2011年11月25日

「vscreens」アプリを使って簡単にAndroidからの画像をPCやTVに飛ばそう。

icon

Sony Ericssonから「vscreens.com」という
またおもしろいAndroidと連携したwebサービスを始めてたので試してみる。

一応何をするものかというと、
手元にあるAndroidの中にある写真だとか動画を
webに接続されたPCとか、Flashに対応してればいいので
PS3でもタブレット端末でもテレビでもかまわなくて、
それらに転送して表示できてしまうというもの。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


まず最初に、「vscreens photo sharing beta」というアプリを
Android(2.1以上)にインストールしておく。

ここではまずはXperia arcを使って試してみる。

icon icon
そして次に、転送したいPCから「vscreens.com」にアクセスする。

すると、突如として巨大なQRコードが表示されるので、配信したいAndroid端末から、
さっき最初に準備した「vscreens photo sharing beta」アプリを起動して
そのQRコードを読みに行ってやる。

実際にはこの手順が一番シンプルだけど、
専用アプリをインストールされてない状態でQRコードを読んだ場合には
自動的にAndroidマーケットに連れていってvscreensアプリをインストールする事もできる。

icon icon
そうすると、それだけでブラウザ画面とvscreensアプリの連携が完了して
画像もしくは動画を転送できる状態になる。

操作も超簡単。


静止画像の場合は、
その手元にあるAndroidのフォルダを選択して
自分の好みの写真を探してタップするただそれだけ。

icon icon
vscreensアプリの下画面で画像を選択して転送するか、
もしくは上画面に大きく表示されている状態で
左右にスクロールしても、PCのブラウザ側でも切り替わっていく。

転送はダイレクトに飛んでいくのではなくて
あくまでもインターネットを経由してアップロードされたものが
vscreensのブラウザ上に表示されるという道をたどっていくので
若干の待ち時間が発生する。

とは言え、このシンプルなまでに画像を転送出来るのはとてもおもしろい。

icon
それと、動画も転送できそうなので試してみたら、
同じネットワーク上にないとダメよと怒られる。
(もちろん3Gでもムリ。)

ので、そこさえ修正してやれば、動画も転送可能。

というか、さすがに動画ともなるとそのデータが大きくなるにつれて
待ち時間のタイムラグも大きくなってくるのと、
再生できる動画が撮影したものに限られてたり、
アスペクト比が若干狂ってるあたりは気になる。

icon icon
Xperia arcであっさり出来たので、
タブレットのSony Tablet Pシリーズでも同じように試してみた。

使い勝手は全く同じで問題なく使えたのだけど、
唯一、1画面表示ではなくて全画面表示にするとエラーが出てしまった。

まぁ仕方がないと言えばそれまでだけど、
このあたりうまく2分割画面なんかがあるとおもしろいのになーと思ったりして
ソニエリがソニーとなるとそのへんも連携具合は深まるのかな?とか。

−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−

icon icon
今度は受ける側をPCじゃなくてテレビの「BRAVIA」にして試してみる。
(ここでは、KDL-32EX720)

とは言ってもやり方の手順は全く同じで簡単。
BRAVIAからブラウザを開いて「vscreens.com」すると、
同じくQRコードを表示するので、Androidからvscreensアプリを開いて
QRコードを読み取れば連携が完了して画像が送れるようになる。

icon icon
Xperia arcでもSony Tablet Pシリーズでも
どちらからでも、画像の転送出来る事を確認。

PCに転送して出すよりもBRAVIAに転送して表示できるほうが
おもしろーいと思えたりはするものの
あくまでも選んですぐにサクっと出てくるわけじゃないので
あーイライラするー!という短気な性格な人は
とっととUSBケーブルでPCにつなぐとか
HDMIケーブルをとっとと接続したほうがはるかに快適。

でも、例えばXperia arcにはHDMI出力はあるけど、
Sony Tablet PシリーズにはHDMI出力はなくて
でも、テレビに写真を転送したいぞと思ったときに、
DLNAの下準備とか一切なしにブラウザを開くだけで
いとも簡単にあっさりつながるというメリットを考えれば、
自宅以外の出先とかで使ったりするには楽かも。

今後は、Androidにとどまらず、iOSや他のプラットフォームへの展開もあるようだし
もうちょっとブラッシュアップが進めば、もっとおもしろい使い方が増えるかもしれない。


Twitterボタン
最新ネタは、Twitterでつぶやき中!ID:kunkoku

iconicon

【TOPページへ】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/51978567