2012年02月18日

手にするとヒシヒシと伝わる“ウォークマン”Zシリーズ「プラチナホワイト」のクオリティ!

icon
2011年9月に“ウォークマン”Zシリーズが発表されてから
待つこと3ヶ月、12月にブラックとレッドが発売となって、
そこからさらに2ヶ月の合計5ヶ月も待たされてようやくようようやく手にする事ができたのが、
ソニーストア限定モデルの“ウォークマン”「NW-Z1070/W(プラチナホワイト)」

冗談抜きで待たせスギ。

もうXperiaの新型の「Xperia NX」も「Xperia arco HD」の発売も
すぐ目の前に来ているというのに、
ブラックとレッドの発売した12月でいいじゃないかというか
待ちくたびれて買う気失せたらどうすんだ?とか思いながら
それでも、どうしても欲しくて
ずっとずっと待ち続けてようやくやって来たプラチナホワイト!

icon icon
“ウォークマン”「NW-Z1070/W(プラチナホワイト)」は、
虹色に光を反射するちょっと高級なブラックのパッケージに収納されていて、
本体以外には、通常モデルと同様に、
ノイズキャンセリング専用ヘッドホン、予備の大小イヤーピース、
WM-Port⇔USBケーブル、そして、取説を含む小冊子が付属。

ノイズキャンセリングヘッドホンは、
本体カラーとあわせてホワイトカラーがセットになっている。

icon icon
以前、
・“ウォークマン”Zシリーズの初期セットアップとAndroidとしての中身。
でやったように初期セットアップを済ませる。

中身は2ヶ月発売がズレていようが全く一緒で
Android OSのバージョンは、2.3.4で、
ウォークマン用としてのビルド番号は「1.00.000」のまま。

ネットワークにつなげると、アップデートがいきなりやってきて
現時点(2月17日)での最新のアップデート(Ver 1.11)をする事になって
ビルド番号は「1.11.000」へと更新される。

今回のプラチナホワイトの容量は、64GBモデル
内蔵ストレージの容量は、約1GB(1008MB)
残りの容量はUSBストレージとして56.3GBが振り分けられている。

・“ウォークマン”Zシリーズ、ようやくアップデート(Ver 1.11)を開始!

icon icon
まぁ、Androidベースだから、そりゃAndroidアプリを突っ込んで遊ぶのも一興だけど、
一応メインは、WAVEファイルのまんまの音楽を突っ込む事と、
「おでかけ転送」でしこたま動画を入れるのが目的なので
むしろそれでUSBストレージはほとんど使ってしまいそうな気がする。

そう考えると、もう64GBでも全然足りない気がして
128GBくらいあってくれてもいいのになーと思ったりしないでもない。

でもまぁ何はともあれ、
心待ちにしていたプラチナホワイトが手に入ったので、
ブラックとレッドとも並べて見比べてみる。

と、レッドは、フレームがレッドで背面がブラックだったり
ブラックは、ブルーとブラックの2色構成だったりして
ダーク系な配色だったので
プラチナホワイトの見える印象が随分と違ってくる。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●プラチナホワイトの輝きとそのクオリティ

icon
“ウォークマン”Zシリーズの本体は、
アルミダイキャスト製のフレームボディで出来ていて
そこに内部パーツが固定されているという構造になっていて
その上で、背面が波をうつ抑揚のあるフォルムとして出来上がっている。

そのデザイン性を活かしながら表現をするというコンセプトのもと
ホワイトという単純なカラーというわけではなくて、
ディスプレイの周囲を取り囲む部分には、
「蒸着」技術を採用して金属の質感を重ねることでプラチナの輝きをもたせていて、
背面には、真珠や鉱石などの厚みのある輝きを表現する
パールを混ぜたホワイトを塗装して高級感のあるテイストに仕上げている。

かつ、長く使っていてもその美しさが損なわれないように
汚れが拭き取りやすくなっているのも1つの特徴。

icon icon
icon icon
icon icon
銀座ソニービルで、一足先に“ウォークマン”Zシリーズのプラチナホワイトを
手にとって見てきたはずなのに、
実際にやってきて、自分の手元でじっくりと手にして眺めていると
その質感がよりグッと感じられる。

背面は、落ち着いたホワイトカラーでありながらも
光に当たると細部にキラキラっと反射するパール感があって、
さらに側面から表にかけてのプラチナの金属が
折れ曲がってボディを包むようなデザインの融合がものすごく合っていて
W.ボタンがさらに一段濃いカラーに塗り分けられているあたりも
全体的なカラーバランスが絶妙。

本当に手にとって眺めてもその手触りも
プラチナホワイトのクオリティの高さ感みたいなものがあって
個人的には超ツボ。

待たされまくったけれど、これは相当に気に入ってしまった。

・プラチナとホワイトが奏でるデザインの二重奏。:ソニーストア

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

icon
早速“ウォークマン”Zシリーズ
x-アプリから音楽を転送しまくって、
さらにブルーレイディスクレコーダーから「お出かけ転送」しまくり。

と、その時にものすっごく重宝してるのがスマートフォンスタンドキット「SPA-STK10」

スタンドの台座がシリコンゴムで、
ウォークマンを置いていてもやさしく接するから傷がついてしまう事もないし
摩擦で食い付きもよくてヨコからボトって落ちる事もないし、
寝かせてWMポートをつないで置けて超便利。

とりあえず、かなりお気に入りのガジェットがイッコ増えてしまったわけだけど、
せっかく使うなら、Androidの自由度を活かして
もっと自分のお気に入り仕様にしないとね!
という事でまた独りよがりなカスタマイズでもしてみようww

・Androidベースの“ウォークマン”Zシリーズが音楽プレーヤーとして出来る事。
・ウォークマンZシリーズの大画面で「お出かけ転送」を堪能する!
・“ウォークマン”Zシリーズは、SonyTabletとウォークマンのフュージョン(融合)!?
・“ウォークマン”Zシリーズ限定プラチナホワイトに、「So-netモバイルWiMAXキャンペーン」適用!
・発想次第でいろんなモノを載せられるスマートフォンスタンド「SPA-STK10」!



Twitterボタン
最新ネタは、Twitterでつぶやき中!ID:kunkoku

iconicon

【TOPページへ】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/51996791