2011年06月23日

ソニーのUSBメモリーPOCKET BIT“ポケットビット”により小さいPシリーズ!

icon
ソニーのUSBメモリー POCKET BIT“ポケットビット” に
新シリーズUSM-Pシリーズが登場。

従来あるUSB端子をノックスライド式のUSM-LXシリーズを
さらにコンパクトにしたタイプで、
PCに差し込んだ場合でも飛び出し部分が47.4mmと少なくて邪魔にならない小ささ。
(USM-LXシリーズでは53.0mm。)

データ転送中などのアクセスしている際には、
本体の後方部分にあるLEDがオレンジ色に点滅、
発光部がクリアパーツなのでどの方向からでも視認できる。

ドラッグ&ドロップで、ファイルを暗号化して保存できるファイル暗号化ソフト「LBファイルロック2」付きで
暗号化方式AES(256ビット)にも対応、
PCへのインストールなしで手軽にかつ安心して使える。

また、データ復旧ソフト「メモリーカード ファイルレスキュー」や
ビデオクリップ自動作成ソフト「x-Pict Story」をダウンロードできるサービス付き。

容量は、4GB、8GB、16GB、32GBの4種類で
4~16GBまでがブラック、レッド、ホワイト、ブルーの4色のカラバリ、
32GBがブラック、レッドの2色のカラバリとなる。

icon
USBメモリー“ポケットビット” USM-Pシリーズ
「USM32GP」【32GB】 ブラック/レッド
ソニーストア販売価格:7,280円(税込)

「USM16GP」【16GB】 ブラック/レッド/ホワイト/ブルー
ソニーストア販売価格:3,980円(税込)

「USM8GP」【8GB】 ブラック/レッド/ホワイト/ブルー
ソニーストア販売価格:2,280円(税込)

「USM4GP」【4GB】 ブラック/レッド/ホワイト/ブルー
ソニーストア販売価格:1,380円(税込)

−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−
icon
USBメモリー“ポケットビット” USM-LX(A)シリーズ
「USM64GLX」 【64GB】 パールホワイト

ソニーストア販売価格:16,800円(税込)

また、USM-LX(A)シリーズには、
64GBという大容量が追加登場。

読み出し速度 最大31MB/sという高速タイプのUSBメモリーなので
容量が大きくてもファイルの読み出しも手間取らない。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
icon
ワイヤレスキーボード「CECH-ZKB1JP」
ソニーストア販売価格:5,000円(税込)

SCE製のPlayStation3周辺機器としてBluetooth「ワイヤレスキーボードも登場。

19mmのフルサイズキーピッチを採用しながらもムダのないデザインで
よりコンパクトに収まったキーボード本体。

外形寸法は290×120.4×25mm(幅×奥行き×高さ)
重量は約470g(電池含む)

0622n0622m
中央にあるスティックポインターでPlayStation3のXMBを操作したり
webブラウズ用のポインターとしても利用可能、
右下には、PSボタンを備えていて、ワイヤレスコントローラーと同じ操作で
PlayStation3の電源の入/切もできる。

Buluetoothの対応プロファイルは、HID (Human Interface Device)となっていて
PCなどのHIDプロファイル対応製品とペアリングして利用が可能。
(マルチペアリングに対応しているかは現時点では不明。)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

icon icon
また、ブルーレイディスクメディアにも
高速転送や大容量を謳い文句にした新シリーズが登場。

高速性がウリの1層・6倍速BD-R(25GB)でも
50枚スピンドルケースだと7,980円(税込)と
もう1枚あたりの単価が約159円程度と
出始めの頃には考えられないほどに安くなってきた。

それと、3層・4倍速BD-R(100GB)
たったの1枚のディスクに100GBという大容量を詰め込める。

もちろん単品でも4,980円と割高ではあるけれど、
大切なデータが複数枚に分割されずに1枚にまとまるというメリットもある。

繰り返しが可能なBD-RE1層・2倍速で、
用意されているのは25GBで50枚パック、50GBで10枚パックなどがある。




Twitterボタン
最新ネタは、Twitterでつぶやき中!ID:kunkoku

iconicon

【TOPページへ】



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/51940293