2011年01月14日

みんなで見られるから楽しいプロジェクター内蔵ハンディカム「HDR-PJ40V」

icon
・大切な思い出は映像も音も綺麗に残したいを叶えるハンディカム「HDR-CX700V」
と、フラッグシップのハンディカムとは別に
ソニーは新機軸のハンディカムを投入。

それが、世界初のプロジェクターを内蔵したビデオカメラ。


液晶ディスプレイの外面にプロジェクター機能を内蔵して
撮った再生すれば、その場所でいきなり大画面で楽しめる。

プロジェクターの機能としては、
明るさは最大10ルーメン、解像度は640x360、コントラスト比は1500:1、
映しだす画面のサイズは最小が50cmから10型から
周囲を暗くする事ができれば
最大で3mから60インチくらいまで大きく映し出せる。


映像だけじゃなくて、
音声も液晶ディスプレイのフレームの下部分に
ステレオスピーカーを内蔵していて
かつフルデジタルアンプ「S-Master」まで内蔵しているので
きちんとしっかりとした音声を再生できるのも大きい。


それに
「イベントブラウズ」機能のおかげで
イベントごとにまとまった動画を見つけやすいし
まるまる撮影した長い動画を延々と見るのは苦痛かもしれないけれど
「ハイライト再生」を使えば
カメラ側で簡単にショートムービーを作ってくれて
ダイジェストで見るといった使い方ができる。


この「ハイライト再生」がすごいのは、
動画に限らず、静止画もおりまぜてくれるという事と
PCを使ってCDから好みの音楽を入れられて
それをBGMとして利用できる事。


撮影してショートムービーを披露するまでが
あっという間に出来てしまって
さらにそれを大きく映し出すまでが超簡単。

とすると、
このハンディカムが生きてくる使い方は、
まさに結婚式や披露宴で撮影して
それを仲間内の2次会の会場で再生するだとか、
野球やサッカーの試合や練習を撮影して
その後にみんなで反省会や課題を見つけるために見たりと
大人数で楽しむならこれほど面白いものはないんじゃないかと。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【画質にも妥協しない基本性能】


「HDR-CX700V」や「HDR-CX560」のような16:9型ではないものの
1/4型“Exmor R”CMOSセンサーを搭載、
暗所撮影にも強く
色にじみが少なく高コントラストな高性能レンズ「Gレンズ」を搭載して
動画時でも広角29.8mmという広々とした撮影もできる。

手ぶれ補正も
ワイド側でも10倍、ズーム側でも2倍ブレない「アクティブモード」を搭載する。
(PJ20はズーム側は1.6倍)

液晶画面に映る被写体にタッチすると認識追尾する「追尾フォーカス」や
綺麗な音声を記録できるマイクロカプセルや
「風きり音ノイズ低減」機能も備わって音質にもこだわる仕様になっている。

icon
デジタルHDビデオカメラレコーダー「HDR-PJ40V」
シャンパンシルバー/ボルドーブラウン
ソニーストア販売価格:99,800円(税込)
・ソニーポイント:7%(6,986ポイント)
・長期保証<5年ワイド>付き(購入特典:2011年3月31日まで)

内蔵するフラッシュメモリーの容量は64GB。
動画時有効画素数265万画素、
静止画最大720万画素。

フルHDを保ったまま大きく引き伸ばせる
「エクステンデッドズーム」は17倍。


PJ40VにのみLEDのフラッシュライトも搭載していて、
動画撮影時はビデオライト、写真撮影時はフラッシュと
使い分ける事もできる。
LEDなので消費戦力も少なくバッテリー消費も少ないのもメリット。


icon
デジタルHDビデオカメラレコーダー「HDR-PJ20」
ソニーストア販売価格:79,800円(税込)
・ソニーポイント:7%(5,586ポイント)
・長期保証<5年ワイド>付き(購入特典:2011年3月31日まで)

内蔵するフラッシュメモリーの容量は32GB。
動画時有効画素数149万画素、
静止画最大420万画素。

フルHDを保ったまま大きく引き伸ばせる
「エクステンデッドズーム」は14倍。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【ソニーストアオリジナル“ハンディカム”セット】

icon
ソニーストアには、撮影スタイルに合わせた
ストアオリジナル“ハンディカム”セットを用意、
セットで購入するとソニーポイントがさらに多くもらえる。

icon
「HDR-PJ40V」ムーバブルシアターセット
シャンパンシルバー/ボルドーブラウン
ソニーストア販売価格:114,230円(税込)
・ソニーポイント:7%(11,424ポイント)
・長期保証<5年ワイド>付き(購入特典:2011年3月31日まで)

ハンディカム「HDR-PJ40V」本体に
三脚シューティンググリップ「GP-AVT1」と
アクティブスピーカーシステム「SRS-M50」をセットにした
「HDR-PJ40V」ムーバブルシアターセット。

シューティンググリップは撮影時のグリップとしてだけじゃなくて三脚としても使えるし
アクティブスピーカーがあれば、プロジェクターに映しだした時にも
よりパワフルな音声で楽しむ事ができる。



Twitterボタン
最新ネタは、Twitterでつぶやき中!ID:kunkoku

iconicon

【TOPページへ】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/51897269