2011年03月22日

新BRAVIAのハイエンドモデル HX920、HX820、HX720、NX720シリーズの違い。

最高画質とデザインのクオリティを両立する新BRAVIAのハイエンドモデル
HX920、HX820、HX720、NX720シリーズのソニーストアでの販売価格が決定。

先行予約販売の開始時期は、4月を予定。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

<新BRAVIA最高峰、フラッグシップHX920シリーズ>
icon
デジタルハイビジョン液晶テレビ(55V型)「KDL-55HX920」
ソニーストア販売価格:429,0800円(税込)
4月販売開始予定

デジタルハイビジョン液晶テレビ(46V型)「KDL-46HX920」
ソニーストア販売価格:349,800円(税込)
4月販売開始予定

・3Dシンクロトランスミッター内蔵
・「<ブラビア>ネットチャンネル」、FacebookやTwitterアプリ対応、
 Skype、「TrackID」、「Media Remote」などのインターネットテレビ機能を搭載
・新高画質回路「X-Reality PRO」を搭載。
・4倍速駆動パネルに「モーションフローXR960」を搭載、
 16倍速相当のなめらかな動画表示を実現。
直下型LED部分駆動のバックライトに 「インテリジェントピークLED」を採用、
 明るい3D映像と、2D映像にもLEDの発光を制御し本来の黒の深みを表現
・無線LAN内蔵
オプティコントラストパネルを搭載し、高コントラストを保ちつつ厚みを抑えたディスプレイ。
モノリシックデザインと新たに強度に優れた薄さ0.7mmのゴリラガラスを採用、
 美しい空間を作り出す佇まいを表現。
・顔認識機能付き「インテリジェント人感センサー」を搭載。
・外付けHDD録画に対応。
・FeliCaポート搭載おき楽リモコン(RF方式)。

−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−

<新BRAVIAハイエンドモデルHX820シリーズ>
icon
デジタルハイビジョン液晶テレビ(55V型)「KDL-55HX820」
ソニーストア販売価格:369,800円(税込)
4月販売開始予定

デジタルハイビジョン液晶テレビ(46V型)「KDL-46HX820」
ソニーストア販売価格:289,800円(税込)
4月販売開始予定

・3Dシンクロトランスミッター内蔵
・「<ブラビア>ネットチャンネル」、FacebookやTwitterアプリ対応、
 Skype、「TrackID」、「Media Remote」などのインターネットテレビ機能を搭載
・新高画質回路「X-Reality PRO」を搭載。
・4倍速駆動パネルに「モーションフローXR480」を搭載、
 8倍速相当のなめらかな動画表示を実現。
・無線LAN内蔵
オプティコントラストパネルを搭載し、高コントラストを保ちつつ
 実装技術の向上で背面もフラットな薄型ディスプレイを実現。
モノリシックデザインと新たに強度に優れた薄さ0.7mmのゴリラガラスを採用、
 美しい空間を作り出す佇まいを表現。
・顔認識機能付き「インテリジェント人感センサー」を搭載。
・外付けHDD録画に対応。
・FeliCaポート搭載おき楽リモコン(RF方式)。

−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−

<機能性を追求したBRAVIA HX720シリーズ>
icon
デジタルハイビジョン液晶テレビ(46V型)「KDL-46HX720」
ソニーストア販売価格:269,800円(税込)
4月販売開始予定

デジタルハイビジョン液晶テレビ(40V型)「KDL-40HX720」
ソニーストア販売価格:209,800円(税込)
4月販売開始予定

・3Dシンクロトランスミッター内蔵
・「<ブラビア>ネットチャンネル」、FacebookやTwitterアプリ対応、
 Skype、「TrackID」、「Media Remote」などのインターネットテレビ機能を搭載
・新高画質回路「X-Reality PRO」を搭載。
・4倍速駆動パネルに「モーションフローXR480」を搭載、
 8倍速相当のなめらかな動画表示を実現。
・USB無線LANアダプター(別売)に対応。
オプティコントラストパネルを搭載し、高コントラストを保ちつつ
 実装技術の向上で背面もフラットな薄型ディスプレイを実現。
・光の反射・拡散を抑えるクリアブラックパネルを搭載。
・「人感センサー」を搭載。
・外付けHDD録画に対応。
・FeliCaポート搭載おき楽リモコン(RF方式)。

−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−

<スタイリッシュモデルBRAVIA NX720シリーズ>
icon
デジタルハイビジョン液晶テレビ(46V型)「KDL-46NX720」
ソニーストア販売価格:269,800円(税込)
4月販売開始予定

デジタルハイビジョン液晶テレビ(40V型)「KDL-40NX720」
ソニーストア販売価格:209,800円(税込)
4月販売開始予定

・3Dシンクロトランスミッター内蔵
・「<ブラビア>ネットチャンネル」、FacebookやTwitterアプリ対応、
 Skype、「TrackID」、「Media Remote」などのインターネットテレビ機能を搭載
・新高画質回路「X-Reality」を搭載。
・速駆動パネルに「モーションフローXR240」を搭載、4倍速相当動画表示を実現。
・無線LAN内蔵
オプティコントラストパネルを搭載し、高コントラストを保ちつつ
 実装技術の向上で背面もフラットな薄型ディスプレイを実現。
モノリシックデザインと新たに強度に優れた薄さ0.7mmのゴリラガラスを採用、
 美しい空間を作り出す佇まいを表現。
・顔認識機能付き「インテリジェント人感センサー」を搭載。
・外付けHDD録画に対応。
・FeliCaポート搭載おき楽リモコン(RF方式)。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

この新BRAVIAハイエンドモデルの4機種をみると、
上位のHX920シリーズとHX820シリーズには
55型と46型の大型サイズを用意し、
HX720シリーズと、NX720シリーズには
46型と40型という中大型サイズを用意しているという状態。

ハイエンドなBRAVIAを導入したいと思った場合には、
46型以上という選択肢になるのだけれど、
新BRAVIAは、挟ベゼル化されている事もあって
46型でも横幅108.1cm(46HX920)と
少し前の40型、例えばKDL-40X5000の111.1cmよりも
むしろ小さくなっているほどで、
画面は大きくなっても、トータルサイズできにはダウンするので
40型のある場所なら、46型は思ったよりも導入しやすい。

というか、むしろ横の厚みにいたっては
ディスプレイの奥行きを比べても、46HX920なら3.8cmと
40X5000の12.1cmに比べてなんと3分の1という驚愕の薄さになっていて
そのトータルの佇まいから見てもいかに変化したかがわかる。

一方で40型を用意するHX720シリーズと、NX720シリーズは、
高画質や滑らかさを追求するか、デザイン性のスタイリッシュさを優先するか
という選択になるので、むしろこっちのほうが悩ましいかもしれない。




Twitterボタン
最新ネタは、Twitterでつぶやき中!ID:kunkoku

iconicon

【TOPページへ】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/51915320