2010年12月07日

ソニエリ製のBluetooth腕時計「MBW-150」をAndroidと連携してみる。

icon
SonyEricssonが出したAndroid対応の
マイクロディスプレイ“LiveView”がかなりおもしろくて
XperiaとかGALAXY Tabと接続して遊んでいて、
まだ不安定な部分があるものの
“LiveView”自体はこれからのプラグイン次第で
もっとおもしろそうになりそうなアイテム。

・Xperia(Android)と連動させて超絶におもしろいソニエリ製の“LiveView”

で、ふと“LiveView”を腕時計替わりに付けていて思い出したのが、
そういえばSonyEricssonって、
Bluetooth機能をもった腕時計を過去に発売してたよなー?
と思い始めたら俄然気になり始めて調べてみた。

そうすると、
MBW-100、MBW-150、MBW-200という3種類があるのを確認、
発売されたのがそれぞれ2006年、2007年、2008年と
結構時間も経っていて今更感はあったりするのだけど、
MBW-150の「Music Edition」ってモデルに心惹かれてしまって
思わずポチ。
海外から取り寄せてしまった。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

icon icon
注文してからいろいろと自分の不手際とかもあって
到着したのは約1週間後。
でも、無事に付いたので安心した。。

じゃ早速中身を開梱。

入っているのは腕時計と、
ACアダプターとチャージャークリップ。

ACアダプターはユニバーサルプラグなので、
オマケで付けてくれた変換コネクタを使えば
国内のコンセントで充電ができる。

取扱い説明書は各国に対応した言語で書かれてるけど
日本語はもちろんなし。

icon icon
腕時計のデザインは、時計メーカー「FOSSIL(フォッシル)」と共同開発らしく、
MBW-150には、実は「Music Edition」と、
他に「Executive Edition」「Classic Edition」の
全部で3つのデザインが存在する。

基本は、クォーツ式のアナログ時計で、
特徴的なのはその下部分に有機ELのディスプレイがある事。
ここにアイコンやテキストが表示される。

icon icon
ケースはステンレス製、
風防は反射防止コーティングされた強化ミネラルガラスでできていて
バンドはラバー製。

質量は85gで、
ウデに付けるとちょっと大きめでゴツイ感じ。

30mの防水性能も持っているのは
普段使いからすればありがたい。

icon icon
ボタン系は、
本体右側にリューズを挟んで上側と下側に
ボタンが人づつあって
主にここの2つのボタンでインフェメーションを確認する。

本体左側には、
「送り/音量プラス」「再生/停止」「戻り/音量マイナス」
の3つのボタンが並ぶ。

icon icon
icon icon
充電する時はちょっと経由するものが多い。

ACアダプターの先の部分は、
SonyEricsson製の携帯などによくつかわれている端子になっていて、
ここからチャージャークリップを接続して
最終的に「MBW-150」につなぐ。

国内用のアダプターも付けるので
充電するだけで、結構大所帯に見えてしまう。

充電中は、有機ELディスプレイに
充電マークが表示されるので一目瞭然。
見た目普通の時計なのに
このサイバーな感じがちょっと気分を盛り上げてくれる。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


さーて、Androidと接続。

「MBW-150」の右下のボタンを押して
ペアリングのアイコンにあわせて
右上のボタンを押すとペアリングを要求を開始する。

次に、Android側の設定→無線とネットワークと開いて
Bluetooth設定で、端末のスキャン、
「MBW-150」が見つかったら、
パスキーを聞かれるので「0000」と入力してOKとすれば
ペアリングが完了する。


で、これだけじゃ使えないのは
“LiveView”の時に学習済み。

Androidmarketから
「OpenWatch」というアプリをダウンロードする。

icon
「OpenWatch」を起動すると
何やら真っ黒な画面にバージョン情報が書かれたテキストしか出てこなくて
最初は面食らってしまったけど
設定ボタンを押してから使うようだった。

いきなりBluetooth接続をスタート擦る前に
まず先に[Settings]をタップして設定画面を開く。

以下が設定画面のスクリーンショット。(x4枚)

icon icon

icon icon

[Notifications」は、
「MBW-150」に通知や連携をさせる項目の一覧なので
必要なものだけにチェックを付けておく。

ただ、あくまでもオンかオフだけの選択肢で
細かい設定はできないし(アプリ依存)。

[Device]から
自分の持ってる時計(ここではMBW-150)を選択しておくのは必須。

「MBW-150」側には英字しか表示できないのかと思ったら、
[Display]の[Use system font]ににチェックを入れて、
さらに[Calls]の[2 line Caller ID]のチェックを外して
1行表示にしておけば、なんと日本語の文字も表示が可能になるらしい。


これで、改めて
「OpenWatch」の最初の画面に戻って
[Start]をタップしてアプリを常駐。

それから、「MBW-150」の左中央の
「再生/停止」ボタンを長押しすると接続が完了する。

これで準備はOK。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


まず、とりあえず当たり前に普通の時計として使えていて、
有機EL画面の部分は基本的には何も表示されていないのがデフォルト。

右上のボタンを1回押すと
年月日表示やバッテリーのアイコンでの大まかな残量、
もう一度押すと
時刻やBluetooth接続を確認する事ができる。

ここに出てくる年月日や時刻表示は
Androidと同期したものが表示されている。


さらにもう一度押すと
「Gmail、SMS、callbattery、Battery」が表示される。

この表示ではあくまでも件数が見えるだけ、
バッテリー残量はパーセンテージで確認できる。

実際、この部分は「OpenWatch」の設定で
いじると表示するものは変更できるようだけど。

icon
リアルてタイムで受信した場合には
その新着がAndroidから転送されて
「MBW-150」が振動しながら
ディスプレイに表示される。

メールであれば送り主と件名を、
電話であれば電話帳の名前を表示してくれるので
目で見えるというおもしろさは“LiveView”と共通するところ。

「OpenWatch」では、対応するアプリが決められてしまっていて
例えばTwitterは、「Twidroid」でないと反応してくれないけれど
これを入れておくと
ツイートやリプライ、DMが更新されると
同じく「MBW-150」で振動してディスプレイに表示して知らせてくれる。


それから、“LiveView”にあった
本体を捜索する機能はないものの、
もしもMBW-150とAndroidのBluetoothの通信が切断された場合には、
MBW-150の本体が
ブルブル震えて「つながってないよ!」
と教えてくれる機能はあった。

おそらくこれが発展して
“LiveView”の「ここにいるよ!」機能になったんだろうなと想像できる。


このMBW-150には「Music Edition」という名前が付いているとおり
音楽の再生や送り戻し、音量の上下もできる。

本体左側中央の「再生/停止」を長押しすると
再生、もう一度長押しすると停止。


本体左側の上と下にあるボタンで
軽くピッピッと押すと音量を増減できて、
長めに押すと曲の送り戻しになる。

と、本来なら
このディスプレイに曲名やアーティスト名が出るのに
(というか一番最初は出てたのに)
音楽はコントロールできているにもかかわらず
何故か途中から表示してくれなくなって実はちょっと困り中ー。

往々にして“LiveView”にしてもこのMBW-150にしても
Androidがらみは一筋縄にいかないというか
ちょっとした不具合に見舞われる事が多いけど
それを楽しめるくらいじゃないとダメなんだろうね。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

icon
使ってみるとさすがに英字であれば、
より小さくて2行表示されて一度に視認できる文字が多いから
読みやすいかもしれないけれど、
さすがに日本語を表示させるとなると一度に表示される文字数は少ないし
次の文章がでてくるまでにも待たされる事を含めて
読もうとするとかなりイライラする。

ので、気になる文字内容を見つけたら
速攻Androidを見に行くという使い方が無難。

情報量という意味でも、拡張性という意味でも“LiveView”のほうが多いし
まだまだこれからの発展性も見込める。

けどまぁ電話の着信であれば名前なら一発表示でしっかり認識できるし
腕時計がブルブル震えて教えてくれるという点においては
“LiveView”同様に便利だし
あえて“LiveView”よりも優れているところを挙げてみるとすれば
多分にアナログの針が見えて確実に時計として機能するという事と
見た目が普通の腕時計なので恥ずかしくないという事かもしれない。

一応、
GALAXY Tabを電話機として使うことはないだろうと思っていたけど、
試しに、BluetoothヘッドセットとMBW-150を組み合わせてつないでみたら
これがなかなか意外なほどに使い物なってて、
GALAXY Tab自体はカバンの中に入りっぱなしにしておいても
着信があったらMBW-150が震えて教えてくれて
かつディスプレイに相手の名前も表示してくれて
Bluetoothヘッドセットをその時に耳に装着して通話する
なんて使い方でも充分に通用した。

XperiaとかXperia X10 miniがあったら
それ単体で済んじゃいそうだな?
なんてツッコミは置いといて、
MBW-150もそこそこおもしろく遊べるアイテムじゃないかなとおもったりする。


・Xperia(Android)と連動させて超絶におもしろいソニエリ製の“LiveView”



Twitterボタン
最新ネタは、Twitterでつぶやき中!ID:kunkoku

iconicon

【TOPページへ】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/51884841
この記事へのコメント
MBW-150 Music Edition 、購入おめでとうございます。
OpenWatch をお使いのようですので文字の表示速度は自分で設定出来ます。一度に表示される情報量は少ないですが、SMS 程度の文字量であれば読む速度と同じくらいで表示されるかと思います。表示される前にブルっとするので、題名から読む余裕もあるかと思います。ちなみに、Music Edition はデザインの話ですので、他のMBW-150 やMBW-150 Update でも機能は同じです(型番は違いますがMBW-200 でも同じです)。
Posted by 石川雅之 at 2010年12月13日 22:42
エクスペリアのARCを購入したのを機会にMBW150探しましたが
海外のアマゾンサイトでは品切れ、米アマゾンは日本へは送れない
とのこと。やむなくアマゾンUKで150を買い、こちらのページを
参考にペアリングしました。日本語で発信者が表示されるのは感動
ですね。使い始めるとアイモードの着信まで確認したくなり、でき
るらしいとの情報を元に、現在アマゾンUKにライブビューを発注済みです。おもちの150時計としてもかっこいいですね。ところで
200でもARCになんぞアプリをいれれば、SPメールもわかるんでしょうか。
Posted by トラシン at 2011年04月29日 18:21
初めのとこ間違いました。私が購入し所有しているのは200(女性用)です
Posted by トラシン at 2011年04月29日 18:23
はじめまして。
私もMBWシリーズは、好きでいろいろと持っているのですが、
どれも新品で買っても、バッテリーが全く持ちません。
今ので5台目になりますが、やはりどれを買っても、新品ですが、バッテリーが20時間も持ちません。
5時間程しか持たない時もあります。
その辺はいかがですか。
またバッテリーはどこかで手に入らないでしょうか。
Posted by 井上成年 at 2011年07月04日 13:40
バッテリーが使い物にならず、困り果て
かなり探しましたが、国内でバッテリーの入手は不可能でした。
アメリカから取り寄せましたが、
送料がFEDEXですごく高かったです・・・

思ったより持ちがよく
というより、むしろ新品バッテリーってこうなんだなぁと実感させられます。

一週間から10日は平気で持ちます
念のため余分に購入しましたので、困られている方いましたら
ご一報ください
Posted by NK at 2011年11月27日 15:38
余分にお持ちでしたら、一つ譲ってただきたいのですが、よろしくお願いします。
Posted by 細谷 久男 at 2012年09月27日 21:49