2010年10月07日

「歌詞ピタ」が2年間使い放題になってウォークマンでカラオケ三昧!

iconicon
ちょうど去年のウォークマンから搭載された
楽曲に合わせて歌詞がスクロールする「歌詞ピタ」が、
なんと「2年間使い放題コース」が登場!

さらに、ウォークマンを買って製品登録をすれば
実質無料でこのサービスが利用できる。

・「歌詞ピタTM」サービスに「2年間使い放題コース」を新設!


音楽の進行にあわせて歌詞がスクロール表示する
「歌詞ピタ」は、実際に使ってみると
いつもはただ何となく聞いているだけの曲が
どういった歌詞なのかをしっかり把握できて
カラオケに行ってるかのように歌いまくる事ができる。

歌詞があるとないのとでは
全然その感情移入の度合いが違ってくるくらい
歌が楽しくなるのがこの「歌詞ピタ」。

けど、唯一の難点だったのは、
1曲の歌詞をダウンロードするのに
今までは約10円くらいかかるようになっていて
それも一度ウォークマンに転送してしまうと
元の歌詞データは消滅してしまうから
2台のウォークマンを持っていれば
2回同じ歌詞をダウンロードしなければいけなくて
楽曲にもお金を払うのにさらに歌詞にまでお金を追加しないといけないと思うと
だんだん面倒になって使わなくなってしまっていた。

それが、
今回の「2年間使い放題コース」になると
まさに2年間はダウンロードし放題!

さらに、ウォークマンを購入して製品登録していれば
実質無料で利用できるのでこれほどオイシイものはない。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【「2年間使い放題コース」に登録】

という事でその登録から含めてやってみる。


まずは、My SONY Club
購入した手持ちのウォークマンを製品登録をする。

そう、実はウォークマンを製品登録すると
ソニーポイントが500ポイントもらえるので、
「2年間使い放題コース」にかかる料金は
実質これを割り当てる事が出来るので
料金はかからないという仕組み。


そしてウォークマンの製品登録が終わったら
My SONY Club内の
ソニーポイント>ソニーポイントを使うのページに飛ぶ。

そこに、【ウォークマン「歌詞ピタ」2年間使い放題コース】
が500ポイントで販売されているので
手持ちのソニーポイント(500ポイント)で交換する。


最後に「歌詞ピタ」のサイトにログインして
先に購入した際の
16桁の「歌詞ピタ」交換コードを入力して送信すると
自分のIDが「2年間使い放題コース」に確定する。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【「X-アプリ」で「歌詞ピタ」をダウンロードする。】

icon
「X-アプリ」を起動して
ミュージックの楽曲一覧から
「歌詞ピタ」データをつけたい曲を右クリック、
開いたメニューから
[「歌詞ピタ」データのダウンロード]を選択する。

icon
起動して最初の一度目だけは
「歌詞ピタ」サービスのログイン画面が表示されるので、
IDとパスワードを入力してログインしておく。


また、「2年間使い放題コース」が新設された事にともなって
「歌詞ピタ」のverを1.101から2.001へと
アップデートする必要があるので
促された支持に従えばOK。

別ウィンドウで「歌詞ピタ」のダウンロードが開いて、
残りダウンロード可能ポイント数欄に、
「無制限(年月日まで有効)」と有効期限が表示されているのがわかる。

icon
選んだ曲から自動的に検索が始まって
「歌詞ピタ」のデータが“ある“か“ない”か、
もしくは“複数一致” で表示される。

“あり”であれば、歌詞が右のプレビュー画面に表示される。

意図した歌詞であれば、
左のチェックボックスにチェックを入れて
ダウンロードすれば1つ分の歌詞データがダウンロードされる。

ちなみに、
検索結果が“なし”と出てくる場合もあるけれど、
その時は「歌詞ピタ」の再検索機能を使うと
見つかったりする場合もある。

それでも見つからない場合は
「歌詞ピタ」リクエストを送る事もできる。

icon
最初にも軽く触れたけれど
「歌詞ピタ」は一度ウォークマンに転送すると
「X-アプリ」からはその歌詞のデータがなくなってしまう。

ので、もしもウォークマンを複数台持っている場合は
その台数分だけダウンロードしておく必要がある。

そんな時は、何度も繰り返しダウンロードしなくても
「ダウンロード数」をクリックするとテンキーが表示されるので、
必要な数を入力すればその数分がダウンロードされる。

「チェックされている全ての曲に適用」にチェックしておけば
いつもその数分だけダウンロードされるようにもなる。

icon
無事ダウンロードされれば
楽曲リストやアルバムリストで
「歌詞ピタ」がダウンロードされているかどうかがわかる。

何回ウォークマンに転送できるかの回数が知りたい場合は
右グリックして[「歌詞ピタ」データのプロパティ]で確認する。

後は、ウォークマンをつないで
「歌詞ピタ」の入った楽曲を転送してやれば良いだけ。

もしも、「歌詞ピタ」データのない楽曲が
既にウォークマンに入っているとしたら
先に「X-アプリ」に戻すか削除してから後に
「歌詞ピタ」データの付いた楽曲を転送する。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【ウォークマンで「歌詞ピタ」を再生してみる。】

icon
早速、Sシリーズで「歌詞ピタ」データの入った楽曲を再生してみる。

すると、前モデルでは
ジャケット写真の下の黒い部分に歌詞がスクロールしていたけれど
新モデルではちょうどジャケット写真の上に
歌詞が現れて、音楽の進行とともにスクロールしていく。

2.0インチ(320x240)の割と小さな画面でも
文字もハッキリ見てとれるので見づらいという事はないし、
何か番組のオープニングやエンディングに流れている
テロップのようでおもしろい。

Sシリーズでは、もちろん歌詞表示をOFFにする事もできる。

icon icon
そして、
さらに優れモノなのが「カラオケモード」。

ボーカルの音量だけを抑えて
まさに一人カラオケ状態の完成!

それだけじゃなくて
音階を上下3段分に調整できるキーコントロールまで付いていて
まさに自分の出せる音程にあわせて歌う事もできる。

icon icon
他にも、
歌詞を真剣に覚えたいなと思えば
「語学学習モード」にして
ABリピートを設定して同じ箇所を何度も何度も繰り返して聴く
といった事もできし、
「DPC(スピードコントロール)」で
x0.5、x0.75、x0.9倍と遅くしたり
逆にx1.1、x1.25、x1.5、x1.75、x2.0倍と早くしたりして
自分のペースで聴く事もできる。

ただ流して音楽を聴くのも良いけれど
歌詞を見ながら
その内容をかみしめて聴くのも楽しいし、
カラオケで歌うための練習用にもなるし
積極的に音楽に絡めていけるのがとても楽しい。

自分も「歌詞ピタ」が無料になったのを機に
次々へと「歌詞ピタ」データをどんどんダウンロードしてると
たまに歌詞が存在しない曲がチラホラと見受けられる。

このあたりはさすがに「歌詞ピタ」リクエストを送って
データベースの拡充を待つしかないけど、
「2年間使い放題コース」一つで
やっぱり遠慮無くどんどん「歌詞ピタ」をダウンロードできて
手持ちのウォークマンに何台でも転送できるようになったのはかなり便利。

ウォークマンの持ち味が最大限に活かせていいんじゃないかと。




Twitterボタン
最新ネタは、Twitterでつぶやき中!ID:kunkoku

iconicon

【TOPページへ】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/51867107
この記事へのコメント
丁寧なご説明 誠に感謝いたします
Posted by 変態 at 2011年01月07日 04:40