2012年04月25日

防水、耐衝撃、防塵のどこでも気にせずガンガン使えるハンディカム「HDR-GW77V」

icon
ハイビジョンハンディカムに久々の縦型シューティングスタイルで
さらに防水、耐衝撃、防塵といったアクティブなシーンに強い「HDR-GW77V」が登場!

・旅行先での突然の雨、海や山などのアウトドアシーンでも気軽に撮影
 小型軽量の縦型ボディに防水・防塵・耐衝撃性能と高画質撮影を実現した
 “ハンディカム”『HDR-GW77V』発売


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●ハンディカム初の防水・防塵・耐衝撃モデル

0425f
「HDR-GW77V」は、久々に登場したハンディカムの縦型シューティングスタイルで
ハイビジョンハンディカムでは「HDR-TG1」や「HDR-TG5V」以来、
ここ最近は封印されていた感のあるこのスタイルが復活!

それも、
幅32.2mm × 高さ105.5mm × 奥行き70.2mmというコンパクトなボディサイズで
さらに、質量にいたっては約188gという軽さ。
バッテリー「NP-BG1」が付いた状態でも約220gと、
「HDR-TG5」でも280gだったコトを考えると相当な軽量化。

本体の形がほぼスクウェアなデザインなので
コンパクトデジカメ並にかさばらないのも良い。

0425d
さらに、今回の新ハンディカムには強烈な武器を携えてきた。
それが、防水、防塵、耐衝撃性能。

水深5m/60分での撮影ができる JIS/IEC保護等級(IPX8)相当の防水、
JIS/IEC保護等級(IP5X)相当の防塵、
そして、1.5mの高さから落としても故障しにくい耐衝撃
というまさに、アウトドアで使う場合にも気にせずに使えるタフネスボディ。


水中で撮影する場合にも
水中の光に適したホワイトバランス調整や色補正をして、
水中撮影時でも自然な色合いの写真が撮れる「水中モード」を搭載。

0425i
マリンスポーツからウィンタースポーツに
ガンガン持っていって使いたいというユーザーにはもちろんツボ。

だけど、それだけじゃなくて、
実は、普通に撮影する時から結構気になってる事と言えば、
雨が降ったらどうしようとか、水しぶきがかかったらドキっとするよとか、
砂浜で砂やホコリが入ったら困るんだけどとか、不意に落としたらどうしようとか。
何気に心配事が多いのだけど、
このハンディカムなら、そういった面倒くさい事を全然考えなくて良い。

この、今までしたくても遠慮してた撮影スタイルがガラっと変わるくらいに
防水、防塵、耐衝撃の機能が持つ意味は大きい。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●かなり高いビデオカメラ性能

0425g
アクティブ性能を持つと、だいたいその本質のビデオカメラとしての機能が
少し劣っていたり妥協してたりする部分があったりするのだけど、
「HDR-GW77V」は、なんと「HDR-PJ590V/CX590V」と
ほぼ同等の性能を持っているところがこれまた凄かったりする。

動画撮影に余す所なく画素を使い切り
夜景や暗がりでの撮影にもノイズ感の少ない映像が撮影できる
ハンディカム専用の16:9型の裏面照射CMOSセンサー“Exmor R”を採用。

撮像素子は1/3.91型、総画素数543万画素、有効画素数は502万画素。
全画素超解像技術を用いる事で、最高2,040万画素相当の静止画の記録ができる。

0425h
そしてレンズには、色にじみが少なく高コントラストの優れた描写力を持つ
高性能レンズ「Gレンズ」を採用、
35mm換算で広角29.8mmというワイド撮影から
光学ズームで10倍の298.0mmの焦点距離


センサーの有効エリアを効率的に使う事で画質劣化を抑えながら
フルHDのままで高倍率で撮影ができるエクステンデッドズーム17倍、
デジタルズームでは120倍ズームまで使える。


綺麗な動画を見るにはとても大切な手ブレ補正も、
光学式手ブレ補正とBIONZの画像処理技術をあわせる事で
タテとヨコ、回転方向のブレを補正する3方向の手ブレ補正をしてくれる
「光学式手ブレ補正(アクティブモード)」を搭載して
動きながらの撮影でもよりブレずに見やすい映像が撮影できる。

ワイド側では10倍の補正、ズーム側でも3倍の手ブレ補正が可能で、
ワイドからズーム域でも手ブレを抑えてくれる機能が働く。


さらに、最高画質とするために60P(プログレッシブ)の記録に対応、
1コマあたりの情報量が60i(インターレース)の2倍になるため
より繊細で動きの激しい映像でもなめらかに表現できて
動画からの静止画の切り出しにしてもより綺麗に切り出す事もできる。

24pネイティブ記録にも対応して、
フィルム映画と同じ1秒間に24フレーム/秒のフレームレートを採用
映画のようなエフェクトがかけれたり
ガンマカーブや色調整をする事で映画の雰囲気に近い表現ができる
「シネマトーン」も搭載する。

0425j
液晶モニターは、本体はコンパクトにもかかわらず
3.0型(約92.1万ドット)のタッチパネルディスプレイを搭載。

液晶画面に映る被写体にタッチすると認識、そして追尾する「追尾フォーカス」は
正面だけじゃなくて横を向いてしまってもしっかりと追尾して
フォーカス、明るさ、肌の色を自動調整してくれる。

シーンを自動で最適な映像に設定する「おまかせオート」も99シーン。


「GPS機能」は、本体に内蔵する海外地図79エリアで
詳細地図となっているため国内外の旅行にも非常に有効。

録画した動画を見たい時には、「イベントブラウズ」という機能で、
撮影した日時や位置を自動的にカメラが解析してくれてイベントごとにまとめて表示してくれるので
見たいところが把握しやすくて
GPS機能と連動して地図から探せる「マップビュー」も利用できる。

オマケにそのイベントという塊から「ハイライト再生」として
短くまとめたショートムービーを見れたり
それを外付けHDDやDVDにダビングしたり、Youtubeにアップロードといった事もできる。

本体に16GBのフラッシュメモリーを搭載、
外部メモリーとして、メモリースティックDuo、SDカードスロットがある。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

icon
デジタルHDビデオカメラレコーダー「HDR-GW77V」
・ホワイト / ブラック / ブルー
・内蔵ストレージ:16GB
ソニーストア販売価格:69,800円(税込)
●長期保証<3年ベーシック>付き!
●メール登録

もう、この「HDR-GW77V」は、
「HDR-PJ590V/CX590V」と同等の性能を持ちながらコンパクトで軽量、
そこに防水・防塵・耐衝撃といった他のハンディカムが持っていない
大きなアドバンテージを持っている。

旅行に行くにしても、小さくて軽いほうが荷物にならないし、
ちょっと出かけるよって時でも気軽に持って出かけられる。

それに、防水性能があったら
もちろん普段使う時にも雨風も気にしなくていいし、
水しぶきが飛び散る遊園地のアトラクションだって怖くないし
湯気の立ち込めるお風呂に持って入って子供を撮影してあげる事もできるし、
これから夏の海に持って行っても、今までみたいに水や砂に怯えながら
おっかなびっくりで撮影する事もないし、
それこそハンディカムを持って海に突入したり、海から浜辺に向かって撮影するとか
明らかに今まで遠慮していた撮り方も出来るようになる。

今までに撮りたくても撮れなかった画が撮影できるというのは
ある意味このハンディカムにしかできないとも言える。

それに、きちんとハンディカムの高性能を搭載しているし、
なんちゃってハイビジョンビデオカメラとはわけが違う。

それと、ふと思い出したのは
以前、「HDR-TG5V」を持って撮影に行った時、
広角側の焦点距離が43mmしかなくて
コドモを撮影しようにも、画面に入りきらなくて必死にカメラを遠ざけて撮影してた
なんて事もあったけれど、「HDR-GW77V」なら29.8mmになってるだけで
これだけでも普段撮りは随分楽になってるなというのがわかる。

本当に久しぶりの縦型シューティングスタイルだけど、
ナカナカに魅力的な要素が詰まったハンディカムになってる気がする。
これを持ってコドモと一緒に出かけてガンガン撮影してみたい。



Twitterボタン
最新ネタは、Twitterでつぶやき中!ID:kunkoku

iconicon

【TOPページへ】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/52010744