2010年12月23日

1/1ガンダムの立像の大変さ?を味わえる静岡オフィシャルグッズ「ガンダム大地に建つ」

icon
静岡で開催中の「RG 1/1 GUNDAM PROJECT」。

・RG1/1 RX-78-2 ガンダム 静岡に建つ!

たった2ヶ月間しかお目にかかれなかったお台場には
通算4回も足を運べたのに、
静岡には未だに行くタイミングのないままで非常に焦り気味。

そんな中、Twitterつながりで
現地でしか手にはらないオフィシャルグッズの
「MOBILE SUIT GUNDAM ガンダム大地に建つ」と
「静岡にガンダムを見に行ってきました カスタードケーキ」
をいただいて猛烈に感動中!

icon
特に「MOBILE SUIT GUNDAM ガンダム大地に建つ」は、
RG1/1ガンダム立像の建設工程をイメージしたヴィネットで
静岡会場の「オフィシャルショップ」では先行発売とあって超貴重!

早速うれしがってレビューしてみる。

これは、全部で6つのパーツに分かれていて
それぞれで建設工程を楽しめつつ
全部を組み合わせるとガンダム立像が完成するという仕組み。

6つのパーツは以下。

icon icon
1)頭部・腰部運搬

icon icon
2)骨格組み立て

icon icon
3)胴体吊り上げ

icon icon
4)脚部装甲運搬

icon icon
5)右腕部組み立て

icon icon
6)左腕部吊り上げ

icon
小さい粒ガム付きのヴィネットなのに一つ一つがリアルで、
ガンダム立像を建設する際に
実際使われている骨格や重機を表現していて
まさにあの1/1ガンダムを建造する時の感動が蘇ってくる。

このままディスプレイしておくという手もあるのだけど、
やっぱり組み上げてガンダム立像にしてみたいので
その工程を楽しみつつ順に組み上げてみる。


ガンダムの脚は実物通りディズプレイの上に
支柱を立てて、そこに外装という形で
2つに分割した装甲を足首、スネ、モモというパーツ
それぞれをくっつけていく。


そして、腰部も前後に組み立てると
支柱が全て覆われて、
ガンダムのBパーツの完成。


上半身ブロックをくっつけると、
右腕部を装着。
肩の部分も本物同様に支柱が見てとれるのもリアル。


肩パーツをハメて、
右手には静岡ガンダムの最大の特徴であるビームサーベル。

同じように左腕部も固定する。

icon
最後に、頭部を装着すれば完成!

6つのユニットそれぞれに作業員が各2名づつ付属していて
それらをズラっと並べると何だか完成させた時の模様も再現出来たりして。

icon icon
組み合わさったガンダム立像は全高約100mm。

小さいながらも
ガンダム本体にははきっちりと装甲パネルの色の塗り分けから
マーキングも実際のRGガンダムと同じようにデザインを施してあって
その塗装の質感もそれっぽい。

icon
こっちは既にある
「1/60完成モデル RX-78-2ガンダム Ver.G30th」と
「1/48メガサイズガンダム(お台場仕様)」。

この建造物としての1/1ガンダムに
なぜこれほどまでに吸い込まれるのか?

・予約して10ヶ月後にやっと到着した「1/60完成モデル RX-78-2ガンダム Ver.G30th」。


・お台場ガンダム解体 2009年9月11日(金) 簡易ダイジェストVer

2009年9月にお台場にほぼ半日張り付いて
撮影した1/1ガンダムの解体シーンを今見返すと
建設するのが容易ではない事がよくわかるし
余計に今回の「MOBILE SUIT GUNDAM ガンダム大地に建つ」の
構造がよく出来てる事もわかる。


と、
「静岡にガンダムを見に行ってきました カスタードケーキ」を食しつつ
絶対に静岡にRG1/1ガンダムを見に行ってやるっ!
と闘士を燃やしている。

・お台場1/1「RX-78-2ガンダム」の動画&画像(自己満足Ver)
・お台場ガンダムの解体シーンをHD動画で撮影してアップロード。



Twitterボタン
最新ネタは、Twitterでつぶやき中!ID:kunkoku

iconicon

【TOPページへ】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/51889274