2011年12月01日

Sony Tablet Pシリーズで快適にバンダイチャンネルを観られるようにしよう!

icon

Sony Tablet Pシリーズで最近痛い事しかしてないようだけど、
一応まじめに毎日使ってて、でも前々からずーっと不満に思ってたのが、
バンダイチャンネルがまともに再生されない事。

・Sony Tablet Pシリーズでいろいろ遊んでみたファーストインプレ。
・バンダイチャンネル「月額1050円見放題」をPCとスマフォでまさに見放題!

というと語弊があるかもしれないけど、
Sony Tablet Pシリーズプリインストールされている標準ブラウザを使って
素の状態で再生した場合に、画面の上側に表示されかけるものの、
映像が半分くらいに押しつぶされたような感じになって、
画面も途切れ途切れで再生も全くままならないという現象になってしまう。

icon
Sony Tablet Sシリーズでも他のAndroidタブレットでも、
Xperiaを始めとするAndroid端末も、iPhoneもiPadも
もうどれでも観られるのに、Sony Tablet Pシリーズで観られないのは悲しすぎる!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

と、修正されるのをしばらく待っていたのだけれど、
どうしてもSony Tablet Pシリーズでバンダイチャンネルを観たいっ!
と諦められなくていろいろいじくり回してみた。

icon icon
で、コレって何が悪いんだろう?って事になるのだけれど、
どうやら「標準ブラウザ」をデフォルトのまんまで使うと起きる様子。

この「標準ブラウザ」で、デバックのオプションを呼び出してやると
UAStringの設定が、「Anroid」になっていて、
いわゆる画面の小さいスマートフォン用の設定になっている。

これを「Desktop」に変更して、バンダイチャンネルを開いてみると、
ブラウザの画面は、普通のPCの画面を見ている状態と同じに表示してくれるので、
ブラウザ上のままで動画も再生できるようになる。

<参考>
・Sony Tabletのブラウザを常にPCサイト用に表示させる。:とあるソニー好きなエンジニアの日記

がしかーし!
まだ弱点は残っていて、じゃあ全画面にしてみようかと思うと
ブスっとエラーが起きてしまったり、
一旦ブラウザを終了してしまうと、設定が元にもどってしまうので
またバンダイチャンネルを見るたびに設定するのはどう考えてもメンドクサイ。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


じゃあ、もういっその事、バンダイチャンネルを見る時だけ
別のブラウザアプリを使えばうまくいくんじゃないかと
片っ端からブラウザアプリをSony Tablet Pシリーズにインストールして試してみた。

結果からすると、もう全然ダメなブラウザアプリもあれば、
ある特定の使い方ならイケルブラウザアプリもあったりしたんだけれど、
今のところ、自分の中でおそらく最良だと思われるのが「Opera Mobileウェブブラウザ」
(Opera Mini ウェブブラウザじゃないよ。)

icon
まず、インストールしたデフォルトのまんまで
バンダイチャンネルを開くと
2画面あるうちの上画面だけでブラウザが開く。

そして、そのまま番組内のチャンネルを再生してみると
上画面の中で上下いっぱいに広がって何事もなく再生が始まった!
まず、この時点で最初は感動してしまったけど…。

icon icon
で、ひとつ覚えてておく事が、
「Opera Mobileウェブブラウザ」の設定から「詳細ツール」を開いて
「User Agent」を確認すると、
初期設定では「Mobile」、いわゆる普通のAndoroid端末だという認識になっているという事。

では、
あえてここを「Desktop」を選択してみる。
すると上画面に、PCと同じ細かな解像度で表示される。

icon icon
まさに上画面でwebブラウズしている状態で、
そのバンダイチャンネルのページ中にある再生ボタンを押すと
ブラウザを表示したままで、その中で動画を再生し始める。

もちろんブラウザを表示している状態なので、
そのままピンチインピンチアウトも上下に動かす事もできる。

それから、動画を全画面表示にするアイコンを押すと
上画面で表示できる目一杯の動画を表示する事が出来た。

「Mobile」設定の時と何が違うかというと
「Desktop」設定では、若干画面が右に寄ったかな?
という事と、オペレーション部分が小さすぎて
タップするのがかなり大変だったという事。

上画面だけに表示して使う場合は、
「Mobile」設定のほうが早送りや早戻しのUIなんかも
使いやすくて、「Desktop」設定は必要ないかなという感じだった。

−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−

icon
では次に、「Desktop」設定のままにして
上画面だけじゃなくてせっかくなので上下の2画面を一画面としても試してみる。

変更の仕方は、ディスプレイ左下の「全画面表示」をタップすれば切り替わるのだけれど
アプリを開いたまま変更すると、
「Opera Mobileウェブブラウザ」はかならず一旦終了する様子。

もう一度起動してやると、
今度は最初から上下一杯にバンダイチャンネルのページが表示される。

もちろんこのまま動画を再生してみると問題なく無事に再生、
動画が流れている状態で、ブラウザを上下にスクロールする事も
ピンチインピンチアウトで拡大縮小する事もできる。

icon
さらに、動画を全画面表示にするアイコンを押してみると、
まさに上下の2画面をいっぱいに使って1枚板のように大きく動画を表示!

唯一のこの状態での唯一の弱点は、
もちろん真ん中に黒い帯が見える事もそうだけれど、
動画進行しているバーがとても小さいために、送り戻しをする時にピンポイントで狙わなきゃいけない
もしくは若干狙いがズレてしまうという事もある。

でも、フル画面で動画を見るという行為が出来るだけでもまぁヨシとする。

icon icon
今度は、Android用の設定に戻してみる。

と、「Opera Mobileウェブブラウザ」の設定から「詳細ツール」を開いて
「User Agent」を確認すると、あれ?
さっき(上だけ一画面表示)は、「Mobile」という表示だったのに、
今回(上下2画面を全画面表示)は、「Tablet」という表記にかわっている。

まぁそれでも今が、「Desktop」設定だったので
今度は「Tablet」設定に切り替えてやる。

icon icon
では、動画を再生してみる。

すると、「Desktop」設定の時のようなフル画面という広がり方ではなくて、
オペレーションを含めた画面の出方になるので、中央に表示されるので
さきほどの迫力はないし、画面の割合からしても
余計に中央の黒帯が気になるという点はあるものの、
画質の変更や動画進行バーが専用に大きいUIになっているから
使いやすさはこちらのほうが良かったりもする。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

上画面か、2画面で全画面か、
Andoroid端末用かPC用かといったところを変更して
それぞれでバンダイチャンネルの動画を再生してみたけれど、
どの組み合わせの状態でも無事に再生できたし、
それに、設定からAndoroid端末用(「Mobile」「Tablet」設定)とPC用(「Desktop」設定)を
簡単に切り替えられて使いやすいという点でも
「Opera Mobileウェブブラウザ」が一番良かった気がする。

もちろん、アプリは日々進化してるので
これ以上使いやすいブラウザアプリが出てくるかもシレないし、
Sony Tabletの「標準アプリ」も今よりも改善されてくる可能性もあるので
その時はまた試してみよう。

もうこれでひとまずは、
Sony Tablet Pシリーズバンダイチャンネルを楽しめる。


・SonyTabletが家にあると、ちょっとおもしろい生活がやってくるかも。
・小さく持ち運べるSony Tablet Pシリーズを初期セットアップ。
・自分の手持ちの本をPDF化してSonyTabletを電子本として楽しむ。
・PS3、BRAVIA、Xperiaで、映画や海外ドラマを観られる「Hulu」を試してみる!
・Sony Tabletで、ReaderStoreから電子書籍を直接ダウンロードして楽しもう!
・「Account Manager」が改善されて、Sony Tabletのバッテリー持続時間修復!?
・Sony Tablet Pシリーズで、『ATOK』のQWERTYキーボードを使う。
・Sony Tablet Pシリーズに、白いカバーをハメて“連邦の白いヤツ”仕様にする!
・Sony Tablet Pシリーズを外観も中身も“連邦の白いヤツ”仕様にするんだっ!



Twitterボタン
最新ネタは、Twitterでつぶやき中!ID:kunkoku

iconicon

【TOPページへ】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/51980033
この記事へのコメント
映像が半分くらいに押しつぶされたような感じになって、
画面も途切れ途切れで再生も全くままならないという現象になってしまう。
Posted by 海外ドラマ DVD at 2011年12月05日 12:32