2012年09月20日

ウォークマン最高音質を誇るAndroid“ウォークマン”Fシリーズ登場!

icon
ソニーから新型ウォークマンとして、
Androidを搭載したFシリーズと、Sシリーズの2つのシリーズを発表!

ソニー独自の高音質技術と音楽プレーヤーならではの操作性を兼ね備え、
さまざまなスタイルで音楽を楽しめるAndroid™搭載“ウォークマン”Fシリーズ発売


去年、Androidを搭載したウォークマンとして登場した
“ウォークマン”Zシリーズに続く
新たなモデルとして出てきたのが、“ウォークマン”Fシリーズ「NW-F800シリーズ」

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●よりコンパクトに軽量化したAndroid“ウォークマン”Fシリーズ

0920d
ディスプレイサイズは、3.5型(480×800ドット)で、
Zシリーズの4.3型から小型化しているものの解像度はそのままで
小型化による持ち運びやすさは良くなっている。

「外形寸法」
Fシリーズ : 114.6×56.8×8.9mm  質量100g
Zシリーズ : 134.4×70.9×11.1mm  質量156g

スペックとしては、NVIDIA Tegra2 1GHz Dual-coreを採用していて、
デュアルコアCPUの高速並列処理での、快適な操作性を持つ。
メインメモリーは、512MB。

0920e
ワイヤレスLAN(IEEE 802.11b/g/n)やBluetooth(A2DP/AVRCP/OPP/HID)、
GPSを搭載する。

そして、Androidは4.0を採用しているため、
プリインストールされているアプリ以外にも
Androidマーケットから好きなアプリをダウンロードして追加できる自由度も持つ。

標準でYouTubeやGmail、Google Map、Webブラウザ以外に、
ソニー専用アプリとして、
W.ミュージックやビデオプレーヤー、フォトビューワー、DLNA、
ノイズキャンセル、FMラジオ、といったアプリをプリインストールしている。

ウォークマンZシリーズからの相違点としては、
HDMI出力が省かれ、ちょい聴きmoraがなくなっている代わりに、
FLACへ対応となった。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●高音質のための7つのクリアオーディオテクノロジー

Androidをベースとしながらも7つのクリアオーディオテクノロジーを搭載。

0913u


ソニー独自のフルデジタルアンプ技術「S-Master」の
さらに進化した「S-Master MX」は、
音声信号をフルデジタル処理する時のプロセスを最適化することで、
今までよりも、さらに歪みやノイズを低減、
小さな音量でも大きな音量でもその音質のディテールを維持したまま
原音に忠実な再生できる。


そして、
デジタルノイズキャンセリング機能も搭載。

デジタル化されたノイズキャンセリング機能で
周囲の騒音を約98.0%までカットできる能力を本体で可能にして、
その効果も電車やバス、 航空機、室内といった3モードから
適時に選ぶ事ができる。

音楽を聞かない場合でもシンプルに集中したい時に
「サイレントモード」を使えば周囲の騒音だけを抑えたり、
別売の録音ケーブル「WMC-NWR1」を利用して
外部入力の音声にもノイズキャンセルをかけることもできる。


ノイズキャンセリングのマイクを持つヘッドホンには
大口径の13.5mmドライバーユニットを採用、
密閉型バーティカル・イン・ザ・イヤー方式のヘッドホンとなっていて
かつイヤーピースは2種類の硬さにわけられたハイブリッドタイプなので
装着感がより増した事で音漏れを防ぎながら広い帯域の音質を楽しめる。

その他にも、
高音域をクリアに再現する補正技術「DSEE」
左右の音を綺麗に届ける「クリアステレオ」
クリアで力強い重低音を再現する「クリアベース」
を備える。

0920g
そして、7つ目となるのが高音質化技術「クリアフェーズ」で、
デジタル信号処理により、スピーカーやヘッドフォンの音響特性を最適化して
演奏やボーカル音を際立たせて、自然で広がりのあるクリアなサウンドを楽しめる。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●音楽プレーヤーとしての「W.ミュージック」

0920k0920j
音楽を再生するアプリ「W.ミュージック」という専用アプリで、
ジャケット写真にタッチしてアルバムを選んだり、
リストからアーティストやアルバムを選んだりといった直感的に操作したり、
12音解析技術から自動的に分類されたチャンネルから
気分や時間帯にあわせておすすめの音楽を聴く「おまかせチャンネル」
8種類のビジュアライザーを搭載。


デフォルトのPC用転送アプリは、「x-アプリ」で、
音楽、動画、写真、ポッドキャスト、さらに歌詞データをFシリーズへ転送。

0920h
もちろん、「歌詞ピタ」にも対応していて、
大画面ならではの歌詞が画面にズラっと並び、
たくさんの歌詞を見渡せるのと同時に
指でスクロールして聴きたい歌詞にタッチすれば
そのフレーズからすぐに再生をしてくれる。

0920l
本体の左サイドには「W.ボタン」を搭載。

これを押すと、画面で何をしていても、音楽操作画面を表示する事ができて、
すぐに音楽を楽しむ事ができるので、
例えばインターネットしながら音楽を聴くといったスタイルで楽しむ事もできる。

対応音楽形式は、
MP3、WMA、FLAC、ATRAC、ATRAC Advanced Lossless、
リニアPCM、AAC、HE-AAC。
今回新たにFLACに対応したことがトピック。
ただし、Apple Losslessへの対応は未定。

対応ビデオ形式は、
MPEG-4 AVC/H.264(Baseline Profile)、
MPEG-4(.mp4、.m4v)、WMV。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●BDレコーダー、nasneから録画した番組を持ち出す!

0920m
ブルーレイディスクレコーダーや録画機能を搭載したBRAVIAで
録画した番組を転送する事ができる「おでかけ転送」に対応。

BDレコーダーでは、QVGA(320x240)という解像度の動画だけでなくて
VGA(640x480)でのお出かけ用の動画を見る事ができる。

0920n
ブルーレイディスクレコーダーに限らず、
「torne(トルネ)」や「nasne(ナスネ)」で録画した番組も、
ウォークマンへ書きだして
おでかけ転送のようにウォークマンで持ちだして見ることも可能。
(有料コンテンツとして500円で購入する必要。)

DLNAにも対応。
また、年内のアップデートで、
「DLNA Throw」、「ダイレクトエンコーディング」の機能も追加される。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●音楽配信サービス「mora」もリニューアル!

0920o

・「mora」全面リニューアル!&サービス一時休止のお知らせ:mora

9月30日から10月1日のリニューアル作業を経て
音楽配信サービス「mora」も一新。

まず、配信形式がAAC 320kbpsとなり、DRMフリーとなる。

そして、「mora」「mora touch」といった別々になっていたサービスを統合、
「mora」をPCからだけでなく、Android搭載のスマートフォンやタブレットからも
直接購入する事が出来るようになる。

ウォークマンFシリーズでは、
「mora」アプリからワイヤレスLAN経由で楽曲を購入、
そして「W.ミュージック」から再生できる。

また、「Media Go 2.3」にも対応。
ただし、「x-アプリ」と「Media Go」とでは、転送形式や録音フォーマットが違うため
ウォークマンで利用するアプリを選択する必要がある。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●“ウォークマン”Fシリーズ ラインナップ

icon
“ウォークマン”Fシリーズは、16GB、32GB、64GBの3つの容量をラインナップ、
そしてそれぞれに、
ブルー、ライトピンク、ホワイト、ビビッドピンク、ブラックの5色を用意する。

また、ソニーストア限定モデルとして
64GBの「ガンメタリックシルバー」の限定カラーも存在する。

icon
“ウォークマン”Fシリーズ「NW-F807」 【64GB】
ソニーストア販売価格:35,000円前後

“ウォークマン”Fシリーズ「NW-F806」 【32GB】
ソニーストア販売価格:25,000円前後

“ウォークマン”Fシリーズ「NW-F805」 【16GB】
ソニーストア販売価格:20,000円前後

icon
“ウォークマン”Fシリーズ「NW-F806K」 【32GB】
ソニーストア販売価格:28,000円前後

“ウォークマン”Fシリーズ「NW-F805K」 【16GB】
ソニーストア販売価格:23,000円前後

NW-F800Kシリーズは、本体カラーに合わせた専用スピーカーが付属。

ウォークマン本体を載せて再生・充電が可能。
逆にウォークマン”本体の充電池を使用してスピーカーを駆動もできるので
屋外へ持ち出しても音楽を楽しめる。

高音質技術「クリアフェーズ」により、
デジタル信号処理で付属スピーカーの音響特性を最適化して音質を向上。
音量増強技術“xLOUD”の搭載などにより迫力のあるサウンドを楽しめる。

icon
“ウォークマン”Fシリーズ「NW-F805BT」 【16GB】
ソニーストア販売価格:26,000円前後

NW-F800BTシリーズは、本体カラーにあわせた
Bluetoothヘッドホンを付属。

シャトルスイッチでワイヤレスに操作でき、
かつ「ノイズキャンセリング機能」を搭載して
周囲の騒音を約90.0%することができる。

“ウォークマン”からの「おすそわけ充電」や
microUSB を使用してPC などから直接充電することもできる。

−・−・−・−・−・−・−・−・−

icon

“ウォークマン”Fシリーズ「NW-F807/S」 【64GB】
ソニーストア販売価格:38,000円前後

ソニーストア限定カラーとして
特別仕様としてアルミ素材を生かした深い「ガンメタリックシルバー」を用意。

0920w0920x
正面下部には、
アルゴリズミックなテクスチャーを施して
その本体のプレミアム感を一層ひきたてている。

この「ガンメタリックシルバー」にも、
ディズニーキャラクター『ヴィンテージ・コレクション』として
オリジナルの刻印と壁紙を用意。

メッセージ刻印サービスとして、
多様なにオリジナルのメッセージを刻印することができる。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

去年、Androidを搭載したウォークマンとして登場した
“ウォークマン”Zシリーズが出てきたけれど、
“ウォークマン”Fシリーズは、同じ解像度のままで小型化しているのが印象的。

そして、
ウォークマンであるべくして”音質”をさらに強化して、
フルデジタルアンプ技術「S-Master MX」をはじめとする
クリアオーディオテクノロジーに、新たに
高音質化技術「クリアフェーズ」を加えて
さらには、FLACにも対応するなどしてさらに音質面を強化。

もちろん、ヨーロッパ発表モデルではなかった事にされている
デジタルノイズキャンセリング機能は、当然ながら搭載していて
純粋に音楽を聴くという向きとして進化している。

気になるのは、
“ウォークマン”ZシリーズでもBluetooth接続が出来るにもかかわらず、
実際に使うと、音途切れに遭遇する事が多々あって、
その要因としては、OSだったりBluetoothのバージョンの更新で
修正される期待感もあるのだけれど、
今回“ウォークマン”Fシリーズは、筐体を見なおしていて、
全てをアルミで覆ってしまうのではなくて、
本体の上部のアンテナがおさまる部分には材質を変更するなどして
より電波の通りやすい仕様になっている点。

Android端末だけに、アプリを多量に動作させてしまうと
音楽再生に影響が出ないとは言い切れないけれど、
いろいろと改善されてそうで期待できる。

それと、直接的ではないけれど、
「MusicUnlimited」は非常に重宝して、このサービスは相当便利だと思っているのだけれど
やっぱりAndroid端末での再生が不安定で(他のデバイスではほぼ快適)
このあたりは、アプリの改善をして欲しい。

そうすると、
ローカルに取り込んだ音楽を良い音質で聴くという使い方と、
クラウド上に山盛りある楽曲の中から出会える曲が聴けるという
ものすごく充実した音楽ライフが出来上がるわけで、
そういった意味では、Androidを搭載したウォークマンというのはとっても魅力的。

もちろんソニー製品との連携も幅広くなるわけで、
これ1台を手にしていると、いろいろと楽しい事が増えていきそうな気がする。

Twitterボタン
最新ネタは、Twitterでつぶやき中!ID:kunkoku

iconicon

【TOPページへ】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/52037508