2011年03月22日

合体分離する“VAIO Hybrid PC”と“VAIO Chrome”という2つのVAIOの噂。


ソニー製タブレット端末、VAIOタブレットに続いて、
“VAIO Hybrid PC”と“VAIO Chrome”が出てくるかも?という噂。

・New VAIO Hybrid PC and VAIO Chrome Coming This Summer:SonyInsider
・Thunderbolt搭載のVAIO Hybrid PC & Chrome OS 採用 VAIO Chrome この夏登場?:Engadget

情報の元となっているのは、SonyInsiderというサイトから。

“VAIO Hybrid PC”というのは、
薄く軽量なノート型と拡張ユニットの2つで構成される物のようで。

本体部はノート型のボディに以下の仕様。
Core i7 processor、SSDドライブを搭載、光学ドライブはなし、
Intel Wireless Display、HDMI output(3D対応)や
Intelの新規格となるThunderboltなど装備。
バッテリーライフが8〜16.5とされていて、重量は1.13 kg。

拡張ユニットに、
Discrete GPU (AMD Whistler-XT with 1 GB VRAM)や
Blu-rayディスクドライブ、HDMI出力端子、VGA出力端子
Ethernet port、USBを装備する。
こちらの重さは、0.68kg

そしてもうひとつ“VAIO Chrome”は、
Googleの「Chrome OS」を採用するVAIOノート。

仕様は 11.6型(366 x 768)液晶ディスプレイ、
NVIDIA Tegra 2プラットフォーム、1GBのメモリー、16GB eMMCストレージ、
Ultra-low power GeForce GPU、ワイヤレスWAN、
キーピッチ18mm のキーボードを搭載する。

サイズも掲載されていて縦298mmx奥行215 mmx厚さ19.9mmで重量は約1kg。
バッテリーライフは8時間とされている。

どちらも夏に発売を予定している。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

噂段階での仕様的にどうなのかはわからないけれど、おもしろそうなVAIOノート群で
特に“VAIO Hybrid PC”なんかは、
今はラインナップから落ちてしまっているVAIO Tシリーズの分離型ともいうべきマシンで、
持ち運ぶ時はより軽くコンパクトに、
自宅では光学ドライブを含めて拡張ユニットでしっかりと使えるというコンセプトは
もしも本当に出てきたらかなり興味をソソラれそうな気がする。

・2画面に分割タイプ?VAIO typeUを彷彿させる?タブレット端末の噂情報に食いつきまくり!
・ソニー製のハニカム搭載タブレット端末“S1”の噂情報に心踊らせてみる。



Twitterボタン
最新ネタは、Twitterでつぶやき中!ID:kunkoku

iconicon

【TOPページへ】






この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/51915412