2011年07月14日

3Dや60PのHDD/BD記録が可能になった超コンパクト化したBDレコーダー!

icon
ソニーのブルーレイディスクレコーダーのラインナップのうち、
エントリーモデルに2機種新モデルが追加。

・3D動画・静止画や60p動画の保存、編集、ダビングができる
3D対応ブルーレイディスクTMレコーダーのエントリーモデル2機種発売
〜長時間録画や3Dソフト再生をさらに美しくする新画質機能も搭載〜


エントリーモデルという位置付けながら高画質化回路が進化、
ダブルチューナーとおでかけおかえり転送を搭載したモデルも新たに投入された。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
0714d
従来モデル同様に3Dに対応していて、3D立体視映像を再生してみるだけでなく
3Dで放送する番組を保存しておいていつでも見られる。

そして、ハイビジョンビデオカメラの動画記録再生フォーマット「AVCHD」の拡張規格となる
「AVCHD Ver. 2.0」にも対応して、例えば3Dハンディカム「HDR-TD10」で撮影した3D動画を
レコーダーを介してBDへの直接保存できるだけでなく、新たにHDDへ取り込む事もできるようになった。

さらに、ハンディカムに搭載される
より滑らかに動画を記録する「1080/60p」(PSモード)で撮影した動画に関しても、
HDDへの取り込みとBD保存が可能になった。

他にも、サイバーショットやデジタル一眼カメラ“α”で撮影した
「3D静止画」「3Dスイングパノラマ」
本体HDDへの取り込みにも対応になった。

取り込み方もとても簡単で、カメラをUSBケーブルでレコーダーとつなぎ
本体の全面にある「カメラ取り込み」ボタンをポチと押すだけで映像をHDDに取り込める。

0714e
それから、新画質機能を搭載してさらなる画質の向上。

ひとつめは、録画用回路に長時間でも高画質のフルハイビジョン録画ができるようになる
「インテリジェントエンコーダー3」

映像信号を解析して、風景や夜景、動き、人物といったシーンを特定して
そこに最適なエンコーディングを可能にする「シーン解析エンコーディング」を新しく採用することで
録画画質の精度向上。
人の顔に効果的にデータを割り当てる「ビジュアルアテンション」技術とあわせて
見た間隔が自然で高画質な長時間記録が可能になった。

そしてもうひとつは、
ハイビジョンテレビを美しくする高画質回路に3Dにも対応した“CREAS 4”

ハイビジョン映像をさらに美しく再生する高画質回路として備わっていた“CREAS”が
“CREAS 4”へと進化して、「ブルーレイ3D」や3D番組といった3D映像再生にも対応。

最適な画質設定を簡単に選べるモードを新たに搭載して、
好みで、輪郭、精細感、超解像、クリアブラックなどのきめ細やかな画質調整も可能になった。

映像を解析して画素単位で最適な処理を施す「HDリアリティエンハンサー」、
14bit相当の高階調で出力する「Super Bit Mapping for Video」といった機能とあわせて、
HDMIでつないでハイビジョンテレビにくっきりでなめらかな映像を映しだす事ができる。

0714f 0714g
また、スマートフォンとの連携としては、
すでに利用できるようになっているwebアプリの「テレビ王国Chan-Toru」に加えて、
Androidアプリ「Koe-Kara」との連携も強化。

「テレビ王国Chan-Toru」は、外出先からの録画予約が出来たり
録画済みタイトルを整理したり、録画ランキングが見られるアプリ。
室内であれば、録画したタイトルを再生したり早送り、お気に入りシーン再生といった
リモコン的な使い方もできる。

Androidアプリ「Koe-Kara」では、Google音声検索を利用して、その候補が表示されて
そこから選択して絞り込んでいけるので、より検索が楽なアプリ。

・TV番組録画アプリ「Chan-Toru」を使ってXperia、iPhoneからBDレコーダーへリモート予約!

0714h
外観も本体がかなりコンパクト化!

「BDZ-AT750W」はダブルチューナーを搭載しつつも、
高さ49.5mmとラックの中でもスリムに収まるほどの薄型化。

「BDZ-AT350S」は、高さ49.5mmという薄さに加えて
なんと奥行きがたったの233mmしかないというコンパクトさ!
ここまで小さくなると、一般のブルーレイディスクプレーヤー並の大きさでしかなくて
寝室や個室といったプライベートルームにも気軽に置けてしまう。

もちろん、「瞬間起動モード」の約0.5秒起動や「標準起動モード」でも最速約6秒起動も可能で、
よく使う時間帯(1日計6時間)を学習して
それ以外の時間帯は待機消費電力の低い「標準起動モード」(約0.19W)に自動で切り替えるという
省エネ機能を備えている。
もっと消費電力を落とす待機時消費電力を約0.07Wに抑えた「低消費待機モード」も選べる。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<新ブルーレイディスクラインナップ>
icon
ブルーレイディスクレコーダー【500GB・シングルチューナー】
「BDZ-AT350S」

ソニーストア販売価格:64,800円(税込)
ソニーポイント:3%(1,944ポイント)
8月6日発売予定、先行予約受付中
icon
ブルーレイディスクレコーダー【500GB・ダブルチューナー】
「BDZ-AT750W」

ソニーストア販売価格:84,800円(税込)
ソニーポイント:3%(2,544ポイント)
8月6日発売予定、先行予約受付中

「BDZ-AT350S」は、シングルチューナーで
「BDZ-AT750W」は、ダブルチューナーを搭載。

2番組同時にAVCHDに録画可能で、
「おまかせチャプター」や「おでかけ転送」の動画ファイル作成も
AVCHD録画中に2番組で可能になっているし
さらに、2番組を録画している最中でも
BDを再生したり、HDDからBDへの高速ダビングができるようになるなど
いわゆるマルチタスクが可能になって、
いちいち使う時にあれが出来ないこれが出来ないと
BDレコーダー都合で使う側が我慢しなければいけない事もない。

それから、「BDZ-AT750W」にのみ
録画した番組をPSPやナブユー、ウォークマン、ケータイに転送して
持ち出して見る事ができる「お出かけ転送」を搭載する。

VGA画質(640×480、2Mbps/1Mbps)での出力に対応してるので、
例えば、ウォークマンに転送して、そこから専用ケーブルを使ってVGAで出力させて
さらに別のモニターで見るといった事も自然に出来る。

ただし、今回のモデルはあくまでもエントリーモデルで
LANケーブルでつないだスカパー!HDからの録画や
「ソニールームリンク」に対応したBRAVIAやPS3で
BDレコーダーに録画した番組を他の部屋から見るといった
ネットワーク機能は省かれているので注意。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

あくまでもエントリー向けのモデルの2機種が発表になっただけで、
おそらくはハイエンドモデルはこれ以降改めて発表されるはず。

と、もちろんリビングに置くのならハイエンドモデルがいいに決まってるのだけれど、
例えば書斎や寝室、子供部屋に置きたいと思ったときに
ただ安いだけじゃなくて、小さくて設置しやすいといったモデルも必要。

それに、今までのラインナップだと、
「BDZ-AT300S」が一番やすくて、500GB、シングルチューナーで、
せっかくならダブルチューナーが良いよね?と思ったら
その一つ上の「BDZ-AT500」になると、
せっかくダブルチューナーになっても今度はHDD容量が320GBに減ったりして
ちょっぴり納得がいかず、結局「BDZ-AT700」を視野に入れるというパターンだった。

でも、今回はシンプルにダブルチューナーを内蔵する「BDZ-AT750W」が
ラインナップに加わったのはいいかもしれない。
(おでかけおかえり転送も付いてるし。)

それから、
3Dハンディカムと「1080/60p」(PSモード)にも対応してHDDやBDに残せるようになったのも
せっかく今年の新しいハンディカムを買っても、その最たる超高画質を残す術がないのはおかしいでしょ?
と思っていただけに、これはうれしい進化だと言える。

これはこれでいい感じにブラッシュアップして来てるので、
さらなるハイエンドモデルを期待して待っていよう。



Twitterボタン
最新ネタは、Twitterでつぶやき中!ID:kunkoku

iconicon

【TOPページへ】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/51945668