバー「MDR-EX310SL」
希望小売価格6,195円(税込)
ソニースタイル販売価格:4,980円(税込)

MDR-EX300SLの後継モデル。

耳から落ちにくいフィッティングアシスト機構をハウジング部に採用。
イヤーピースには、
新開発「ノイズアイソレーションイヤーピース」を採用する。
カラバリは、ブラック、ホワイト、ゴールドの3色を揃える。

感度105dB/mW、インピーダンス16Ω。
再生周波数帯域5Hz〜25kHz。
最大入力は100mW、質量は約7g




Twitterボタン
最新ネタは、Twitterでつぶやき中!ID:kunkoku

iconicon

【TOPページへ】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/51856868
この記事へのコメント
お久しぶりです
やっと来ましたね。これでウォークマンXとAの後継機が来れば
かなり嬉しいんですけどね。
値段的にPS3にトルネとMOVEが買えそうですね

EX700は断線しましたか?こちらのはEX90ともに三年は生きております
Posted by KGA at 2010年09月04日 22:11
>KGAさん
このイヤホンはかなり良い感じですねw
ですが、ウォークマンはAシリーズはマイチェンで、Xシリーズは出てきませんでしたね(涙
イヤホンにふさわしいウォークマンが出てくると期待してたんですが(汗

EX700はまだ断線せずに普通に使えてますよw
EX90も今でもとっても愛用していますww
Posted by kunkoku at 2010年09月18日 15:04