2011年01月10日

中国のサイトでまるで既にソニエリ「PSPhone」が発売されてるかのようなレビュー。


中国のサイトではもうすでにソニエリの「PSPhone/XperiaPlay」が
発売されてるかのようなレビューが掲載中。

・PlayStation Phone sized up with numerous devices in another in-depth Chinese preview:engadget
・索尼爱立信PSPhone/XperiaPlay全球首发评测:TGBUS.com


たくさんのガジェットとの大きさ比較や
新品購入時に付いてる保護フィルムが貼ってある様子まで
載っていてもうこれをフェイクだとは思えないレベル。

多少の情報漏れならまだしも
最近のリークの仕方はちょっと異常なんじゃないか?
という気持ちのほうが大きいけど。


静電容量タッチ式のディスプレイは4.0インチ(854x480)に
4つのハードウェアキー、
スライドすると
上下左右、○X△□、START、SELECT、MENUといった物理ボタンから
中央にあるタッチパッド、XPEIAのロゴ。

背面には、
500万画素のカメラとLEDライト、
ソニエリロゴとXPERIAロゴが確認でき、
その背面上部にL,Rボタン、ボリュームコントロールボタン、
下部にMicroUSBとイヤホンジャックが配置される。

ボディラインは丸みを帯びていて
縦横サイズはXperiaよりも若干小さく厚みは少しある。


PSP Goのピアノブラックと同じような
光沢のある背面パネルを外した内側の画像も確認できた。

バッテリーは「BST-41(1500mAh)」が装着されていて
現行のXperiaと同じものだというのがわかる。

SIMカードとMicroSDカードスロットはサイドに分けられていて
バッテリーを外さなくても抜き差し出来る位置にある。


Android OSは2.3(Gingerbread)。

AndroidのUI動作や入っているアプリ動作している様子もレビューされていて
このあたりはそのまんまAndroidという感じ。


それからアプリに
公式のゲームプラットフォームと思われる
“PlayStation Portable”がプリインストールされていて
おそらくはここから専用のゲームをダウンロードするのだろうけれど
当然ながら現時点ではアプリのメニュー内には何も表示されていなかった。


また、Android Marketからダウンロードしたゲームを
テストプレイする様子も動画で解説されていて
ゲームによってディスプレイのタッチパネルで操作するものと
ハードウェアキーで操作するものがアプリによって異なっていた。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

まさにスマートフォン(Android)としてのXperiaに、
PSP Goのボディテイストが融合したという感じで
この漏れ情報からだけでもかなり好印象を受ける。

母体がきちんと動作してないと
結局イラっとする原因になるので
挙動含めAndroid 2.3ベースで心地良く動作している
というのは重要だなと思いつつ、
後はこのガジェットに対して
どういったゲームアプリが投下されてくるのか?
“PlayStation Portable”をどう展開するのかに
非常に興味が湧いてくる。

・ソニエリ「XPERIA X10 mini pro」の後継らしきモデルが中国の掲示板に画像流出。
・ソニエリのプレイステーション携帯の動画レビューが中国から流出。
・ソニー・エリクソンからAndroid2.3搭載、極薄の“Xperia arc”発表!
・CESに新型Xperiaがついに登場するのか!?&Zeus Z1の新漏れ画像。
・またソニエリから新しいXperia後継機と思われる“Hallon”リーク画像。
・2011年2月13日、ソニエリからXperia新モデルを複数発表!?
・ソニエリのzeus Z1の名称はプレステPhoneじゃなくて”Xperia Play”に決まり!?
・ソニーエリクソンのzeus Z1“PlayStation Phone”の動画がアップ!?
・ソニエリ製「PSPケータイ」!?かもしれないプロトタイプが登場!
・Sony Ericsson Z1 PSP Phoneと呼ばれる漏れ動画!?
・次期ソニエリ製Xperia X12(Anzu)とおぼしき端末のスペックの噂?



Twitterボタン
最新ネタは、Twitterでつぶやき中!ID:kunkoku

iconicon

【TOPページへ】




この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/51896012