2011年09月27日

今までの大型ノートPCの不満を一挙に覆す、大画面モバイルVAIO S(SE)シリーズ!

icon
モバイルをコンセプトとするVAIO Sシリーズは、
13.3型のフットプリントで、性能差からSAシリーズ、SBシリーズと分かれているけれど、
今回は、このSシリーズで15.5型というサイズのSEシリーズが登場。

・驚きの薄さと軽さを実現した大画面モバイル、VAIO S(SE)シリーズ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

14型や15.5型、16.4型といういわゆるA4サイズと呼ばれるスタンダードなVAIOノートは、
既にCシリーズ、Eシリーズ、Fシリーズがラインナップしているのに
何故に同じカテゴリーにVAIO S(SE)シリーズを投下する必要があったのか?

おそらくそれは、
A4ノートサイズがスタンダードゆえにつきまとう不満点というものが起因するのかもしれない。
というのも、確かに15.5型というサイズのA4ノートで考えると、
普通に本体も大きくて、重量もかなりので
持ち運び出来るとは言えそんなに楽ではないし
バッテリー駆動にしても思った以上に持たない。

そう考えると、モバイル性能をもったノートというのは、
あながち的外れなモデルではないとも言える。

0927c
まず、その見た目は、液晶ディスプレイが15.5型になったというだけで、
そのままどこをどう見てもVAIO S(SA/SB)シリーズそのまんま。

S(SE)シリーズのサイズは、横約380mm、奥行き255.9mm、高さ24.5mm。
ちなみに、
Cシリーズ[15.5型ワイド]は、横約375.1mm、奥行き250.9mm、高さ31.3〜39.8mm。
Eシリーズ[15.5型ワイド]は、横約369.8mm、奥行き248.4mm、高さ31.3〜36.8mm。

フットプリントはほぼ同等ながら
厚みを24.5mmにまで抑えたフラットな薄型ボディで、
パームレストはアルミニウム合金、外部筐体はマグネシウム合金を採用して
断面を六角形の構造とすることで堅牢性を維持しながら、
最軽量値で1.87kgと劇的に軽量化している。

Cシリーズ[15.5型ワイド]が2.85kg、Eシリーズ[15.5型ワイド]が約2.7kg
と比べてもなんと1kg近くも軽いという事になる。

また、画面を開いた時でもヒンジが見えないデザインになっていて
大画面になってもSシリーズのスリムボディは変わらず。

0927d
液晶ディスプレイは、15.5型とただ大きいだけではなくて、
きちんとフルHD(1920x1080)の高解像度を持っていて、
広々とした作業領域からくる使いやすさもあるし、
他のA4ノートにはない、低反射コート処理で光の反射を抑えて
視認性の高さを確保しているという点もかなりのアドバンテージになる。

0927e
アクセサリーとして、3Dパネル「VGP-FL3D15A」をディスプレイに装着すれば、
3Dメガネを使わずに、3Dの映像や写真を楽しめるのもおもしろい。

0927f
それと、そのフットプリントの広さをいかして
10キーを搭載されていたり、
照度センサーが周囲の明るさを検知して、
暗がりでのタイピング時にはキートップが光るバックライトキーボードにもなっている。

0927g
バッテリーも内蔵式で約6.5時間
かつ、約20分の充電で1時間使え、約1.5時間で80%の5.2時間使える急速充電や
電源OFF時のバッテリーの待機時間が約2週間だった従来のものから最大約3.5ヶ月と長く
まずここだけを見ても通常のA4サイズのノートよりもスタミナ性能に優れているだけじゃなく
その運用方法に関しても便利になっている。

さらに13.3型のSシリーズと同じように、
別オプションとして用意された拡張バッテリーを本体底面に装着すれば
最長で約13時間の長時間駆動が可能になるし、
きちんと、充電する時は内蔵バッテリーを優先、放電する時は拡張バッテリーから
いった効率性もそのまま利用できる。

0927h
もちろんSシリーズの最大の特徴ともいえる「パフォーマンス・スイッチ」も搭載、
CPU内蔵のGPU(インテル HD グラフィックス 3000)と
外部GPU(AMD Radeon HD 6630M)とを切り替えて
OSの再起動なしに使う用途によって使い分けられる。

0927j
また、A4ノートといえば、
だいたい決まってストレージはHDDしか搭載できず
モバイルVAIOに搭載されたSSDの恩恵にはあずかれなかったものの、
このVAIO S(SE)シリーズでは、
他のSシリーズと同じく、クアッドSSDでしかも最大1TBまでの搭載が可能になっている。

クアッドSSDのパフォーマンスは、
HDD比で約9.1倍と驚異的な高速性能を持っていて
これだけでも、アプリの読み出しや
データの出し入れ、細々としたレスポンスが大幅に速くなる事を体感できる。

それに加えて、「Quick Boot機能」も備えていて
BIOSや起動時のタスク時間を高速化したことで
SSDモデルであれば20秒程度でWindowsを起動できるようにもなっていて
今まで、A4ノートといえばモッサリといったイメージが
完全にぶっ飛ぶくらいの快適低能が手に入る。

0927i
もちろん、USB3.0やIntel Wiress Disprayは標準装備。

それに、ワイヤレスLANだけでなくて、
WiMAXまでも標準搭載していて、
さらになんとワイヤレスWAN(3G)までもカスタマイズで搭載できるようになっていて
大きなノートを外に持ちだしても、どこでもインターネットができる環境にあるという
今までのA4ノートでは考えられなかった使い方ができる。

CPUもCore i7-2640M(2.80GHz)から、メモリーは最大8GBから選択可能
外部GPUはAMD Radeon HD 6630Mを搭載、
(Core i3-2330M(2.20 GHz)選択時はAMD Radeon HD 6470M)
ストレージもSSDだけでも1TB、512GB、256GB、128GBが選べるなど
マシンパワーも十分で、
もちろん光学ドライブ(ブルーレイディスクドライブ)も内蔵可能。

「Adobe Creative Suite 5.5 Production Premium」
プリインストールできるなど
モバイルVAIOの良さを最大限に発揮して
今までにない大画面ノートとしての使い道ができる。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

icon
VAIO S(SE)シリーズ VPCSE1AJ
ソニーストア販売価格:95,800円(税込)〜
              92,800円(税込)〜

VAIO S(SE)シリーズ VPCSE1AJ
●「Adobe Creative Suite 5.5 Production Premium」付属モデル
ソニーストア販売価格:300,800円(税込)〜
              272,800円(税込)〜

VAIO S(SA)シリーズに10月14日(木)15時までの期間限定で、
最大38,000円安く買える3つのキャンペーンを開催開始!

●プロセッサーキャンペーン
  「Core i7-2640M(2.80GHz)」 :通常価格より10,000円値下げ!
  「Core i5-2520M(2.50GHz)」 :通常価格より5,000円値下げ!
  「Core i5-2430M(2.40GHz)」 :通常価格より4,000円値下げ!

●メモリーキャンペーン
  「4GB追加」 :通常価格より8,000円値下げ!
  「2GB追加」 :通常価格より3,000円値下げ!

●ストレージキャンペーン
 「クアッドSSD 約1TB(256GB ×4)」   :通常価格より20,000円値下げ!
 「クアッドSSD 約512GB(128GB ×4)」 :通常価格より20,000円値下げ!
 「クアッドSSD 約256GB(64GB ×4)」  :通常価格より10,000円値下げ!
 「HDD 約750GB(5400回転/分)」    :通常価格より5,000円値下げ!
 「HDD 約640GB(5400回転/分)」    :通常価格より5,000円値下げ!
 「HDD 約500GB(5400回転/分)」    :通常価格より5,000円値下げ!
 「HDD 約320GB(5400回転/分)」    :通常価格より3,000円値下げ!


光学ドライブや外部GPUとの切り替え機能といったモバイルVAIOの機能と
15.5型でフルHD(1920x1080)を搭載したモデルながらも
92,800円〜という非常に安い価格から購入できるS(SE)シリーズ。

スペック的に、CPUをCore i7-2640M、メモリー8GB、
クアッドSSD 約256GB(64GB×4)といった最大パフォーマンスを持つ状態にしても
172,800円(税込)に収まるあたりからしても相当にリーズナブル。

また、「So-net モバイル WiMAX 最大6か月無料パック」を選んでおけば、
WiMAXを、6か月間無料で利用できるというのもかなりオイシイ。

今までの大型ディスプレイのVAIOノートとは
一味違ったモバイル性能と高速性能を手に入れられる
それがVAIO S(SE)シリーズ


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

詳しくはソニーストアのVAIO OWNER MADEへ。



Twitterボタン
最新ネタは、Twitterでつぶやき中!ID:kunkoku

iconicon

【TOPページへ】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/51964176
この記事へのコメント
最軽量の1.87kgに近いのはどの構成なのでしょうか?
Posted by rekkuu at 2011年10月09日 19:37
トップページのリンクがおかしいですよ。
画像をクリックすると、このページに飛べますが、右の文章のリンクが1つ前の記事へ飛んでしまいます
Posted by aNNy at 2011年11月10日 10:42
今、VGN-NS90HSを使用しています。
S(SE)が安くなっているので乗換を考えております。
フルHDは大変魅力的なのですが、もうすぐ50を迎える
私としては、目が耐えられるか・・・・・。
個人的な感覚で結構です。教えて下さい。

今更な質問なのですが、近回りの店に展示が無いものでm(_ _)m
Posted by gaudi244 at 2012年03月03日 06:44