2012年02月09日

「CP+2012」にソニー出展、充実のセミナーを開催&Eマウントレンズロードマップ発表!

icon
2012年2月9日(木)から12日(日)までの期間中、
神奈川県横浜市(パシフィコ横浜)で開催される「CP+(シーピープラス)」で、
ソニーは今年も出展。

・カメラと写真映像の情報発信イベント「CP+(シーピープラス)」
 ソニーのデジタルイメージング商品の出展概要


『The Power of Imaging 〜カメラはソニー〜』というテーマを掲げて
“α”、“サイバーショット”、“ハンディカム”を展示、
さらにそのカメラで撮影した動画や静止画をBRAVIAやVAIO、Sony Tablet、Xperiaといった
機器で楽しめる“PlayMemories”のデモや、
撮影のテクニックや撮った後の楽しみ方のセミナーを行う予定。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●展示内容

icon
“α77”、“α65”といったAマウントシリーズ、
NEX-7、NEX-5Nなどの全ボディラインアップにくわえて7本のEマウントレンズ、
「DSC-TX300V」をはじめとするサイバーショット新製品といったカメラ群や
「空間光学手ブレ補正」を搭載した「HDR-PJ760V」や
おもいっきりサイズダウンした3Dハンディカム「HDR-TD20V」といったハンディカム、
Wi-Fiを搭載したデジタルフォトフレーム“S-Frame”DPF-WA700」を展示。

撮影した動画や静止画を、液晶テレビ、パソコン、タブレット、スマートフォンなどで
楽しむための4つのソリューション
“PlayMemories Online”、“PlayMemories Home” 、
“PlayMemories Studio”、“PlayMemories Mobile”を体験できる。

中には、実際にカメラで撮影を体験できるコーナーもある。

icon
その特設コーナーでは、プロカメラマンなどによる
撮影テクニック、撮った後の楽しみ方といった“α”や“PlayMemories”を紹介するセミナーを開催。

・三好和義氏(写真家):  α77で撮る日本の楽園
・小澤忠恭氏(写真家): 「京都左右録」〜「NEX-7」が描く古都の情景〜
・山本まりこ氏(写真家): カメラといっしょに旅しよう「旅写真レッスン」
・福田健太郎氏(写真家): プロが教える風景写真の極意
・馬場信幸氏(写真家): ソニーαシステムのここがすごい
・小寺信良氏(ライター/コラムニスト): 思い出をプレイしよう。PlayMemories

・セミナースケジュール

−・−・−・−・−・−・−・−・−・−

●Eマウントレンズロードマップ

icon
NEXシリーズに採用されるEマウントレンズのロードマップも公開。

・Eマウントレンズロードマップ

Eマウントレンズは、既に発売されている6本と、
3月9日に発売される1本の単焦点レンズ(E 50mm F1.8 OSS)「SEL50F18」を含めた7本。

そこに、新たに
2012年に、広角ズーム、高倍率ズーム、標準ズーム、大口径標準の4本、
そして2013年に、高性能標準ズーム、中倍率ズーム、中望遠、薄型スナップの4本を
加えて2013年中に合計で15本のラインナップになる予定。

−・−・−・−・−・−・−・−・−・−

●Aマウントシリーズに500mm超望遠レンズ登場!

icon
またAマウント用の大口径超望遠レンズ『500mm F4 G SSM』を発表。
この500mmという焦点距離の最も長いGレンズをCP+でも展示する。

・優れた光学特性により、抜けの良いクリアな画質を実現
 プロフェッショナル、ハイアマチュア向けの大口径超望遠レンズ
 『500mm F4 G SSM』を発売


icon
単焦点レンズ(500mm F4 G SSM)
「SAL500F40G」

希望小売価格: 1,312,500円
ソニーストア販売予定価格:1,181,250円(税込)
・受注生産

10群11枚の新光学系の焦点距離500mmという超望遠レンズ。

「ナノARコーティング」を新しく採用、内面反射によるフレア・ゴーストを抑え
動体追尾性能が向上した高性能オートフォーカスにより
遠くにいる動物や車といった動きのある被写体も確実に捉える事ができる。

すでに注文は開始されたもののあくまでも受注生産となっていて
納期には約80日を要する。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

毎年、カメラメーカーなどが一同に揃う
カメラと写真映像の情報発信イベント「CP+(シーピープラス)」。

去年はちょうどα700の後継機種(α77)のスケルトンモックが展示されたりと
カメラ本体に注目が集まっていたけれど、
今回はα900の後継機種らしきモノが現れる事はない様子。

それでも、NEXシリーズで少ないと言われていた
Eマウントレンズがだんだんと拡充してきて
マウンドアダプター&Aマウントレンズを使わなくても
コンパクトなサイズのままで多彩な撮影が楽しめるようになってくるという
流れが本格化してくるのはうれしい。
(というか、もっと早く揃えて欲しいというのが本音だけど。)

それから、今回はセミナーがものすごく充実していて、
1日中ビッシリと予定が組まれていて、「CP+」の入場料は1,000円を払ったとしても
ぶっちゃけこのセミナーに参加すれば元がとれるどころの騒ぎではなくて
6人のセミナー全部受けてみたいくらい。

ちなみに、事前登録すれば、入場無料になるので
近場の人は参加してみたら楽しいかも。




Twitterボタン
最新ネタは、Twitterでつぶやき中!ID:kunkoku

iconicon

【TOPページへ】




この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/51994914