2011年04月19日

Xperia PLAYに使えるアクセサリーをいろいろ試してみる。

icon
Xperia PLAYには純正のアクセサリー以外にも
いろいろと使える物があるのでそれの紹介。

まずは、予備バッテリー。
普通にスマートフォンとして使うなら別に気にしなくていいのかもしれないけど
ゲームしてるとやっぱりバッテリーの消費が激しそうなので
予備バッテリーがあると安心かも?という事で。

icon icon
icon icon
純正ではないけど、
Xperia PLAY付属の標準バッテリー「BST-41」とまったく外観のサイズは同じ物で
容量が1950mAhと高容量なのがウリ。

型番:QL-6911A
電圧:3.7V
容量:1950mAh

通常の純正バッテリー「DST-41」の容量1500mAhと比べて
450mAhも容量が多いからその分バッテリーの持ちにも貢献してくれるはず。

icon icon
バッテリーチャージャー「EP900」で充電する事も確認、
一つバッテリーをメインで使ってる時に
予備に充電する場合にはやっぱりコレが役に立つ。

Xperia PLAY本体に装着する時は
表裏どっちでもハマってしまうけれど
+と−を間違えないように注意。

見た目に純正じゃない感を漂わせまくって微妙にアレだけど
カバーを元通り閉めてしまえばいつものXperia PLAYに戻るからまぁヨシとしておこう。

まだ装着したばっかりで
今のところどれくらいのバッテリーのもち具合なのかわからないけれど
バッテリー監視アプリを入れてしばらく様子を見てみよう。

ちなみに、Xperia PLAYとXperia X10のバッテリーも同じで
ぶっちゃけ、そっちで共有してしまえば良いという話もある。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

それから、Xperia PLAYを入れるケースはというと、
何しろ見た目のスタイルとサイズがPSPgoiconとかなり近い事もあって
PSP goのケースがそのまま流用できる。

icon icon
一番手っ取り早いのは、「PSPgo用ポーチ&ストラップ」で、
ナイロン地の口の開いたケースにただズボっと入れるだけで
ひとまず持ち運ぶ時に本体をガードできる。

少し余裕があるからあんまり適当に扱ってると
ストッパーがなくて中身が飛び出してしまうかもしれないので注意。

このポーチにはホワイトカラーもあるので
せっかくXperia PLAYの本体をホワイトにしてるのだから
カラーを合わせるのもいいかも。

icon icon
もう一つは、
プレイステーションブランドの“PS Pictogram”と吉田カバン「PORTER」のコラボした
「PORTER×PS Pictogram」iconシリーズのPSPgoレザーケース「SCZX-93293」icon

外側に使われている素材は全部本革で
見た目の質感はかなりいい感じ。

ただ、かなりしっかりとした作りなので、
本体の大きさより一回り場所をとるほどに大型化するため
ちょっと仰々しいかもしれない。

・見た目クール&シンプルなPSPgo専用レザーケース。

−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−

icon icon
持ち運びの良さをデザイン性なら
buzzhouse design.製ハンドメイドフェルトケースのほうがいいよね
という事で、ハンドメイドフェルトケース for XPERIA SO-01B ブラック「bh-0034」を流用してみる。

Xperia X10ともほぼ同サイズで
Xperia PLAYの本体のほうが若干厚みがあるため
ケースに若干の膨らむけれどまぁ許容範囲。

icon icon
わざわざケースに開けられたイルミネーションランプを確認するための穴は、
Xperia X10とXperia PLAYでは位置が違うために機能しない点には注意。

MicroUSBやイヤホンジャック端子は
本体をケースに入れる向き次第でアクセス出来るので
ケースに入れたまま充電は可能。

icon icon
icon icon
次に、「ハンドメイドフェルトケース for iPhone4」を流用してみる。

もちろん厚みに関しては
iPhone4よりもXperia PLAYのほうがあるので
ケースに膨らみは出てしまうのは致し方ないけれど
Xperia SO-01B用のケースに開けられた上部の開口がないためか
こっちのほうがしっくりくる。

それとオレンジがチョイス出来るあたりもツボで、
ホワイトとオレンジのコンビネーションはなかなかいい感じ。

ちなみに、ハンドメイドレザーケース for iPhoneは
完全にiPhone専用に型押し加工がされていて
フェルト素材のような柔軟性がないのでまるっきり入らなかった。

<参考>
ハンドメイドフェルトケース for XPERIA SO-01B ブラック
当店販売価格:3,980円(税込)

ハンドメイドフェルトケース for iPhone 4
「bh-0034」

当店販売価格:3,980円(税込)

[送料およびお支払い方法]
●銀行振込・・メール便発送にて送料無料!(通常配送の場合は全国一律300円)
●代引き・・・送料、代引き代込み、全国一律500円

(ご注文はメールフォームにてお知らせ下さい。)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

icon
オマケに、
去年ソニーストア(旧ソニースタイル)で「Xperiaアクセサリーパック」というものを買った時に
購入特典でもらった「Xperia専用スタンド」。

単純に背もたれになる部分を開いてそこに置くだけのスタンドなんだけれど
SonyEricssonのロゴマークが入っているあたりがツボ。

Xperia PLAYをそのままでも立てかけられるし
コントロールパッドを開いたままで載せていても安定性が良いので
持ち運びついでに一緒に持っていくのも有りかも?

icon icon
さらに、
ELECOM製Bluetoothキーボード「TK-FBP013BK」
androidアプリ「BlueKeyBoard JP」を用意すれば、
Bluetooth経由でキーボード入力も出来るから、
その時の置き台としてちょうどいい感じ。
(この技は、Xperia arcにももちろん使える。)

・Xperiaに、VAIOの「リモートキーボード with PlayStation3」を使ってみる。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

また他におもしろいものあったら
探してみようっと。

・Xperia PLAYにピッタリなマルチメディアドック「DK300」とドッキング!
・Xperia PLAYに搭載されている“テザリング”機能を試してみる。
・Xperia PLAYで、プレステとかモロモロのゲームを遊んでみる。
・Xperia PLAYのホワイトがついにやって来たのでまずは外観レビュー。
・SonyEricsson製メディアスピーカースタンド「MS430」を使ってみた。
・Xperia(Android)と連動させて超絶におもしろいソニエリ製の“LiveView”



Twitterボタン
最新ネタは、Twitterでつぶやき中!ID:kunkoku

iconicon

【TOPページへ】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/51922684
この記事へのトラックバック
今日のUstreamの告知。 今日の夜、4月23日(土)22時30分頃から 「Ustreamの生配信」を開始予定です。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 話の内容は以下(予定)です。 まずは、Xperiaネタ。 Sony純正のMicroUSBケーブルやACアダプター、 Xperia PLAY用
4月23日(土)22時30分頃からUstream配信。お題はXperia、VAIO、Bloggie 3Dなど!【ソニーが基本的に好き。】at 2011年04月23日 21:16
この記事へのコメント
いつも楽しく記事読んでます!
私もXperiaPlay個人輸入で購入してみました!
届いた頃には、国内でも売っている店がでてきてびっくりでしたけど^^;

そして、同じくQL-6911Aのバッテリーも購入してみました!
このバッテリーどうです?
もちがいいかどうかはわからないのですが・・・
Playにいれて使用していると、私のところではスライドを勢いよく開いて閉じてをすると、必ず再起動がかかってしまいます

最初、Playの初期不良かとおもってショックだったのですが、
バッテリーを純正に戻すとなおっちゃいました
ためしに、通常のXperiaX10に入れてみると・・・
1度だけですが、メモリーが認識できなくなりました
フォーマットすると利用できるようになりました^^;

くんこくさんの利用状況を教えて頂ければうれしいです。。。
Posted by WAT at 2011年04月20日 08:42