2011年06月22日

SonyEricssonから、薄さ9.4mmの「Xperia Ray」、防水・防塵仕様の「Xperia Active」発表!

0622c
シンガポールで開催中の通信関連イベント「CommunicAsia 2011」で、
なんとSonyEricssonから2つのスマートフォンと1つのフィーチャーフォンが発表された!

・CommunicAsia – New Xperias, Feature Phone and Smart Extras
・CommunicAsia2011
・MX PHONE

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

そのひとつは、「Xperia Ray」
コードネームを”Urushi”として呼ばれていた端末で、
記事によると、ディスプレイサイズ3.3インチのやや縦長のボディに
厚みがわずか9.4mmという薄いボディとなっているのが特徴的。

OSはAndroid2.3、CPUは1GHzシングルコア。
0622e
3.3インチディスプレイの解像度は854 × 480、
くっきり鮮やかに映像を表現できる「モバイルBRAVIAエンジン」や
暗がりの撮影に活躍する810万画の
素裏面照射型CMOSセンサー“Exmor R for mobile”を搭載、
正面側にも30万画素のカメラを搭載する。
バッテリーは、1500mAh。

カラバリは、ホワイト、ブラック、ピンク、ゴールドの4色。

発売時期は今年2011年第三四半期と言われていて、
このモデルはコードネームからもわかるとおり日本での発売も予定されていて、
NTT docomoから「SO-03C」として登場する予定。





「Xperia Ray」は最近になって頻繁にリークされていた
”Urushi”だったのでデザインは想像がついたけれど
より鮮明が形とカラバリの展開が見えてきた。

Xperia miniよりは大きく、
でもXperia arc(arco)よりはコンパクトで薄く
縦長に持ちやすいスタイルになっている事とカラバリの展開からしても、
かなりオシャレな雰囲気に出来上がっていて個人的には好印象。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

0622d
それから、もう1機種が「Xperia Active」。
こちらに関しては全く寝耳に水というか、
コードネームも画像すらも見かけなかったモデルで
”Active”というだけに、アクティブに行動したいという欲求うを重視して防水・防塵仕様。

IP規格の「IP67」に準拠、
粉塵の侵入が完全に防護されていて、
かつ水深1mに30分間入れても大丈夫な状態を保つ。

画像で見るとデカそうだけど、
ディスプレイサイズは3インチ(320x480)で比較的コンパクトな大きさで
ディスプレイ周辺にはシルバーのアームがグルっと囲み
本体の右下に位置する部分は大きくストラップホールが見える。

0622f
GPSや気圧センサー、パルスウォッチ、歩数計などと
スポーツ向けのアプリケーションとを組み合わせて
よりアクティブな使い方が出来るというのがウリになっている。

OSはAndroid2.3、CPUは1GHzシングルコア。

下に映り込む影を見ると
背面がブラックでオレンジのラインが入っていて
壁紙と連動しているのがわかる。
それと、画面の4角にminiやmini proと同じく
ショートカットのドッグがあるのも確認できる。

発売時期は、こちらも今年2011年第三四半期と言われている。



この寝耳に水な「Xperia Active」は、
防水・防塵仕様になっていて
このコンパクトさとガシガシ持って出かけても大丈夫というコンセプトはいいかも。

デザインは何気に、ソニーのポータブルナビ“nav-u”に似てるなというか、
もともとソニーからは防水仕様のサイバーショットやケータイも出てきていたし
そういった流れとしてはおもしろそうなんだけど
こっちは日本での発売は示唆されてないみたいで残念。

というか、まぁこれだけXperiaファミリーが増えまくると
もう一体何がなにやらという状態になりかねないけど
まだ他にもXperia duoって噂もあるしね。。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
0622g

それと、フィーチャーフォンという扱いで
「SonyEricsson txt」という端末も存在していて、コードネームは“Mugua”

QWERTYフルキーボードを搭載し、
SMS用のショートカットキーなども配置されていて
上位5人の友人のTwitterやFacebookを即座にフォローできるアプリを付属。

ディスプレイは約2.6インチで解像度は320x240、
約320万画素CMOSイメージセンサーのカメラを搭載する。

カラバリは、ホワイトとブラック、ピンク、ブルーの4色。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

0622h
そして、SonyEricssonのblogに公開されていた
Xperiaを置くための「LiveDock」!

画像では、Xperia arcがどの「LiveDock」に置かれていて、
MicroUSBから電源を供給している様子がわかる。

これは、おそらくXperia PLAYのマルチメディアドック「DK300」のような
専用のクレードルと同じような役割と果たすものだと思われ
セットすると、置き時計のように日時や天気を表示したり
「アラーム」、「スライドショー」、「ミュージックアプリ」といったアプリを
起動させる事ができるのだろう。

これはぜひ国内でも出して欲しい!
ちょうどXperia arcをいつも置く定位置にできそうでものすごく欲しいw

・Xperia PLAYにピッタリなマルチメディアドック「DK300」とドッキング!



Twitterボタン
最新ネタは、Twitterでつぶやき中!ID:kunkoku

iconicon

【TOPページへ】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/51940093