2012年05月26日

ながら使いができる「スモールアプリ」、Android4.0への進化が楽しいSony Tablet

icon
・ついに来たアップデート!Sony TabletからBDレコーダーを操れる快感!
の続き。

Sony Tablet SシリーズSony Tablet PシリーズのOSが、
Android 4.0.3へバージョンアップして、
ソニーのBDレコーダーで録画した番組を見たり放送中の番組を見られる以外にも
新しく追加された機能もあれが、
Android 4.0となった事での機能アップもある。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●ながら使いができる「スモールアプリ」!

icon
BDレコーダー連携に続いての今回の新機能が、「スモールアプリ」。

画面の中央真下に小さなアイコンが常時表示されていて、
ここをタッチすると、「ブラウザー」、「計算機」、「リモコン」といったアイコンが現れて
それぞれをタップすると、別のウィンドウが立ち上がる。

icon
ちなみに、「リモコン」アプリは、もともとSシリーズに搭載されるものなので、
Pシリーズには入っておらず、「ブラウザー」と「計算機」の2つになっている。

icon
「ブラウザー」アプリを起動させてみと、
メインで使っている画面の上に小画面が開く形で、ブラウザーが使える。

例えは、「レコプラ」や「youtube」で動画を見ながら、
手前にブラウザーを表示して検索といった事ができる。

icon icon
それにこの小さいウィンドウは場所もサイズも自由で
邪魔にならない位置に移動したり、大きくしたり小さくしたり、
そして、その小画面内でもしっかりとスクロールもしてくれる。

左端にピッタリ吸い付くような配置にも出来たりと
ちょっとタブレットではなくてウィンドウズのような
マルチタスクで作業ができる。

icon icon
もちろん「電卓」も「リモコン」も同じように好きな場所に移動できる。

「電卓」は18桁まで表示が可能、
「リモコン」は、テレビやBDレコーダーなど、
元々のリモコンアプリで登録していた機器を簡易モードで呼び出しできる。

タブレットでもマルチタスクで使えるとはいえ、アプリは全画面が前提なので
一旦画面を閉じて、また別のアプリを起動して、と非効率だったけれど、
スモールアプリに関してだけはまさに同時使用が出来るわけで
これはかなり便利!

icon
Sony Tablet Pシリーズにいたっては、
「スモールアプリ」を任意に配置するだけじゃなくて
下画面に固定させる事もできるので、
上画面で動画を見ながら、下画面でwebブラウズといった
やっとこの2画面を活かせる使い方が出来るのはうれしい!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●進化した「ギャラリー」アプリ、そして
 Sony Tablet SシリーズはSDカードの直接閲覧が可能に。


icon
「ギャラリー」アプリも進化していて、
特に編集出来る内容が細かい。

icon icon
明るさ調整、ハイライト、シャドウ、自動補正といった調整から
クロスプロセス、ポスタライズ、LOMO、ドキュメンタリー、
周辺減光、フィルムグレイン、魚眼レンズ、といった効果、
暖色、彩度、色合いといったカラーの微調整、
トリミング、赤目処理、傾き調整、回転、反転、といった処理まで、
画像加工ソフト並に加工できるのは凄い。

icon
これなら、PCのない外出先でも、
撮影した画像をちょっと編集して、
TwitterやFacebookやFlickrに納得したモノをアップできる。

icon
それから、Sony Tablet Sシリーズには、もともとSDカードスロットを搭載しているのだけれど、
今回のアップデートでようやく直接SDカードのデータを直接見られるようになった。

これで、例えば撮影したSDカードをSシリーズに差しこんで
「ギャラリー」でチェックしたり、
大量の動画をSDカードに入れたものを再生したりといった事が
当たり前に出来るようになった。

icon icon
ちなみに、設定から「ストレージ」を確認すると、
内蔵しているフラッシュメモリーを、「内部ストレージ」と「USBストレージ」
として認識していて、
SDカードを差し込んでも、ファイル転送でデータを取り込んで下さい
としか言われなかったけれど、
アップデート後は、きちんと「SDカード」として容量表示もされるようになっている。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●Android4.0にアップデートしてからの変化

icon icon
Android2.3からAndroid4.0になっての変化も多くて、
例えば、フォントは根本的に変わっているので見た目の雰囲気も違っているし、
アプリドロワーは、縦にスクロールするものから、
左右にフリックすると1ページ1ページ、消えては現れるという動作になっていて
その挙動はとってもスムーズ。

ただし、カスタム設定がなくなってしまったので、
自由に配置するという事はできなくなった。

icon icon
逆に、ホーム画面では、アプリアイコンを集結させて
フォルダを作る事が出来るようになったので、
同じグループをまとめてフォルダに入れておくと
見た目スッキリで使いたい時にサクっと使えるようになっている。

icon icon
それから、起動アプリを一覧で表示させた後も
そのアプリを右にフリックしていけばそのアプリを終了させる事ができるので
タスク管理も楽になる。

ロック画面から右フリックで復帰するだけでなく
左フリックすると、直接カメラを起動できるという機能も備わっている。

−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−

icon
また、設定からは、Wi-FiやBluetoothは、
下の階層に入らなくてもオンオフが可能になっていたり、
どの程度のデータを使用したかが確認もできる。

icon icon
Sony Tabletの画面をそのまま保存したい場合には、
電源ボタンと音量マイナスボタンを同時押しでスクリーンショットが撮れて
自動的に「Screenshotsフォルダ」に保存される。

icon
ぶっちゃけ、PCがあればスクリーンショットは保存できるものの
その手順がめんどくさかったりするので、
本体単体で撮れるのはとても楽。

−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−

icon icon
標準ブラウザでは、閲覧するたびに強制的にスマートフォン用のサイトが表示されないように
PC用表示の切り替え機能が付いた。

設定のLabo(ラボ)から「クイックコントロール」をONにしておくと、
画面の左あたりをタップすると扇形のアイコンが現れて、
即タップしてお気に入りに飛んだり、タブの切り替えができるようになっている。

また、「オフラインで読めるよう保存」も出来るようになっていて、
読みたいページを保存しておけば、3GやWi-Fiがつながらない場所でも見られるし
ブックマークの「保存したページ」からも見る事ができる。

icon icon
それから、結構心配していた
動画チャンネルがまともに再生できるか?という事。

「バンダイチャンネル」が見れなかったら死活問題なので
すぐにテストしてみた。
最初、再生できませんらしきメッセージが出てきてかなり焦ったけれど、
「Abobe Flash payer 11」を更新すれば、
それ以降は無事に再生されたのでホッと一安心。

というか、Sony Tablet Pシリーズは、
標準ブラウザではバンダイチャンネルが再生できなかったけれど、
Android4.0にアップデート後には再生できるようになっていて
これは素直にうれしかった。

icon
もちろんYoutubeも再生出来てたけれど、
相変わらずSony Tablet Pシリーズには、
Youtubeアプリが出てこないという状況は変わっていなかった。

icon icon
Android4.0になってからの恩恵としては、
「Chrome Beta」アプリのインストールが可能になっていて、
PCで「Google Chrome」のお世話になっている自分としては、
お気に入りを共有できたりしてこれはこれで便利になった。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

Android 4.0になったら、もしかしてモッサリな動作になってしまうんじゃないか?
という心配もあったけれど、概ね触っている限りではいたってまともに動いていて、
十分気持よく使える。

それに、BDレコーダーの連携やスモールアプリといった
新しい楽しみ方も加わって、かつこれだけたくさんの進化をしてくれると
もはや当初発売された頃のSony Tabletの面影がないほどに
自分の生活の中で、とりあえず楽しいし
とりあえず使っておきたいと思えるアイテムになってきたといっても
言い過ぎじゃないかもしれない。




・やっとキタ!BDレコーダーの録画番組、リアルタイム番組をSony Tabletで見られる!
・イライラしない、心地良く気持よく動いてくれるタブレット、それがSonyTablet
・SonyTabletが家にあると、ちょっとおもしろい生活がやってくるかも。
・ソニー純正の液晶保護シート「SGPFLS1」をSonyTablet Sシリーズに貼ってみる。
・ワリと実用的に使えるSonyTablet Sシリーズ専用のキャリングカバー。
・SonyTablet Sシリーズ(Wi-Fiモデル)はいきなりアップデートでAndroid3.2になる!
・自分の手持ちの本をPDF化してSonyTabletを電子本として楽しむ。
・SonyTablet Sシリーズを毎日見てても飽きないフォトフレームにしてしまおう。

・小さく持ち運べるSony Tablet Pシリーズを初期セットアップ。
・PS3、BRAVIA、Xperiaで、映画や海外ドラマを観られる「Hulu」を試してみる!
・Sony Tabletで、ReaderStoreから電子書籍を直接ダウンロードして楽しもう!
・「Account Manager」が改善されて、Sony Tabletのバッテリー持続時間修復!?
・Sony Tablet Pシリーズで、『ATOK』のQWERTYキーボードを使う。
・Sony Tablet Pシリーズに、白いカバーをハメて“連邦の白いヤツ”仕様にする!
・Sony Tablet Pシリーズを外観も中身も“連邦の白いヤツ”仕様にするんだっ!
・Sony Tablet Pシリーズで快適にバンダイチャンネルを観られるようにしよう!
・Sony TabletのReaderアプリがアップデートでブックマークやハイライトに対応!
・『PORTERオリジナルバッグ』にSonyTablet Pシリーズ(とその他)を入れて使ってみる。




Twitterボタン
最新ネタは、Twitterでつぶやき中!ID:kunkoku

iconicon

【TOPページへ】


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/52016738