2012年07月26日

BDはもちろん、ネット動画、音楽も楽しめるクライアントプレーヤー「BDP-S590」

icon
ソニーから、新しいブルーレイディスクプレーヤー2機種を発表!

・YouTube™などのネット動画もより手軽に楽しめるブルーレイディスク™プレーヤー2機種発売

今回の2モデルは「Sony Entertainment Network」が利用できるのが特徴で
特に、上位モデルの「BDP-S590」は、3D対応はもちろん
Wi-Fiからネットワーク機能を備えた、クライアントプレーヤーとも言うべきモデルとなっている。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

icon
ブルーレイディスク/DVDプレーヤー「BDP-S590」
ソニーストア販売予定価格:23,800円(税込)
●2012年10月発売予定

0726e
まずは、基本のブルーレイディスクプレーヤーとして、
3D再生に対応してブルーレイ3Dはもちろん、
ハンディカムやサイバーショットで撮影した3D動画/静止画の再生にも対応。

ソフトの読み込みも高速ローディング技術により
ブルーレイディスクを入れたときにかかる再生の待ち時間を解消。
「高速起動モード」にしておくと、電源OFFから約3秒でトレイがオープン、
ディスクをすぐにセットして使うといった事もできる。

ディスクを入れた際に、“Gracenote”から
タイトル名やジャケットイメージ、監督・俳優・アーティスト名といった
映画、音楽作品に関する情報を閲覧するといった使い方もできる。

0726n
そして、有線LANに加えて無線LANも内蔵して
「Sony Entertainment Network(以下SEN)」と呼ばれる
インターネット動画・音楽配信サービスに対応して、
YouTubeや「Hulu」、「DMM.TV」、「U-NEXT」、
映画やアニメを視聴できる「Video Unlimited」、
クラウドベースの定額制音楽配信サービス 「Music Unlimited」
といったコンテンツを楽しむ事ができる。

0726k0726l
DLNAにも対応していて、「ソニールームリンク」を使うと
ネットワークでつながった別の部屋にあるブルーレイディスクレコーダーに
録画した番組を見る事ができる。

再生対応メディアは、
マルチメディア再生、マルチフォーマット再生に対応していて、
BD、DVD、CD、スーパーオーディオCD、USBメモリー、HDDから、
動画は、MPEG、MPEG4、AVC、WMV、AVCHD、
音楽は、CD、SACD、リニアPCM、MP3、AAC、WMA、
静止画は、JPEGの再生に対応している。

0726g
HDMIケーブル1本で接続して
ブラビアの電源ON連動したり、リンクメニュー対応のブラビアなら
付属リモコンでそのまま利用する事もできる。

0726i0726h
DVDものようなスタンダード画質を、ノイズの少ない高精細な映像で楽しめる
「プレシジョンシネマHDアップスケール」技術や
映画フィルムの質感を楽しめる24p映像の出力にも対応。

音声部分では、
BDソフトに収録されている高音質フォーマットのドルビーTrue HDや
DTS HD Master Audioのデコードに対応する。

−・−・−・−・−・−・−・−・−・−

icon
ブルーレイディスク/DVDプレーヤー「BDP-S190」
ソニーストア販売予定価格:14,800円(税込)
●2012年9月1日発売予定

エントリーモデルの「BDP-S190」は、幅約290mmというコンパクトなボディで
狭いスペースでも設置しのしやすさが特徴的。

「高速ローディング」や「高速起動モード」を備えていて
ブルーレイディスクを観たいと思ったらすぐに再生できるのが便利。

また、有線LAN接続して
「Sony Entertainment Network(以下SEN)」と呼ばれる
インターネット動画・音楽配信サービスを楽しむ事もできる。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「SEN」が使えるだけで、
単純にブルーレイディスクプレーヤーではなくて
Youtubeとか「Hulu」のようなネットワーク動画を楽しめてしまうし、
「Music Unlimited」を使ってBGMを流す専用機にするなどして
使い勝手は劇的に広がる。

さらに、上位モデル(S590)になれば、
別の部屋にある動画を再生したり、
PCから持ってきたUSBやHDDのデータを見たりと
いろんなものを再生するためのクライアント用のプレーヤーとして使える。

今までは、これはPlayStation3がその役割を担ってきたのだけれど、
見た目ゲーム機を置くのと違って、
BDプレーヤーのようなシンプルな機器で見た目にも違ってくるし
より低コストで導入できるというメリットもある。





Twitterボタン
最新ネタは、Twitterでつぶやき中!ID:kunkoku

iconicon

【TOPページへ】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/52028107