2011年01月07日

「CES 2011」で発表された3D対応のNEW VAIO F Series 他

icon
「2011 International CES」開催と同時に
米ソニーで公式に発表されたVAIOが4機種あるので
それらをチェックしてみる。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【VAIO F Series】


3D対応に対応した新VAIO F Series。

筐体は新規に起されていて
ピアノブラック調にまとめられた光沢のあるボディで
ディスプレイよりも本体部分が前側にせり出していて
閉じた状態でもインフォメーションランプを視認しやすくなっていて
従来のシリンダーデザインは廃されている。

中身のスペックは、最新の“Sandy Bridge”を搭載していて、
CPUはCore i7-2630QM(2GHz、Turbo Boost時2.9GHz)、
メモリーが8GB(DDR3 1333Mhz SDRAM)
HDD640GB(Serial ATA 7200rpm)となっている。

グラフィックには、GeForce GT 540M(グラフィックスメモリ1GB)を内蔵、
Blu-ray Disc Driveをはじめ
WLAN 802.11b/g/n、 Bluetooth 3.0、 USB 3.0、
“Exmor”を搭載したHDwebカメラや、
立体的な臨場感を再現できるS-Force 3Dなども搭載する。


NVIDIAの3D立体視技術「3D Vision」に対応、
LEDバックライトを採用し、
BRAVIAと同じく240Hzの4倍速駆動技術に対応しているため
非常になめらかで高品位な3D映像を楽しめる。

本体のキーボード奥にある3Dボタンが用意され
ワンタッチで2Dと3Dへの切り替えができる。

以下が、VAIO F Seriesのコンセプト動画。



・NEW SONY LAPTOP WITH 3D CAPABILITY REDEFINES THE MOBILE ENTERTAINMENT EXPERIENCE
・New VAIO F Series brings your 3D world to life: Full HD 3D Blu-ray Disc notebook with one-touch 3D button

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【VAIO Y Series】


VAIO Y Seriesの11.6インチモデルは、
去年2010年11月に登場したモデルと筐体は同じままで、
Intel CPUを搭載したモデルとは別に
AMDのCPUにGPU性能を融合させたFusion APU“Zacate”を載せた
モデルを展開。

プロセッサーは、
「AMD Dual-Core Processor E-350
 with AMD Radeon HD 6310 Discrete-Class Graphic」、
メモリーは2GB DDR3 1066Mhz SDRAM (最大4GB)を搭載する。

このAMDのCPUはクラス的には
Intelで言うところのCeleronあたりの対抗となって
TDP18Wと定電圧で
ネットブック系に主に搭載される物となる。

・MEDIA ALERT: NEW SONY Laptop PAIRS superior portability with strong performance
・Travel light, work anywhere with thin, light new VAIO Y Series

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【VAIO L Series】


VAIO Lシリーズも新筐体となっていて
V字型のスタンドに24インチディスプレイを備え
より省スペースなデザインで
ワイヤレスのキーボードやマウスでフリーなレイアウトが可能。

タッチパネルを搭載した24インチディスプレイに
PC、TV、BlurayDisc、インターネットなど全てを集約する
オールインワンという基本コンセプトは変わらず。

また、HDMI出力を備えていて
より大画面に映像を映しだして楽しむといった使い方もできる。

・MEDIA ALERT: NEW SONY TOUCH HD PC/TV MERGES HIGH DEFINITION WITH INTUITIVE TOUCH Subject: Media Alert: VAIO L Series Touch PC and HDTV All-in-One Provides Multi-Touch Entertainment Experience

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【VAIO S Series】


LEDバックライトの13.3インチディスプレイ、
マグネシウムボディで約2kgと
従来のモデルとあまり変化が見てとれないものの
VAIO S Seriesも新製品のラインナップに並んでいたので一応列挙。

・Media Alert:NEW SONY PC PROVIDES THE BEST IN ENTERTAINMENT WITH EASY PORTABILITY

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

CESで明らかに力を入れて登場させたのは
パーソナルにどこでも3Dを見られるという意味で
持ち運びできる機器の一つとして
このノートタイプのVAIO F Series。

デザインはどうしてこうなったんだ?と思われられるフシもありつつも
投入されている内部的なスペックはかなり刷新されている。

で、どうせ3D対応をかかげるのであれば
VAIO L Seriesもフルモデルチェンジをしたのだから
3D対応にすればよかったのになとは思うけれど
それはこれから先の話なのかもしれない。

ひとまず正式に発表となったのはこの4機種だけだったものの
ソニーのブースには
「VAIO Design Concept PC」として
未発表モデルも展示されている。

それについてはまた続きで。




Twitterボタン
最新ネタは、Twitterでつぶやき中!ID:kunkoku

iconicon

【TOPページへ】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/51895324