2011年02月22日

2画面に分割タイプ?VAIO typeUを彷彿させる?タブレット端末の噂情報に食いつきまくり!


先週、突如降って湧いてでたソニー製タブレット端末の噂。
・ソニー製のハニカム搭載タブレット端末“S1”の噂情報に心踊らせてみる。

これに続いて、別のAndroidタブレット端末らしき
デュアルスクリーンのタブレットの情報や、
Windows7を搭載したタブレット端末の噂などが浮上!

・Exclusive: Sony 'S2' dual-screen Android clamshell and 9.4-inch Windows 7 VAIO slider due this year:engadget

まずは、前回の手元がシリンダー状になったタブレット端末が " S1 "なら
今回の " S2 "と呼ばれるものは、
あいかわらず手書きの絵だけれど、楕円の円柱を真ん中からスパっと半分に割れて
上下に画面が出てくるどっかでみたようなスタイルのタブレット端末。

・ソニーのデュアルスクリーンAndroidタブレット S2:engadget日本版

前者は9.4インチと1枚の大きい画面なのに対して
後者は、5.5インチという画面を二つ備えるというスタイル。

スペックは、前回と同様
NVIDIA Tegra 2を搭載、OSはAndroid 3.0 (3.x) Honeycomb。

Qriocityとの連携は固いものの
「PLayStation Suite」にあるゲームを遊べるかどうかは不明。

やろうと思えばまず出来ると思うけど、どこまで不覚対応するか?
専用のゲームを、例えばXperia PLAY風のコントローラを下画面に表示して
それをコントローラーとして使うのか?とか。

その他にも使い勝手として、2画面を活用して
受信トレイをだしつつ詳細を見るとか、
地図画面とストリートビューをそれぞれに表示するとか
下画面にソフトウェアキーボードを表示してそれとタップして使うとか
いろいろと想像はできる。

あくまでも開発中とされる噂情報であって本当に出てくるかもまだかなり怪しいのだけれど、
もしも出てくるとすれば、ホリデーシーズンとされる年末くらいまでに
アメリカやヨーロッパ、そして国内でも出てくるんじゃないか?とされていて
WiFiと3Gを搭載したものがだいたい$699くらいになるのでは?とされている。


それからもうひとつ、
Androidベースのタブレット端末以外にも
OSにWindows 7 を採用したモデルもあるよという情報。

・ソニーのVAIOタブレットはWindows 7 採用、スライドキーボード搭載:engadget日本版

記事を見るとその内容は、
・ディスプレイサイズ9.4インチ(解像度不明)
・スライド式のキーボード
・Atomプロセッサ(詳細不明)
らしきもの。

あくまでも予測でアメリカで$799かそれ以上になるくらいで
今年10月頃くらいに出てくるのではないか?と。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

まだ信じるにはあまりにも時期尚早な気がしないではないのだけれど
Androidを搭載するほうは、
ソニエリ製ではないから、“Xperia”というブランド名はつかないだろうし
何か新しいネーミングになるのかな?と思いつつ、
もう一つのOSがWindows7になるタブレット端末は
これはもうそのまんま“VAIO”として出てくるんじゃないかな?と
いろいろと想像してみるのも楽しい。

ただ、どれも秋から年末にかけてというのが
ちょっと遅いんじゃないかなー?という気がしなくもなくて
出来るならもっと早くに登場して欲しいというかすでに待ちきれないというか。


ちなみに、スライド式キーボードが付くという時点で
それってVAIO typeUの再来じゃないか!?とも思ったけど
あの頃のモバイルガジェットの気を吐くラインナップにぜひ期待したい!



Twitterボタン
最新ネタは、Twitterでつぶやき中!ID:kunkoku

iconicon

【TOPページへ】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/51907875