2011年09月30日

自分の観ている世界をそのまま動画記録できるデジタル双眼鏡「DEV-3」

icon
ソニーから、デジタル双眼鏡「DEV-3」が登場!
見た目はそのまま双眼鏡だけれど、
なんと3DのフルHD動画が撮影できてしまうこれまた強烈なアイテム!
発売日は、11月11日。

・ズーム、オートフォーカス、手ブレ補正機能を搭載
 世界初フルハイビジョン動画を記録可能なデジタル録画双眼鏡『DEV-3』発売


双眼鏡の形をしたハンディカム?ではなくて
動画撮影機能がついたデジタル双眼鏡。

0930i
双眼鏡倍率は、約0.8倍から約10倍で、(3D時で5.4倍)
ズームレバーを操作するとズーム倍率をシームレスに変更できるので
自分の目で見ているのと同じ倍率で被写体をとらえて、
そのまま被写体に近づいていくような感覚でズーム倍率を上げられる。

ちなみに、この倍率は
肉眼で見たときと比べて、何倍大きく見えるかを示す「双眼鏡倍率」。

0930j
普通の光学式の双眼鏡とは違って
動いている被写体にも自動でフォーカスが合うし、
縦、横方向の手ブレを補正する「光学式手ブレ補正」と
画像処理エンジン「BIONZ」の画像処理による回転方向のブレを補正する
「光学式手ブレ補正(アクティブモード)」のおかげで
高倍率にした状態でも大幅に見やすくなる。

両目で覗く2つのレンズを通して、
それぞれに有効122.7万ドットの光学式ビューファインダー(EVF)で立体的に画像が見れて
眼幅調整と、視度調整をそれぞれのEVFで行うこともできる。


0930k
その双眼鏡で見ているままをフルHD(1920x1080)で録画できてしまうというのが
このデジタル双眼鏡「DEV-3」の最大のウリ。

AVCHD Ver.2.0に準拠した1920×1080/60p記録、
そしてフルHDでの3D記録フォーマットに対応する。

高性能「Gレンズ」と高感度「”Exmor R” CMOSセンサー」、
高速画像処理エンジン「BIONZ」を全てダブルで搭載して、
左右のレンズそれぞれで映像をとらえ、CMOSセンサー、BIONZで画像処理、
それぞれの映像を左右のEVFで見れる事、
左右のレンズでとらえた映像をそのまま録画することで、
自分のほぼ見たままの映像が3Dとして録画できる。

マイクは、「ドルビーデジタルステレオクリエーター」方式のマイクを内蔵。
風切りノイズの低減機能もついていて、録音レベルは2段階で調整可能になっている。

0930l0930m
0930n0930o
操作性も独自にこだわり、
録画ボタンは左右それぞれに設置して反射的にどちらでも録画可能で
2Dと3Dの切り替えもワンボタンで可能、
そしてEVFを覗いたままでも操作できるように、誤作動しないように配慮した形状になっていたり
操作ボタンも大きく作りこまれて、グローブをハメたままでも操作ができるようになっている。

マニュアルダイヤルは、本体の底面にあって
指1本でボタンを軽く押してフォーカス調整がしやすいようになっている。

バッテリーは、付属の「NP-FV70」で最大約3時間の2D録画が可能。
3D撮影時では約2時間40分。
(撮影せずにモニタリングする場合なら、2Dで4時間50分、3Dで4時間20分。)

別売の大容量バッテリー「NP-FV100」を使えば
2D録画で最大約6時間の長時間記録も可能になる。

バッテリー残量に関しては、EVFの中に分単位で表示されるので
いつでも残量をチェックできる。

記録媒体は、メモリースティックPROデュオまたはSDメモリーカーで、
32GBのメモリーカードを使用した場合で、
2D/3D動画は2.5時間、静止画は9000枚以上の記録ができる。

0930p0930q
撮影した後は、
ファインダーを除けばいつでも2Dや3Dの映像を楽しむ事もできるし、
HDMI端子から3D対応のBRAVIAにつないで
そのまま大きな画面で3D立体視で楽しむといった事もできる。

他にも、コンポーネント出力、ビデオ出力、Sビデオ出力、
USB端子、ヘッドホン端子、マイク入力端子、A/Vリモート端子
DC IN端子、内蔵マイク、モノラルスピーカーを搭載する。
天面には、コールドシュー、底面に三脚穴もある。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


(上記動画は、業務用DEV-5Kのコンセプト動画)

基本コンセプトは、バードウォッチングやアウトドア、スポーツ観戦といった
今までにあった双眼鏡の使い方の延長線上に
録画という機能を付加して、観ながらも撮影するという
2つの行動を一元化してしまったのがこのデジタル双眼鏡「DEV-3」

パっと見からしてもそのまんま双眼鏡で、
単純にそれに動画の記録機能がついただけでしょ?
と割りきってしまえばそれまでなんだけれど、
これもあのヘッドマウントディスプレイと同じく没入感がキーワード。

もちろん、従来の双眼鏡であれば
フォーカスも手動で調整、遠くを見れば手ブレがあたりまえだったものが
すべて自動調整されるから観る事だけに集中できる。

自分の両目でファインダーを覗いて見える世界、
それを肉眼では見えない距離までをズームして近くに見えるという感覚、
(遠視力の増幅?のような感覚)、
そして、その見えている世界がボタンを押すことで
自分のまさに観ているその時間と同じものが記録されているという不思議。

普通のハンディカム(ビデオカメラ)とは全く違った趣きを持つアイテムだし、
この独特の感覚はぜひ一度手にとって除いてみて欲しい。
万人ウケするとは思えないけれど、
まさしくこのデジタル双眼鏡がツボにハマる人はいるハズだ。

ソニーストア銀座・名古屋・大阪では、
10月22日(土)から先行展示をスタートする予定なので、
近くの人は展示されたらぜひ見に行ってみるといいかもしれない。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

icon
デジタル双眼鏡「DEV-3」
ソニーストア販売価格:128,000円(税込)
ソニーポイント:8,960ポイント
2011年11月11日発売予定

ソニーストアでは現在、メール登録を受付中。

発売日に確実に手に入れたいと思った場合は、まずはメール登録をして、
先行予約の案内を真っ先にもらえるようにしておいてほうがいいかもしれない。




Twitterボタン
最新ネタは、Twitterでつぶやき中!ID:kunkoku

iconicon

【TOPページへ】

この記事へのトラックバックURL