2011年04月16日

Xperia PLAYにピッタリなマルチメディアドック「DK300」とドッキング!

icon
Xperia PLAYには、マルチメディアドック「DK300」という専用のクレードルが
ある事はわかっちゃいたけど、本体色にブラックとホワイトがあるように
クレードルにも2色存在してるので、
だったらマルチメディアドック「DK300」もホワイトでしょ!という事でゲット。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

icon icon
相変わらず、パッケージは、Liveviewとかメディアスピーカースタンド「MS430」と同一デザインで
ひし形の紙パッケージに中身の製品が透けて見えるタイプのもの。

中身を取り出してみると
マルチメディアドック「DK300」と、それ以外に
MicroにUSB端子から直結したACアダプターと
両端がステレオミニプラグになったケーブル、
取り扱い説明書類が入っていた。

icon icon
icon icon
マルチメディアドック「DK300」は、もう完全にXperia PLAYの形状に合わせて型どってあって
さらにステレオミニプラグとMicroUSBの端子が突き出してるので、
どうまかり間違ってもXperia PLAYしかドッキングできない。

それから、クレードルの下方背面に
MicroUSB端子とステレオミニプラグの端子があって
それぞれ付属のACアダプターとケーブルと接続して
ここから後ろへと配線を逃がすようになっている。

ステレオミニプラグからは、Xperia PLAYの音声をそのまま外部機器に接続できるので、
例えば、コンポやドックスピーカーの入力端子とつないでやって
Xperia PLAYの音声をそこから余力のある大きい音で再生して楽しむ
といった利用法が使える。

Xperia PLAYには、残念ながらXperia arcみたいなHDMI出力は備わっていなくて
そのままの画面を大きいディスプレイに表示をするという事ができないので
せめて音声だけでもという計らいなのかもしれない(汗

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

icon icon
Xperia PLAYを載せてみると
さすがにフィット感が良いというかしっかりとした座り心地。

MicroUSBのケーブルを挿すよりも
上からドーンと載せておくと充電できるってのは楽チン。

Xperia PLAYは、このクレードルにドッキングすると
自動的にクレードルアプリが起動して、
画面左側に大きく時計表示と、
右側に自分のいる場所の天気と気温を表示する画面に切り替わる。

で、単なるクロックでは終わらずに、
このクレードルアプリは、ちょっとしたギミックも搭載する。

icon icon
icon icon
画面の中で、天気の部分をタッチすると、
より詳しい情報、
例えばその日の天気、温度、湿度、風速から
その1日の時系列をグラフ化したものが見れたり、
週間の天気や最高気温と最低気温を確認できたりする。

icon icon
画面下には
「アラーム」、「スライドショー」、「ミュージックアプリ」、「ホーム」の4つのアイコンが並ぶ。

アラームは、そのまんま目覚まし時計のように使えるし、
フォトアイコンをタップすると
自動的にフォルダ内の画像を再生していく。(ただし無音)

ミュージックアイコンは、そのまんまミュージックアプリが開くので
音楽を聞いたりインフィニートボタンから
YouTubeを見たりといった事ができる。

ホームアイコンは、単純にホーム画面に戻るだけ。

icon icon
メニューボタンを押すと
「アラーム」、「アラームの追加」、「ドックの設定」の3つの項目が現れる。

アラーム類は、上記と同じ経路をたどるだけで、
「ドックの設定」というのも、ただドックの音声の設定をいじるか、
Xperia PLAYがクレートルにくっついたときに音を鳴らすかならさないかの
簡単なもの。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

icon
えーと、まぁせっかくなので、SonyEricssonつながりで
マルチメディアドック「DK300」からステレオミニプラグのオスメスを用意して
Xperia PLAYをメディアスピーカースタンド「MS430」につないでみる。

これで迫力の音が出てくればいいのだけど
さすがに音質も音のレベルもショボショボ。
これならもうXperia PLAYからのスピーカーの音のほうがいいやという感じ。

外部に音声を出せるのなら、
いっその事ドックスピーカー「TW-D7WM」につないでみたい気分。

マルチメディアドック「DK300」は単純にXperia PLAYを載せておく土台にすぎないのだけど
載せておくと充電出来るってのは確かに楽だし
いつもの置き場所があると、いざという時にどこだどこだ?と探さなくてすむし
ちょっとしたアラーム時計のようになるのも便利。

もうXperia PLAYに限らず
いっその事Xperia arcやacroにも対応したクレードルを作って
出してくれたらいいのになーとふと思った。

・Xperia PLAYに搭載されている“テザリング”機能を試してみる。
・Xperia PLAYで、プレステとかモロモロのゲームを遊んでみる。
・Xperia PLAYのホワイトがついにやって来たのでまずは外観レビュー。
・SonyEricsson製メディアスピーカースタンド「MS430」を使ってみた。
・Xperia(Android)と連動させて超絶におもしろいソニエリ製の“LiveView”



Twitterボタン
最新ネタは、Twitterでつぶやき中!ID:kunkoku

iconicon

【TOPページへ】


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/51921841
この記事へのトラックバック
今日のUstreamの告知。 今日の夜、4月16日(土)22時30分頃から 「Ustreamの生配信」を開始予定です。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 話の内容は以下(予定)です。 Xperia PLAYもそこそこ触って慣れてきた。 プレステのゲームを追加でダウンロード
4月16日(土)22時30分頃からUstream配信。お題はXperia Play、VAIO SB、そして復活のGT5レース!【ソニーが基本的に好き。】at 2011年04月16日 17:10
この記事へのコメント
始めまして
xperia playでLiveWareのモニタのやつって使えますか?
Posted by ソニエリ at 2011年04月18日 11:11