2011年02月23日

ソニーヨーロッパに、新VAIO Sシリーズ、Cシリーズ、Lシリーズ登場!


ソニーヨーロッパで、“Sandy Bridge”を搭載する新VAIOが登場!

「2011 International CES」のソニーブースにもお目見えしていた
VAIO S(SA)シリーズとLシリーズ、そしてCシリーズが今回姿を現した。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【VAIO S Series】




・Power in Motion: boost your productivity with new VAIO S Series

新筐体となったVAIO S(SB)シリーズは、
13.3型のディスプレイサイズとなるモバイルVAIOノートで、
シリンダーデザインは踏襲せず、全体的なスタイルは、Xシリーズを彷彿させる。

サイズは、224.5 x 23.9 x 331mmで
厚みは最薄部と最薄部のないフルフラットなボディになっているため
現行のSシリーズと比べると
タテヨコサイズはあまり変化せず厚みが(最薄部27.6mm、最厚部31.5mm)抑えられていて
とても薄いデザインに見受けられる。

本体に採用される素材もマグネシウムや
パームレストにアルミを採用するなどして強度や軽さのバランスをとりながら
1.75kgという重量となっている。


また、SZシリーズ以来となるダイナミックハイブリッドグラフィックシステムを搭載していて
SPEEDモードとSTAMINAモードに切り替える事で
CPUに統合されたGPU(Intel HD Graphics)と、
外部GPUとなるAMD Radeon HD 6000シリーズの間でシームレスに切り替わる。

今回のSシリーズは、内蔵のリチウムポリマーで最大7時間(スタミナモード)、
さらに別途本体の底面にセカンドバッテリーを追加する事ができ
電源がなくても最大で14時間というスタミナ性能を発揮する。

セカンドバッテリー(BPSC24)を装着したままでも利用できる
フラットデザインのポートリプリケーターも用意されている。

今回スペックシートによると
解像度は1366x768とされているけれど、他所で1600x900の存在も確認出来ているので、
仮に国内で発売されるとすればソニーストアでカスタマイズできるのでは?と予想できる。


キーボードには、バックライトが搭載され
輝度センサーによりディスプレイの明るさを調整したり
暗い場所ではキーボードが視認できるように点灯する。

Fast Bootでは、Windows7を高速に読み込み
従来のノートPCからすると50%高速化、
外出中にすぐに起動して使いたいという場合にはとても有効となる。

WWANを搭載するモデルも存在、
webカメラは、Exmorを搭載したHDwebカメラへと進化。

カラーバリエーションとしてはブラック、シルバー、ホワイト、
そしてオンライン限定としてブルーとピンクの計5色展開。

ヨーロッパでの発売は3〜4月を予定。

「VAIO VPC SB1A9E/B」
CPU:IntelR Core i7-2620M
OS: Windows7 Professional (64bit)
メモリー:8GB(DDR3 1333Mhz SDRAM)
ストレージ:SSD128GB
GPU:AMD Radeon HD 6630M + Intel HD Graphics
ドライブ:ブルーレイディスクドライブ
他:WLAN(802.11b/g/n)、WWAN、Bluetooth2.1、USB2.0 x2、USB3.0 x1、

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【VAIO C Series】


VAIO Cシリーズが目を引く強烈な個性を放つカラーデザインを手に入れて復活。
・Light up your life with new 14” VAIO C Series

EシリーズやPシリーズの傾向にも現れるように
ファッションの一部としてのインパクトを強め、
半透過になったディスプレイ天板からラインの発光が見える
非常にインパクトの強いカラーを採用した新Cシリーズ。


LEDバックライトを採用した14インチディスプレイに
"Exmor"を採用したHDWebカメラを搭載。

輝度センサーによりディスプレイの明るさを調整したり
暗い場所ではキーボードが視認できるようバックライトが点灯する。


すぐにインターネットが始められるWEBボタン、
トラブルシューティングに役立つVAIO Careを搭載。
HDMI出力は、3Dテレビで楽しめるように3Dに対応している。

また、Eシリーズ同様
本体カラーにあわせた多種のBluetoothマウスやキーボードウェア、
キャリーポーチなどを用意する。

ヨーロッパでの発売は3〜4月を予定。

「VAIO VPCCA1S1E」
CPU:IntelR Core i5-2410M
OS: Windows7 Home Premium (64 bit)
メモリー:4GB (DDR3 1333Mhz SDRAM) (最大8GB)
HDD:320GB(Serial ATA 5400rpm)
GPU:AMD Radeon HD 6470M
光学ドライブ:DVD±RW/±R DL/RAM
他:WLAN(802.11b/g/n)、WWAN、Bluetooth2.1、USB2.0 x2、USB3.0 x1、
  HDMI出力端子(3D対応)、マルチタッチトラックパッド、
  Dolby Home Theatre technology、VAIO ASSIST button、Quick WEB access

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【VAIO L Series】

VAIO Lシリーズの新筐体もよりスリム化して登場。
・A touch of brilliance: new VAIO L Series by Sony

オールインワンスタイルのボードPCとなるVAIO Lシリーズは、
LEDを採用した24インチ(1920x1080)のディスプレイは
鮮明かつコントラストの高い非常に美しい画面を持ちながら
スリムで省スペースなボディへと進化。


V字型のスタンドになり、傾きの調整も可能で
ディスプレイ単体モデルを見まがうデザインとなっている。

ディスプレイはマルチタッチで
さまざまな操作が画面をタッチ、直観的な指先のジェスチャーで操作できる。

さらに、
ベゼルにタッチセンサーを内蔵して
ベゼルの上部にあるVAIOロゴをタッチするとメディアギャラリーの起動したり、
画面内に仮想'キーボードを出したり操作ガイドを表示するといった
"エッジアクセス"といった機能も搭載する。


GPUにはDirectX11をサポートするNVIDIA GeForce GT 540Mを搭載、
最新のPCゲームにも対応、
S-Forceフロント3Dサラウンドを搭載して
BDやゲームなど包み込まれるようなリアルなサラウンドで楽しむ事ができる。

HDMI入力と出力をそれぞれ備え、
PC内の画面をより大画面のハイビジョンテレビに映し出す事もできるし、
PS3などをLシリーズにつないでモニターとして活用する事もできる。

"Exmor"を採用したHDWebカメラや
すぐにインターネットが始められるWEBボタン、
トラブルシューティングに役立つVAIO Careなども搭載する。


USB3.0は2ポート、
Beluetoothには、USB 2.0の10倍の速度を持つBluetooth 3.0もサポートする。

ヨーロッパでの発売は3月末を予定。

「VAIO VPCL21S1E/B」
CPU:Intel Core i7-2630QM
GPU: Windows 7 Home Premium (64bit)
メモリー:8GB (DDR3 SDRAM 1333MHz)
HDD:1TB Serial ATA
GPU:NVIDIA GeForce GT 540M
光学ドライブ:ブルーレイディスクドライブ
他:WLAN(802.11b/g/n)、WWAN、USB2.0 x2、USB3.0 x2、
  BluetoothR Ver 3.0 + HS、HDMI出力x1、HDMI入力x1
  S-Force Front Surround 3D、Dolby Home Theater technology
  DISPLAY OFFボタン、ASSISTボタン、WEBボタン、VAIOボタン

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ようやくVAIOにも
“Sandy Bridge”を搭載するVAIOの情報が出始めた。

VAIO S(SB)シリーズは、そのフルフラットデザインを見ても
Xシリーズをそのまま大きくしたようなスタイルで好感は持てるものの
重量的にみるとやっぱりSシリーズの後継機種だなという感じで、
Zシリーズのようなより軽量ながらもハイパフォーマンスというスタンスとは違う印象。

それでも“Sandy Bridge”を搭載したパフォーマンスアップは非常に気になるところだし
ボディもマグネシウムやアルミを採用しているあたりから
とても質感は良くなってそうな予感。
それに、今までになかったブルーというカラバリがかなーり気になる。

それと、3D対応はしなかったVAIO Lシリーズだけれど
LEDを採用してさらに薄型化していて
パっと見、ディスプレイ単体モデルかと見紛うデザインはなかなか良いし
キーボードやマウスなしでタッチパネルで
ほとんどの操作が出来てしまうという発想もおもしろい。

それからHDMIの出力も入力も付いていて
使い用途の幅がかなり広まりそうでこれまたちょっと楽しみだ。

・SandyBridge搭載の13.3型モバイルVAIOは、SA/SBシリーズ!?
・「CES 2011」で発表された3D対応のNEW VAIO F Series 他



Twitterボタン
最新ネタは、Twitterでつぶやき中!ID:kunkoku

iconicon

【TOPページへ】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/51908176
この記事へのコメント
良いものが発現しました
ソニーのものが大好きの私はこれが買いたいですよ。
Posted by wedding dress at 2011年03月08日 11:40