2012年08月27日

Bluetooth搭載、 サブウーファーもワイヤレスなホームシアターシステム「HT-CT260」

icon
ソニーから、Bluetoothを搭載、
サブウーファーもワイヤレス接続になったホームシアターシステム「HT-CT260」を発売。

・スマートフォンからのワイヤレス音楽再生やサブウーファーのワイヤレス接続により、
 利便性と設置の自由度を向上させたホームシアターシステム発売


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
icon
ホームシアターシステム「HT-CT260」
ソニーストア販売価格:29,800円(税込)

このホームシアターシステムは、
サウンドバーと、サブウーファからなる2.1chシアターシステム。

0829f
基本的なホームシアターを楽しむ技術として
臨場感豊かなサラウンドを再現する
フロントサラウンド技術「S-Force PRO フロントサラウンド」や、
ソニー独自のフルデジタルアンプ「S-Master」、
映画のセリフやニュースのアナウンスの声を聞き取りやすくする「クリアボイス設計」、
MP3などのデジタル圧縮音源で失われる高音域を補う
音楽再生用高音質化技術の「ポータブルオーディオエンハンサー」も搭載する。

スピーカー部は、
サウンドバー部に、フルレンジ、バスレフ型、55×80mmコーン型のフロントスピーカーを2つ、
バスレフ型の130mmのコーン型のサブウーファ。

アンプ部は、
サウンドバー部が85W×85W、サブウーファ部が100Wの
最大出力は総合270Wもの余力のある出力を持つ。

0829d0829g
そして、このホームシアターシステムの大きな特徴となっているのが
2つのワイヤレス。

サウンドバーにBluetoothを内蔵、
例えば、Bluetoothを搭載したウォークマンや、スマートフォン、タブレットといったガジェットから
ワイヤレスで音楽を再生して楽しむ事ができる。

当たり前に、
光デジタル音声入力、同軸デジタル音声入力、アナログ音声入力から有線で
テレビやプレーヤーを接続しての再生といった兼用もできる。

また、サブウーファもワイヤレスを採用しているので
電源ケーブル以外のケーブル接続が不要で、
設置の自由度が非常に高いし、見た目にもスッキリとおける。

0829e0829i
スピーカー部の形状は、六角柱のデザインで
その形をうまく利用して、「30度上向き」と「正面」の2つの視聴角度を好みで選べる。

また、スピーカーは壁掛けにも対応しているので
ほぼどういった設置環境にも対応する。
0829j
0829k

0829h
TVの前にスピーカーを置くと
その背後にあるテレビがリモコンを受信できなくなってしまうなんて事があるけれど
TVのリモコン信号をスピーカーで受けてそのまま背面からTVへ伝送する
「IRリピーター機能」のおかげで設置位置によって苦痛になる事もない。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

こうしたホームシアターシステムは、
まず設置のしやすさ、いかにシンプルに導入出来るかが重要。

サブウーファーがワイヤレスになるだけでも
テレビの近くに設置するスピーカー部から
ニョロニョロと配線が這っていくのを目の当たりにしなくてもいいし
コンセント近くにおいておけばスッキリサッパリ。

それに、他社で同じタイプのホームシアターシステムで
Bluetoothを付けようと思うと、プラス1万円くらいの投資が必要になってしまうのに
それが最初から内蔵されているわけだし、
総合出力が270Wという出力の大きさも魅力。

ホームシアターシステムは、
基本的にテレビの音、BDレコーダーの音を臨場感ある音声にして使う
というのが定番だけれど、
普通に手元にあるウォークマンやスマートフォン、タブレットを使いながら
その音声をBluetoothで飛ばして、
質のイイ音でその音声を再生できるとなるとこれまた楽しい。




Twitterボタン
最新ネタは、Twitterでつぶやき中!ID:kunkoku

iconicon

【TOPページへ】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/52034017