2011年06月06日

ついに出てきた新VAIO Zシリーズ(Z21)のテキスト情報に猛烈に心踊らせる。(改訂)

iconicon
(画像は全てすでに販売終了となったVAIO Zシリーズ(Z1))

今年のCES2011の時に登場したVAIO S(SB/SA)シリーズ
新アーキテクチャ(SandyBridge)を搭載したモバイルVAIOとして登場したものの、
VAIO Zシリーズiconの後継機種らしきものはなく、
雰囲気的に、もう13インチクラスのVAIOは、VAIO S(SB/SA)シリーズに統合されちゃって
もうなくなっちゃうんじゃ?的な噂が立ち始め、
そんな予感が的中するかのように春にはVAIO S(SB)シリーズしか発表されていなかった。

そして、2010年2月に発売されたVAIO Zシリーズ(Z1)iconは、
2011年、今年の4月に販売終了を迎えてしまった。

その後もコレといった情報もなく
モンモンとした日々を送っていたけれど、
ついにヨーロッパのオンラインストアに、Z21という
まさにVAIO Zシリーズiconの後継機種ドストライクな情報が見つかった!

・New Sony Vaio Z speculation/news thread:Notebook Review

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

情報はテキストオンリーで
画像も何にもないけど、もうそれだけでもイイ!
VAIO Zシリーズの情報に飢えていた身としてはかなりうれしい!

わかっているモデルの型番は、
「Z21V9E/B」、「Z21L9E/B」、「Z21M9E/B」、「Z21X9E/B」の4つ。
それぞれをチェックしてみる。

0606e0606f

0606g0606h

ディスプレイに13.1インチ(解像度1600x900)を搭載、
webカメラに、"Exmor" CMOSセンサー、
3Dに対応したHDMI出力、USB3.0x1、USB2.0x1、
指紋センサー、WWAN(3G/HSDPA)SIMカードスロット、WLANを搭載
バックライト付きキーボード。

スペックは型番によって以下のようになる。

「Z21V9E/B」、「Z21X9E/B」
CPU   :Intel Core i7-2620M
メモリー  : 8GB DDR3 SDRAM
ストレージ :256GB SSD Flash SATA
ディスプレイ:13,1" LED 1600X900

「Z21M9E/B」、「Z21L9E/B」
CPU   :Intel Core i5-2410M
メモリー  : 4GB DDR3 SDRAM
ストレージ :128GB SSD Flash SATA
ディスプレイ:13,1" LED 1600X900

価格は、上から€2.839,00、€2.449,00、€2.199,00、€1.809,00となっていて
現時点(1ユーロ=117円)で単純にレート換算すると、
順に、約33万円、29万円、26万円、21万円前後という計算になる。

<6月7日午前1時追記>
さらに、ロシアのページにも同型番のVAIO Z21シリーズが発見されて
もう少し詳しい情報が判明。

・Sony VAIO VPC-Z21L9E, VPC-Z21M9E, VPC-Z21V9E, VPC-Z21X9E - 13,1-дюймовые ноутбуки на процессорах Intel Sandy Bridge

文章からわかる追加のスペックとしては、
内蔵GPUにIntel HD3000、外部GPUにRadeon HD 6700Mシリーズを採用、
そして、新MacBookProにいち早く搭載された
Thunderbolt(サンダーボルト)を搭載する。

また、重量にしても1.13kgと非常に軽く(数値があっていれば)
バッテリー駆動時間も最長で14〜15時間ももつ設計になっているらしい。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

iconicon
(画像は全てすでに販売終了となったVAIO Zシリーズ(Z1))

あくまでもまだ一部のスペックの内容しかわかっていないけれど、
ディスプレイは、Sシリーズで採用されている13.3インチではなく
13.1インチディスプレイを採用している時点で、
明らかにVAIO Zシリーズの正統な後継機種。

それに、ここでは解像度は1600x900しか表記されていないけれど
あくまでもこの4機種のモデルについての解像度でしかないし、
13.1型のパネルを採用しているのならば、
VAIO Zシリーズ(Z1)icon同様にフルHDパネル(1920x1080)は期待できる。

3Dについては、VAIO Fシリーズ(3D)のように
ディスプレイが3D立体視に対応という意味ではなくて、
HDMI出力から接続したディスプレイ(3D BRAVIAなど)に
3D映像を出力できるという意味だろう。

新しいものに変わったというポイントとしては、
もちろんUSB3.0にも対応して来てたり
webカメラが"Exmor" CMOSセンサーを採用してHD化しているといった部分の他に、
新MacBookProに搭載されて話題となったIntelの新技術Thunderbolt(サンダーボルト)を搭載。

FireWire 800ポートの12倍以上、USB 2.0ポートの最大20倍高速と言われる
10Gbpsとなる転送速度を持つのが特徴で、
「Thunderbolt」対応機器とつないで高速にやりとりができる以外に
DisplayPort、DVI、HDMI、VGA対応のディスプレイも接続できたり、
アダプタ経由でUSBやFireWire、Gigabit Ethernet、Fibre Channelネットワーク
といったものに活用する事もできる。

おそらく、USBは合計で2基に減っているも、
1基がThunderboltに置き換わったのが理由に違いない。

GPUについても、最初は、あれ?RADEON?と思ったものの
Radeon HD 6700Mシリーズは、Direct3D 11に対応するなど
非常に高い性能を誇っていてるし、
シームレスなスイッチャブルグラフィックスも可能で
今までのVAIO Zシリーズであったような内蔵GPUと外部GPUの切り替えが可能になり
それであれだけのロングバッテリーを可能にしているのだろう。



(画像は全てすでに販売終了となったVAIO Zシリーズ(Z1))

最新アーキテクチャをベースにして
Quickbootで高速起動が可能だったり非常にレスポンスよく動作していたり
周辺機器も対応しつつあるUSB3.0というものが
当たり前に搭載しているVAIO S(SB)シリーズが登場した時は、
一世代前のアーキテクチャとなってしまったVAIO Zシリーズ(Z1)iconからすると少し悔しい思いもしたけれど、
今回のテキスト内容だけでも、しっかりと新技術を投入して来ているのはわかるし、
そうではない外に持ち出してもフルHD(1920x1080)という高解像度で作業できる快適さや
VAIO Zシリーズしか持ち得ない、カーボン天板やアルミのパームレストなどから構成される
所有する事で満たされる満足感といった
開発者の想いがつまった最高のモバイルとしての魅力を汲みとって手に出来る魅力は大きく、
正統に進化したVAIO Zシリーズ(Z21)iconの登場という情報はこれまでにないほどにうれしい。

スマートフォンやタブレット端末が多様に出てくる中、
それでも母艦となるPCが必要となるわけで、
そこに移動要塞とも言うべきサイズと高レスポンスを高い次元で両立して
かつ、自分の手にある高揚感を感じながら使えるPCとして
VAIO Zシリーズiconは、自分のハートをガッチリキャッチしてやまない。

まだ、外観デザインは不明だけれど、こればっかりは期待せざるをえない。
そんなくらいにテンションマックス状態。

まぁ、まだ気になる部分もたくさんあって
でも少しづつ点と点が線になりつつある気がする。。


注意)未確定要素と未確認の情報が多く、予想の範囲を脱していないません。
    かなり贔屓目に良いように解釈しているかもしれないのでそのあたりは客観視して下さいm(__)m


<7月5日追記!新VAIO Zシリーズ国内発表!>

●VAIO史上最強のパフォーマンスと妥協のないモビリティを持ったVAIO Zシリーズ!(前編)
●VAIO史上最強のパフォーマンスと妥協のないモビリティを持ったVAIO Zシリーズ!(後編)

新しく発表されたVAIO Zシリーズは、実際の受注が行われる際の混雑を避けるために
[先行予約エントリー]を採用。

1年前のZシリーズの時も、アクセス過多によるサーバーダウンに見舞われて
購入ページすら開かないという最悪のケースを避けるためにも
せっかく買えたとしても、納期がはるか先になってしまったりしないためにも
購入する気があってもなくても、まず真っ先にエントリーを済ませておく事を本気でオススメ!
⇒[最速Entry]



Twitterボタン
最新ネタは、Twitterでつぶやき中!ID:kunkoku

iconicon

【TOPページへ】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/51935668
この記事へのトラックバック
さんざん妄想しまくったVAIO Zシリーズの後継機種は、やはり「Ultimate Mobile PC」だった! Sony ヨーロッパで新VAIO Zシリーズ正式発表! ・Ultimate performance and design: ultra-mobile new VAIO Z Series from Sony weighs under 1.2kg タイトルを直訳すると ”究
ついにヨーロッパで発表された「NEW VAIO Z Series」=「Ultimate Mobile PC」(随時更新中)【ソニーが基本的に好き。】at 2011年06月28日 12:12
1 :[Fn]+[名無しさん]:2010/11/27(土) 22:14:26 ID:7wmyS9RS 一応立てた 前スレ 【VGN-SZ54B/B】VAIO type S 【VGN-SZ74B/B】 http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/notepc/1191447246/ 12 :[Fn]+[名無しさん]:2010/12/23(木) 12:02:43 ID:cB55GNN6 Sのピ
SONY VAIO S Part2【最速ノートPC激安情報】at 2012年05月29日 08:46
この記事へのコメント
震災の影響で遅れていたけど、お待たせしました
今月末からいよいよ生産再開ですよ〜
Posted by hide@320i at 2011年06月06日 22:09
愛を感じますよ!
Posted by rexer at 2011年06月07日 11:30
やはり新 Z Series はあったのですね。

Z11 を購入しそびれてがっかりしていましたが
待っていた甲斐がありました。
Posted by VAIO Z 復活希望 at 2011年06月07日 12:29
気持ち分かりますw
type sが出てもどうしても食指が動かないのは、
やはり、今のtype zが軽くて高性能でスタイルもいいからなんですよねぇ。。

これは正座して待たねば!
Posted by micchong at 2011年06月08日 13:30
>hide@320iさん
ようやくこれから期待増ですねw楽しみです!
Posted by kunkoku at 2011年06月13日 09:59
>rexerさん
うはは、わりがとうございますw
Posted by kunkoku at 2011年06月13日 09:59
>Z 復活希望さん
z1時リーズを持っている自分ですら、その後継がない事にイライラしてましたから(^^ゞ
でも、もう出てくる事がなによりもうれしいですw
Posted by kunkoku at 2011年06月13日 10:01
>micchongさん
Sシリーズは、とても良く出来た優秀なマシンだと思うのですが、
もうあのZシリーズを知ってしまうと後戻りできないと言いますか。。
いったいどういう風になるかわかりませんが楽しみに待ちましょうw
Posted by kunkoku at 2011年06月13日 10:04