2012年08月01日

Xperia Tabletというネーミングで現れた新しいSony Tabletの噂。

0731f
まぁそろそろ出てきてもおかしくはないSony Tabletの噂。

Sony Tablet Sシリーズの現行モデルは、
7月に生産完了になっていて、このまま空白の状態が続くとは思えず
そんな矢先にネット上で流れた新たなSony Tablet Sシリーズの情報。

・New Sony Tablet SGPT1211 Coming:XDA developers
・Sony Tablet S後継モデルのスライド資料が流出?:juggly.cn

真偽のほど定かではないので、あくまでも噂を楽しむものとして。

0731g

まず、目に飛び込んでくるのが、”Xperia”の文字!
新しいブランドの位置づけとしてXperiaファミリーに加えて
「Xperia Sony Tablet」とされているところ。

確かに、One Sonyを掲げる向きであるのならば、
同じAndroid OSを採用するという意味でもSony TabletとXperiaが
同一のカテゴリーとなっても不思議ではない。

と、それを踏まえた上で本体のデザインは、
スリムボディ、アルミ素材を採用して、防滴仕様へと。

本体の厚さは、最薄部で10.1mmから8.8mm、
最厚部で20.6mmから11.6mmへと42%もスリム化している。

0731h
スペック表を見る限りでは、
仮名称?を「S 2nd Gen」としていて、
ディスプレイサイズは、9.4インチ(1,280×800)はそのまま、
OSは、ICS(Android 4.0)以降、
CPUは、クアッドコアとなるTegra 3、
内蔵ストレージには、16GBと32GBに加え、64GBも用意されている。

背面に800万画素、フロントに100万画素のカメラを搭載
ワイヤレスは、3G、Bluetooth3.0、Wi-Fi(a/b/g/n)、

外部端子として、STポート、SDカードスロット、マイク端子、ヘッドホン出力端子、
そしてステレオスピーカーを搭載する。

バッテリー容量は、6,000mAhと増加して
Wi-Fiブラウジングであれば最長10時間駆動できるようになっている。

サイズは、241.2mm×8.8mm(最厚部11.85mm)x174.3mm、
質量は、Wi-Fiモデルで520g。


0731i0731j
アクセサリーもユニークなものが掲載さていて、
そのままキーボードにもなる非常に薄いカバー、
Cover with Keybord 「SGPSK1」。

視聴スタイルが変更できるクレードル
Charging Cradle 「SGPDS2」。

載せると、充電もできつつ
音楽やビデオを良い音で楽しめるという
Dock Speaker 「SGPSPK7」。

HDMI出力と3つのUSB端子を持っていて
かつスタイリッシュにスタンドさせられる
Dock Stand 「SGPDS3」。

0731k
他にも、
3つのアングルでホールドできる Tablet Standや
5つのファブリック素材と2つの革素材、合計7色の
簡易スタンドにも活用できるカバーのCarryng Caseもある。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

Sony Tablet Sシリーズとしては正当進化しているように見えるし
アクセサリーもかなりおもしろそうなグッズがあったりとかなり興味をソソられる。

あとは、これが本物かどうかというのは置いといて、
このタブレットすたいるの端末を持って何ができるか?が重要。

タブレットやスマートフォンというものは、
いつだってスペックとのいたちごっこではあるし
それも重要な要素ではあるけれど、
ぶっちゃけそれだけだと全然おもしろくないしすぐ飽きる。

ソニーは、去年掲げていたソニー製品の中心にSony Tabletを主軸としてつながっていく
というコンセプトはすぐにはかなわなかったものの、
ようやくというか、
今当たり前に、BDレコーダー「nasne(ナスネ)」から、
録画した番組を見たり、ライブ視聴できたり、
電子書籍をダウンロードして本の如く読めたり、
「Music Unlimited」にあるようなクラウド上の音楽を手元で管理して
自室のアンプとスピーカーからいい音で聴いたり、
こんな事が当たり前にできるようになってきたし、
そうすると、タブレットをスタンドアロンで楽しむだけでなくて
こうしたいろんな”何か”をしようとした時の入り口というか、
そこが気持よくつながるための、オペレーションとしての役割をSony Tabletが果たしてくれると
本当に、家に一つ絶対なければいけない存在になってくるはず。

8月29日には、ドイツ・ベルリンで開催される
エレクトロニクスショー「IFA2012」で、ソニーがプレスイベントを行うようだし、
そこにも非常に注目しよう。


・ソニー、8月29日の「IFA2012」プレスカンファレンスで新型Xperiaを発表するのか!?



Twitterボタン
最新ネタは、Twitterでつぶやき中!ID:kunkoku

iconicon

【TOPページへ】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/52029123
この記事へのコメント
きましたね。
前回のSは、デザインは好き嫌い分かれましたが、ちょっと分厚すぎない?という点は好きな方も共通だった気がします。
それからこれってフラグシップなんですかね?
1,280×800って今では下位機種として扱ってるところがだんだん増えてきてますけど。
あとは価格!同スペックの他社機種は、もうかなり値下がりしてますから、強気な価格設定するとまた苦戦しそう(^0^;)
Posted by kuroro at 2012年08月01日 20:05