2011年07月28日

SonyEuropeで新ウォークマン「A860、S760、E460、W260シリーズ」発表!

0728b

・ウォークマンAシリーズの後継機種と思われる「A860シリーズ」が海外で発表!
というのが出た後に、
今度は、ヨーロッパのSony公式サイトで新ウォークマンを発表!
まるで、VAIO Zシリーズiconが発表された時のパターンとまるで同じように…。

・Walkman goes wireless:Sony Europe

0728c
今回発表された最上位モデルとなるのは、「A860シリーズ」で
先日情報が出てきたモデルそのもので、
操作系のハードウェアキーをなくし、ホームボタンと2.8インチのディスプレイにタッチパネル
となった「X1000シリーズ」と同じようなスタイルを持つ。

5つのクリアオーディオテクノロジーに加え
新世代の「S-Master MX」というデジタルアンプ技術を搭載する。

また、Bluetooth 2.1+EDRを搭載していて
ワイヤレスのストリーミング再生に対応、
FMラジオ、カラオケ機能、ノイズキャンセリング機能
歌詞表示やiTunesとの同期などに対応する。
0722d
対応するオーディオファイル形式は、
MP3、WMA(Non-DRM/DRM)、AAC - LC(DRM非対応)、リニアPCM。
対応ビデオファイル形式は、MPEG4、AVC(H.264/AVC)、WMV9。

バッテリーライフは音楽再生で最大23時間、動画再生で最大5時間、
1時間で80%充電、2時間でフル充電となる。

本体サイズは51.8×96.9×9.3mmで、質量は77g。
付属のヘッドホンは、「MDR-EX0300」となる。
0728d0722b
ラインナップは、
NWZ-A867:64GB、NWZ-A866:32GB、NWZ-A865:16GB、NWZ-A864:8GB
カラーリングは、ブラックとホワイトの2色展開となる。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

0728g
「S760シリーズ」は、
4つのクリアオーディオテクノロジー(クリアベース、クリアステレオ、DSEE、EXヘッドフォン)と
Bluetooth 2.1+EDRのワイヤレスでのストリーミング再生に対応、
FMラジオも搭載する。

ディスプレイサイズは2インチで
本体サイズは、43.6×97.5×7.9mm、質量は57g。
付属のヘッドホン「MDR-EX083」。

バッテリーライフは音楽再生最大50時間、動画再生最大10時間、
1.5時間で80%の充電、3時間でフル充電となる。

また、オプションとしてBluetoothヘッドセット「MDR - NWBT10」も用意されていて
ワイヤフリーなリスニングスタイルも楽しめる。

ウォークマンからでもPCかでも充電可能で4時間駆動し、
ウォークマンをポケットやバッグに入れていても
ボリュームや再生/一時停止/次/前のトラックの選択といった操作もできる。
0728i0728j
ラインナップは、
NWZ-S765:16GB、NWZ-S764:8GB、
非常に多色展開となっている。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

0728e
「E460シリーズ」は、
クリアベース、クリアステレオとDSEE、新EXヘッドフォンのクリアオーディオテクノロジーを持ちながら
本体サイズ45×96.8×9.7mm、58gという小型がウリのモデル。

バッテリーライフは音楽再生最大50時間、動画再生最大10時間、
1.5時間で80%の充電、3時間でフル充電となる。
0728h0728f
ラインナップは、
NWZ-E464:8GB、NWZ-E463:4GB、
5色のカラーバリエーション。

Sシリーズにあったスピーカー付属モデルも用意する。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

0728n
「W260シリーズ」は、
直接耳にかけるヘッドセット型のモデルで
前モデルよりも25%軽量化しながらも、さらに快適なフィット感を保ちつつIPX5の防水性能を誇り、
スポーツやアクティブなライフスタイルにも利用できるのが最大の特徴。

フル充電では8時間駆動ができ、
3分間の充電で1時間使えるといった高速充電も可能。
0728k0728m
ZAPPIN機能も搭載していて、メニューやプレイリスト内で検索に手間をかけず
それぞれのトラックをプレビューしてくれて、音楽をすばやく探す事ができる。

ラインナップは、
NWZ-W263:4GB、NWZ-W262:2GB
ビビットカラーも含めた4色展開。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

0722c
ウォークマンの現行A、S、E、Wシリーズがモデルチェンジしたかのような
ラインナップ展開。

さすがに、Aシリーズは従来のモデルとは異なって
いたるところに進化が見えて、
本体のアルミの素材感やタッチパネルとなった操作感、
Bluetooth内蔵といった具合に非常にブラッシュアップされている。

後は、非常に気になるのが、
新世代の「S-Master MX」というデジタルアンプ技術で
これがさらなる高音質化を果たしたものなのか?非常に興味がそそられる。

それに、デジタルノイズキャンセリング機能については
この発表記事には全く触れられていないし
はたして国内での発表されるモデルはどういったものになるのか?
今からとても気になる。



Twitterボタン
最新ネタは、Twitterでつぶやき中!ID:kunkoku

iconicon

【TOPページへ】






この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/51949257
この記事へのコメント
w260イイですね!買います
wシリーズは、防水になってから格段と利便性が向上したと思います。
もう少し軽くなれば良いと思ってたんで今回のモデルチェンジは嬉しいです。
Posted by くろろ at 2011年07月28日 23:45
スゲー!!A860とかいくらなんだろ?
絶対買うぞ!
Posted by Bankusu at 2011年08月19日 22:38
>くろろさん
Wシリーズは何気に進化してきましたねw

>Bankusuさん
A860シリーズは、そのまま国内でとは思いにくいですけど
デジタルノイズキャンセリング機能を搭載して出てきてくれるとうれしいかもですw
Posted by kunkoku at 2011年08月22日 17:59
自分COWONとか使ってるけど Aシリーズの新しいアンプとかめっちゃ気になります

あと上位モデルにイヤホンつけないでその分安くしてほしい・・・
それと専用イヤホンじゃないとノイキャン機能使えないのは嫌なんでその機能剥いで安くしてくれたらいいなーってかなり前から思ってたり
Posted by もさもさ at 2011年08月24日 21:50
>もさもささん
もうそろそろ国内でも発表してくれてもいいんですけどねーw

イヤホンの有り無しについては
よくソニーストアでやってくれてたので
新モデルが出たらそういう展開もやってほしいですねw
Posted by kunkoku at 2011年08月29日 10:02