2012年11月29日

吉田カバンxソニーストアコラボのモバイルVAIOを持ち歩ける「PORTERオリジナルケース」

icon
吉田カバンとソニーストアのコラボレーション企画、
モバイルVAIOに小物を入れてこれ1つで持ち歩ける『PORTERオリジナルケース』。

「PCをスマートに持ち運ぶ」をコンセプトに
モバイルVAIOをしっかりと守るクッションの入った堅牢性と
必要な小物類も一緒に持ち運べる機能性を兼ね備えた
シンプルなデザインのオリジナルPCケース。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●収納力と堅牢性をもったシンプルデザインのPCケース

icon icon
icon icon
icon icon
PORTERオリジナルPCケース「CC-PTR/CS」
カラー:ブラック、ブラウン
ソニーストア販売価格:17,800円(税込)

バッグ本体の外観寸法は、横幅約360mm × 高さ約260mm × 奥行き約45mmで、
表面の素材には、ナイロンダック生地を採用。

icon icon
ナイロンダック生地は、
耐水性、耐久性に優れているとされていて、さらに、厚みのある生地のため
不意に擦ってしまても破れてしまうという事もないし
ある程度の水しぶきが飛び散っても撥水してくれるので
外に持ち出しても中身をしっかりと守ってくれる。

icon
外観デザインはシンプルなスクウェアデザインで
サイドからみるとスリムに仕上がっていて、
右下にワンポイントとして、
「style red」ラインという黒地にレッドの刺繍を施したタグが入っていて
強いアクセントになっている。

この赤いタグは、ソニーストアと吉田カバンのコラボしたアイテムのみに採用されているもので
通常販売されている吉田カバンにはない、ひと味違う存在感をアピールできる。

icon
底の部分には、持ち手がついていて
ここに手を引っ掛けて持つと非常に安定していて
VAIOノートやケースを含めた2kg程度の総重量でも
ガッシリと小脇にかかえてあちこちに持ち運ぶ事ができる。

上から覆いかぶさるように上蓋が覆っていて
2箇所にあるボタンをパチンとはずすと
すぐに中のPCにアクセスできる。

icon icon
前面には、中央で仕切られた2つのポケットがあって
ある程度の深さがあるので
スマートフォンやポータブル電源、
USBメモリーやケーブル類、ペンといったものを収納できる。

icon
背面には、一つの大きなポケットが用意されていて
手帳や書類といったものを入れたり
ACアダプターを収納する事もできる。

ただ、もともと本体がスリムな事もあって
あまり厚いアイテムを入れると
ケースが不恰好に膨らんでしまうので注意。

icon icon
icon icon
PCを収納する内側には、
前後左右底面に厚めのクッション素材が入っていて、
直接触れる内側の生地には起毛素材が使われていて、
素の本体をそのまま突っ込んでも優しく保護してくれる。

icon icon
収納できるサイズは、11インチから13インチのVAIOノートで
PCのサイズにあわせて内部にあるクッションを
底面、もしくは側面に配置できるようになっていて
横幅サイズの小さい11インチでもしっかりとホールドできる。
13インチサイズはそのクッションを好みで取り外して
ジャストサイズを調整できる。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●モバイルVAIOノートを収めてみる。

公式には、対応するVAIOノートは、
Sシリーズ13P、Sシリーズ13、Tシリーズ13、Tシリーズ11、Eシリーズ11
とされているものの、
それらを含めて、その他のモバイルVAIOノートも入れてみる。

icon
iconicon
「VAIO Sシリーズ13P」シリーズを収納。
まさにジャストサイズ。
「VAIO Sシリーズ」も同様にピッタリ。

icon
iconicon
「VAIO Tシリーズ13」も綺麗に収まる。
一応、右下のブラウンのケースに入れている画像は、
横幅を確認するために収める途中で撮影したもので、
実際にはきちんと奥まで収まる。 

icon
iconicon
「VAIO Tシリーズ11」は、フットプリントが一回り小さくなるので、
内部のクッションをサイドに貼り付ける事で
きちんと中でホールドできるようになる。

−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−

ここからは、公式には対応から外れてるけれど
その他のモバイルVAIOたちをPCケースに入れてみる。

メーカー推奨ではないので、
このあたりは自己責任レベルの話になるけれども。

icon
iconicon
「VAIO Duo 11」を入れてみるとこれもキレイに収まる。
内側のインナーに触れる部分はきめの細かい優しい手触りの素材で
かつクッションがしっかりしているので、
液晶ディスプレイ面も十分に守ってくれるんじゃないかと思われる。

icon
ちなみに、拡張バッテリーを装着したままでも
余裕で収まるので、このケースはなかなか使い勝手がよさそうな気がする。


icon
iconicon
VAIO Zシリーズにいたってはもうスッポリと収納。
本体が薄いから、こちらも拡張バッテリーをくっつけた状態でも
しっかりと収納できる貴重なケースとも言える。

icon
iconicon
iconicon
その他、手持ちのVAIO。

VAIO Tシリーズ(TZシリーズ)を入れてみると
クッションを横に入れても、ちょっと左右にスキマが出来てしまていた。

VAIO Zシリーズ(Z90シリーズ)は
比較的本体の厚みがあるけれど、きちんと収まってくれたので
こういった流用もあり。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

わりとコンパクトにモバイルVAIOを入れられて
かつ周辺機器や小物を一緒にひとまとめにして
一つで持ち運べるPCケースというのはなかなか重宝する。

それも、きちんと傷や衝撃から守られているという安心感もあるし
ある程度ビジネスユースでもプライベートでも
どんなシチュエーションにでも違和感なく利用できるのは結構便利。

そう、「VAIO Duo 11」を買ったものの
本体だけじゃなくて、デジタルスタイラスとかACアダプター、Wi-Fiルーター
あたりを一式まとめて入れて持ち運べるケースがないかなーと思っていただけに
これはなかなかいいかもしれない。
(公式には対応機種に入ってないけどw)




Twitterボタン
最新ネタは、Twitterでつぶやき中!ID:kunkoku

iconicon

【TOPページへ】



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/52049164