2011年02月08日

簡単に録画・視聴ができるLED搭載BRAVIA「EX52H/EX42Hシリーズ」

icon
icon
ソニーのデジタルハイビジョン液晶テレビ『BRAVIA』に
シンプル操作に特化したHDDを内蔵モデルとなるEX52HシリーズとEX42Hシリーズを発表。

・簡単操作で内蔵HDDへ最長約65時間のハイビジョン録画ができる
LED バックライト搭載・録画対応 液晶テレビ〈ブラビア〉 2シリーズ3機種発売


LEDバックライトを搭載し、500GBのHDDを内蔵して録画機能を持ったモデルで
EX52Hシリーズが40型、
EX42Hシリーズが32型、22型のラインナップ。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

<簡単な使い勝手を追求した録画機能搭載BRAVIA>


HDDを内蔵した前モデルBX30HシリーズではCCFL管を採用していたものから、
EX52Hシリーズ、EX42Hシリーズでは
高コントラストを実現しながらも低消費電力を実現する
エッジライト式のLEDバックライトを採用。

HDDを内蔵しているにもかかわらず厚さを4.2cmに抑える。
前モデルが9.6cmもあった事からすれば
半分以下になるほどの薄型化という事になる。


40型のEX52Hシリーズは、
フルHD(1920x1080)パネルを採用し、
高画質化エンジンの「ブラビアエンジン3」や
速い動きもなめらかに再現する
「倍速駆動パネル」や「モーションフロー120」を搭載する。

32型と22型のEX42Hシリーズは
パネル解像度は1366×768で
高画質エンジン「ブラビアエンジン3」を搭載。


デザインは、EX420シリーズと同じく
従来の中央に広がる台座のようなスタンドとはせずに
LEDの薄さを活かした一枚の絵画を立てかけるように
アーム上の足で自立する“イーゼルスタンド”を採用して
部屋のどの空間においてもどんな部屋でもなじむようなスタイルを重視。

横に振れる15度のスイーベル機能と
0度もしくは6度へと画面が傾けられるようになっていて
自分のスタイルに合わせて置く事ができる。
(22型のみ0度から6度の間で調整も可能。)

また、今回のモデルには
ベゼルの部分に99%の高再生材使用比率を実現した
難燃性再生プラスチックを採用していて
環境にも配慮されて作られている。

・液晶テレビ<ブラビア>画面フレーム部品に新開発の再生プラスチック
“SoRPlas(ソープラス)” を使用


−・−・−・−・−・−・−・−・−


それから、
内蔵する500GBのHDDに[DRモード]で最長で約65時間の録画が出来る。
のだけど、今回の重要なポイントはどれだけ簡単に使えるかという事。

今回の新モデルからは、
そもそもの使うリモコンを改良してあって
いかに簡単操作で録画や見るといった行為を簡単にしてある。

録画したいと思ったら、
「番組表/予約」ボタンを押して番組表を開く。

そして、番組表の中から録画したい番組を見つけたら
そのまま「録画」ボタンを押すだけ。
それだけで予約録画ができる。


見たいと思ったら「見る」ボタンを押して
録画した番組のリストが出てくるので、そこから選んで見るだけ。

消したいと思ったら、「削除」ボタンを押せば
今ま見ている録画番組を消せてしまう。


「30秒送り」ボタンも使えば、
一回押すだけで30秒先へ移動してくれるので
CMを飛ばそうと思えばサクっと飛ばせる。

ダブルチューナーになっているから
普通にテレビを見てても、裏できちんと番組を録画してくれる。


それから、
よくある内蔵HDDじゃ足りなくなるかも?
という不安も外付けのハードディスクをUSBでつなぐ事で
さらにたくさんのテレビ番組の録画をする事もできる。

直接番組表から外付けHDDに録画する事も出来るし、
一度録画した番組を
内蔵HDDから外付けHDDへ、もしくは外付けHDDから内蔵HDDへと
ムーブする事も出来るので運用も非常に楽。

BDレコーダーを買うほどではないにしても
録画したいなと思った時に手軽に録画できるというのはかなりありがたい。

−・−・−・−・−・−・−・−・−

今回のHDD内蔵BRAVIAは、
EX710、EX420、CX400シリーズに搭載されている
ネットワーク機能はまったく搭載されていない。

だから、テレビ見ながらtwitterやりたいとか
YouTubeを見たいとかそういったものはまるっきり出来ない。

テレビが純粋に見られて
簡単に予約録画して、再生までが出来れば良い
という使い方がとても明快。

ネットワーク化が進んで楽しいと思えるユーザーもいれば
逆に、そんな全然使わないのに迷ってしまうような複雑な機能はいらないから
ただ簡単に予約録画したり再生して見れる機能があれば充分
という人たちもいるわけで
そういった意味では2極化したニーズのうちの片方を
このモデルでカバーしているとも言える。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

<HDD内蔵BRAVIA EX52Hシリーズ>
icon
HDD内蔵デジタルハイビジョン液晶テレビ<40V型>「KDL-40EX52H」
ソニースタイル販売価格:149,800円(税込)
・ソニーポイント:3%(4,494ポイント)

−・−・−・−・−・−・−・−・−

<HDD内蔵BRAVIA EX42Hシリーズ>
icon
HDD内蔵デジタルハイビジョン液晶テレビ<32V型>「KDL-32EX42H」
ソニースタイル販売価格:109,800円(税込)
・ソニーポイント:3%(3,294ポイント)

HDD内蔵デジタルハイビジョン液晶テレビ<22V型>「KDL-22EX42H」
ソニースタイル販売価格:89,800円(税込)
・ソニーポイント:3%(2,694ポイント)


Twitterボタン
最新ネタは、Twitterでつぶやき中!ID:kunkoku

iconicon

【TOPページへ】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/51904483