2012年05月05日

完成したXperia NX & acro HD用のbuzzhouse design.ハンドメイドレザーケース!

icon
Xperia 2012年モデルの「Xperia NX」と「Xperia acro HD」の
2機種用ケースとして作られたbuzzhouse design.製ハンドメイドフェルトケースに続いて、
レザーケースもついに完成!

今回は、最初からキャメル、ブラック、ブルー、レッド、グリーンの5色展開で、
その中でも定番カラーのキャメルとブラックを
実際にXperiaに装着した姿をお披露目してみる。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

icon
buzzhouse design.製レザーケース for XPERIA NX & acro HD
●Camel(キャメル)、Black(ブラック)、Blue(ブルー)、Red(レッド)、Green(グリーン)
当店販売価格:6,980円(税込)

[送料およびお支払い方法]
●送料・・・日本郵便レターパック :全国一律300円
      ヤマト運輸 :全国一律600円(離島の方は別途ご相談下さい。)

●銀行振込・・・お振込み手数料はご負担ください。
●代引き・・・代引き手数料315円(ヤマト運輸さんのみ)


ご注文は『メールフォーム』にてお知らせ下さい。
(ご注文例:レザーケース XPERIA NX用:ブラック、銀行振込、レターパック)

<web画像でのご注意>
カラーのCamel(キャメル)は新品時、webに掲載されている画像よりも
よりイエローに近いカラーとなります。
使用している時間や頻度とともに変化して参ります。
(上記の5色掲載している画像のキャメルが実際のものとより近いものとなります。)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●Xperia NX、acro HD専用のレザーケース

icon
このXperia用レザーケースは、
1年前に、「Xperia arc & acro用」として制作されたのが第1弾で、
今回の「Xperia NX & acroHD用」が第2弾。

基本素材には、厚手の本革、そして
その裏地にクロス素材を貼って、Xperiaをしっかり保護するというシンプルながらも
見た目にスタイリッシュでオシャレなレザーケース。

素材となるのは高級なイタリアンレザーを採用。

icon icon
<レザーケース:Camel(キャメル)>

icon icon
<レザーケース:Black(ブラック)>

本革という性質上、本来動物の皮膚となるものから出来上がっているので
元々の素材自体にシワや独特の風合いを持っているのが特徴。

一つ一つに微妙なニュアンスの違う個体差があり、
さらに使っていくうちに変化していくので
それを味理解できれば、味わいとして楽しむ事のできる素材。

裏地には、肌触りの良いクロス素材のボンセーヌを貼り
Xperiaの本体を素のままで入れても
クロス素材で優しく包まれてる安心感がある。

icon icon
icon icon
<Xperia NXをレザーケースに収める>

icon icon
icon icon
<Xperia acro HDをレザーケースに収める>

一つ一つが革職人が丁寧に縫製していて作り上げていて、
この厚みのある本革の周囲に、均等にかつ非常に正確に
ステッチが列をなして、美しくもそこに頑丈さとクオリティを感じられる。

作り方としては、Xperiaの形からの木型を使って
その形状に革の素材を立体成形しているので
そこにフィット感のある心地良い抵抗とともに本体を出し入れできる。

もちろんフィットしているとはいえ上部にフタをするスタイルではないので
逆さまにして振ったりすると本体が落ちてしまうかもしれないのでこの辺りは注意。

icon icon
icon icon
また、近くで目を凝らしてみると
ステッチの周辺にうっすらとミシンの押さえ跡が見えて
これは職人の方が丁寧に作りこんでいったという証でもある。

革の端の部分(コバ)も、単純に切りっぱなしではなく
手間のかかる削り処理をして綺麗なラインを描いていて
手に持った時にも手触りはとても心地良い。

ケースは常に開口しているので、
ポケットにXperiaを収める感覚で出し入れできて
取り出す時には丸くラウンドした切り込みから引き出す。

icon icon
icon icon
Xperia上面にはケースに入れたままアクセスできるので、
Xperia NX、Xperia acro HDともにヘッドホンをつないで音楽を聴いたり、
Xperia acro HDにいたっては、micro USB端子やmicro HDMI端子にも
当然接続もできる。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

icon
注意点としては、本革という素材の特性上、
動物の皮膚となるものから出来上がっているので
その元の革素材自体にシミやシワ、独特の風合いを持っていて
人工素材とは違って通り一辺倒の均一なものではないという事。

また、最初は硬めな感触から使っていくうちに馴染んで来るとか
色の変化や後から付く傷というものとか
それ自体を自分の使ってきた経年変化を楽しめるのがミソ。

そこを理解して初めて革素材のケースを使う良さがわかる。

ガジェットを入れるケースは山盛り存在するけれど、
気に入った本体を単純に保護するだけが目的ではなくて
その収まった姿もデザインの一つと考えると
スタイリッシュなケースに入れて持ち運びたい。

その一つの解として、
buzzhousedesignのレザーケースという選択肢もありきで
ハンドメイドならではの作り込みの高さと
“モノ”としてのこだわりのあるクオリティの高さを感じらるのは間違いない。


・Xperia NX & acro HD用buzzhouse design.製ハンドメイドフェルトケースを試す!
・VAIO Zシリーズのために作られたハンドメイドレザーケースのサンプルを試す!




Twitterボタン
最新ネタは、Twitterでつぶやき中!ID:kunkoku

iconicon

【TOPページへ】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/52012694
この記事へのコメント
今、ipadのケースでこのレザーケースのキャメルを使ってるんですが、他のBlack、Blue、Red、Greenってキャメルと一緒に並べて持ち歩いて大丈夫ですかね?色移りとか心配で、なかなかカラーを選択できないでいます。
Posted by ポロロン at 2012年06月29日 18:53