2012年04月18日

北米版Xperia arc S(LT18a)をAndroid 4.0(ICS)化してみた。

0416c
Sony Mobileから発売されているXperiaシリーズについて、
Android 4.0、Ice Cream Sandowich(以下ICS)へのアップデートが北欧モデルから開始になったようで、
うぉ、やった!自分の持ってるXperia arc S(LT18a)に来た!と喜んでたら
“北欧”と“北米”違いで、まだだったというお預け状態。

・Xperia 2011年モデルのAndroid 4.0バージョンアップスケジュール。

けれど、そのアップデートのROMを、Xperia arc Sに入れられそうなので、
Android用「くんこくショップメンバーズアプリ」を作っていただいている
@taiseiko さんのblogを参考にして入れてみた。

注意:自己責任以外の何物でもない方法なので、
最悪文鎮化しても絶対に誰にも文句言わないよという覚悟が必要。


ic49ic50
自分の知識不足から、何度もエラーになったり躓いたりしたものの
どうにかこうにかXperia arc S(ST18a)も無事に
Android 4.0(ICS)化に成功!

Sony TabletがAndroid 4.0(ICS)化するのももうすぐだし、
初めて触るって事もあってザッといじくってレビューしてみる。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●Android 4.0(ICS)になったXperia arc S

ic51
そもそも、Android 4.0(ICS)ってのは、
スマートフォン用のAndroid2.xと、タブレット用のAndroid3.xを統合したもので、
以降、スマートフォンもタブレットも共通のUI(ユーザーインターフェイス)になるから
使い勝手的には迷わなくてよくなるというのは良い事かも。

あぁ、もちろんAndroid 4.0(ICS)になっても
それぞれのスマートフォンやタブレットによってカスタマイズされてる部分もあるから
まるっきり一緒ってわけではないけれど、
まずはICS化したXperia arc Sを触ってみよう。

というか、電源を投入した時からいきなり違っていて、
元々のSony EricssonではなくてSONYロゴに変わっていて、
さらにそれからXPERIAロゴが真ん中に浮かび上がって
初期起動時にはキラキラんと輝いている。

ic1ic2ic3ic4ic5
ホーム画面は、5つに分かれていて、
デフォルトの状態では特に変わった様子もなく。

初期のアイコンの配置だとか、ウィジェットも従来のXperia arc Sと同じスタイルのままで
ICSになったからといって、UIは変えていない様子。

ic6ic7ic8ic9
アプリケーションドロワー(一覧表示)を見ても
タテ4列、ヨコ4列の16コ編成のアイコンの並びも、
アイコン設定変更動作も特に変化なし。

他の端末にあるウィジェットのタブはなかった。

ic11ic10ic25
ホーム画面でピンチインするとウィジェットが集合するという
挙動も同じ。

ロック画面を見ると、右上にあったキャリアのロゴが
一番下に移動している。
ロック解除は、ICSになると顔認識も出来るという事だったのだけど、
Xperia arc Sには前面カメラがないためか選択できなかった。

ステータスバーから通知領域を下にを引っ張りだすと
見え方は変わっていて、ここにもキャリアのロゴが付いて回る。
アプリインストール時には、その進行具合がバーで表示される。

ic13ic12ic52
ホーム画面にウィジェットやショートカットを追加する画面では、
そのウィジェットがどういった形をしているかのイメージがわかるように
プレビュー表示されるので、いちいち出してみないとわからないという事はなくなった。

それから、ホームボタンを長押しすると、
最近使ったアプリの一覧が表示されていて、
右にフリックすると、そのアプリを終了させる事ができる。

これで、水面下で何のアプリが動いてるかもわかるし、
自分の意思でアプリを終了させられるから、特にキラーアプリもいらないし
メモリーの空き領域を確保する事もできる。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●Android 4.0(ICS)仕様の設定画面

ic14ic15
設定画面は大きく刷新。
全体的にも言える事だけれど、ダークカラーにブルーのアイコン
というのが共通のUIカラーで、各項目毎にも変化が見られる。

ic16ic18ic22
【無線とネットワーク】
Wi-FiやBluetoothは、下の階層に入らなくてもオンオフが可能になっていて
かつひと目でその状態が確認できる。
設定する場合には、それぞれを開いて通信の設定をする。

データ使用として、どの程度のデータを使用したかが確認できるようになっていて
使用サイクルで確認したり、さらにデータの制限を意図的にかける事もできる。

テザリングはもちろん可能で、
APN設定は空っぽなので、モバイル通信をする場合には手動で設定が必要。

ic53ic24ic19
【端末】

ここは従来あった設定とほぼ同じ。
モバイルブラビアエンジンやxLOUDといった独自機能もそのまま。

ICS化されて、内部ストレージの扱いに変化があるのだろうか?
と思っていたけれど、特に変化はなかったようだった。

Xperia arc Sの内蔵ストレージの合計は420MBで、
デフォルトアプリの入った状態で約126MBも既に消化していて、
残りが294MBしかない。
Xperia前モデルはやっぱりここが厳しいなと再認識。

バッテリーの持ちに関しては、まだ良くなったとかそういった実感はない。

ic26ic27ic54
【ユーザー設定】

地域/言語を日本語を選択した場合、
キーボードと入力方法には
Google音声入力、POBox Touch(日本語)、中国語キーボード、外国語キーボード
が並ぶ。

また、入力方法の切り替えは、今まではテキストボックスを長押しだったけれど、
ICSではステータスバーにある「入力方法の選択」を呼び出して変更するようになっている。

セキュリティには、先にも述べたように、
ICSに装備される顔認識解除は、
Xperia arc Sには前面カメラがないためその項目はない。

ic20ic21ic55
【システム】

改めて端末情報を確認すると、
現時点ではAndroidのバージョンは4.0.3となっている。

また、開発者向けオプションはえらく充実していて、
ユーザーインターフェイスまわりの挙動を視覚的にチェックできる項目が
何個も用意されていた。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●Android 4.0(ICS)上でのアプリの変化

ic30ic36
【Google Play】

「Google Play」は以前と全く変わらず、
というかアプリとしてAndroidマーケットから変化している時点で
変わったとも言う。

ic28ic56ic57
【標準ブラウザ】

標準ブラウザには、設定⇒ラボから「クイックコントロール」というのが追加されていて、
この機能をONにしておくと、画面の左あたりをタップすると扇形のアイコンが現れて、
即タップしてお気に入りに飛んだり、タブの切り替えができるようになった。

また、「オフラインで読めるよう保存」が出来て
読みたいページを保存しておけば、3GやWi-Fiがつながらない場所でも見られるし
ブックマークの「保存したページ」からも見られて、
PC用表示の切り替え機能も付いた。

ic37ic38ic39ic40
【Chrome for Android Beta】

これは、プリインストールではなくて、
ICSからインストールが可能になった「GoogleChrome」。
高速ブラウジングがウリで、ログインする事で
PCのGoogleChromeと同期して利用できる。

タブの切り替えも簡単かつスムーズで、いくらでも開ける便利さも同じ。

ただし、インストールデータが66MBと巨大な上に
SDカードにも移せないので、
実際Xperia arc Sに入れて使うには非常に厳しい雰囲気も漂ってたりする。

ic32ic33
【Xperiaギャラリー/ギャラリー】

ICS標準のギャラリーとXperia用としてのギャラリーの2種類が混在。
Xperiaギャラリー従来搭載されていたものと同じ。

そして、ICSに新しく加わったのがギャラリーのほうで、
フォルダーから画像までが隙間なくライブラリに並んでいて
サクサク閲覧できて、
かつ明るさや赤目処理、トリミングといった編集をする事も可能。

ic45ic46ic47ic48
【Google Maps】

GoogleMapsは、ICS化にともなって
アイコンやメニューの表示など変更されていて
よりモバイルで使いやすいようになっている。

ic41ic42ic43ic44
【カメラ】

カメラアプリはICS化されたからといって
特段機能がアップしているわけでもなく、とってもシンプルなもの。

ic31ic34ic35
【ミュージック、Youtube、GMail】

ミュージックアプリには変化はなし。

Youtubeは、ホーム、ランキング、アカウントといった切替が
ダイレクトに出来るようになっていて使い勝手がよくなっていた。

GMailでは、見やすい配色と使いやすいアイコンの配置といった具合に
ICS化にともなって変更されている。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

前世代モデルをAndroid 4.0(ICS)にするにあたって
スペック的にどうだろう?モッサリ挙動になっちゃうんじゃ?という心配もあったけれど、
概ね使っている限りでは支障をきたすような引っ掛かりはないし
これくらいだったら十分実用に足りうる。

それに、やっぱり細々と改善されている部分が多くて
実質的には使い勝手は良くなっている感じはあるし、
むしろXperia NXをここ最近使っていたけれど、
改めてXperia arc Sのデザインのカッコ良さを再認識したりして
ICS化した事で、またメイン端末として使いたくなってしまうほど。

うん、これでSony TabletのAndroid 4.0(ICS)化も
ものすごく楽しみになってきた。




Twitterボタン
最新ネタは、Twitterでつぶやき中!ID:kunkoku

iconicon

【TOPページへ】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/52009214
この記事へのコメント
初めて!
くんこくさんに感化されてarcS買って楽しくつかってます

追っかけでICSにしましたがもっさり感がありますね(^-^;

でも満足しております

Posted by ta90315 at 2012年04月19日 18:13
こんばんは。 XPERIA S (docomo の mopera U) を使用している素人なのですが、先日4.0.3 にアップデートした時から、テザリングが使用できなくなってしまいました。携帯ではテザリング中と表示されるのですが、pcではいつまでたってもネットに繋がらない状態です。雑な説明で申し訳ないのですが、考えられる原因について、ご教示いただきたくお願いします。

Posted by やす at 2012年10月09日 22:25