2012年12月03日

PS Vitaでnasneが操れる「torne PSVita」は12月20日配信開始!

icon
ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン(SCEJ)は、
PlayStation Vita(PS Vita)専用TVアプリケーション
『torne(トルネ) PlayStation Vita』(以下、『torne PS Vita』)を、
2012年12月20日(木)からPlayStation Storeで配信を開始!

・PlayStationRVita専用TVアプリケーション「torne(トルネ)™ PlayStationRVita」
 12月20日(木)配信開始
 期間限定でアプリケーションを無料配信


1203u
 『torne PS Vita』というアプリを使うと、
既に発売されている「nasne(ナスネ)」を利用して
録画された番組を見たり、リアルタイムにTV番組をみたりが
PS Vitaで出来るようになる。

さらに、「nasne」に録画された番組を、Wi-Fi経由で
のメモリーカードに書き出して持ち運んで見るといった事も出来るようになる。

このアプリは、通常800円(税込)で販売される予定になっているけれども
配信が開始される2012年12月20日(木)から2013年2月27日(水)までの間に限って
0円で配信するキャンペーンも実施する。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●「torne(トルネ) PlayStation Vita」うんちく

PS Vitaを『torne PS Vita』をダウンロードするには、
Sony Entertainment Networkアカウントでログインが必要で、
メモリーカードには、60MB以上の空き容量が必要。

『torne PS Vita』をPS Vitaにインストールすると
以下の機能が使えるようになる。

【TV/ ビデオ視聴】
Wi-Fi経由で「nasne」にアクセスして、
リアルタイムに放送している地上デジタル放送、BS/110度CSデジタル放送を見ることができ、
かつ、「nasne」に録画されている番組も
PS Vitaの5インチ有機ELディスプレイで楽しむ事ができる。

ビデオ視聴では見たいシーンをすぐに探せるビジュアルシーンサーチや
以下の操作が可能。

−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−
音声付き早見再生、追いかけ再生、リジューム再生、連続再生、
スロー再生/スロー逆再生、コマ送り/コマ戻し、早送り/早戻し、フラッシュ送り/フラッシュ戻し
録画モード選択(DR&3倍)、繰り返し録画予約、番組表からの直接予約
My番組表、指定チャンネルの一週間表示、日付指定検索
ジャンル/サブジャンル検索、キーワード検索
−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−

「nasne」の操作は最大4台までコントロール可能。

icon
【タッチ操作対応】
方向キーやボタンでの操作といったハードキーからの操作はもちろん、
「torne PS Vita」はタッチ操作にも完全対応。

例えば、番組表では
ドラッグやフリックで自由にスクロール、
ピンチイン/ピンチアウトで拡大/縮小して
見たい番組を簡単に探すことができる。

【録画番組のWi-Fi書き出し】
「nasne」に録画されている番組を、
Wi-Fi経由でPS Vitaのメモリーカードへ書き出して
いつでもどこでも撮りためた番組を持ちだして見る事ができる。

書き出しに必要なメモリーカード容量は2GB以上で
容量は、おおよそ1時間あたり約750MB程度、
30分番組の転送には約10〜15分で完了する。
(フォーマット:H.264/AVC,partial TS,720×480,29.97p,2Mbps)

icon
【トルミル機能】
『torne PS Vita』でも、PS3専用「torne」で利用できるトルミル機能が利用可能。

トルミル機能を使うとリアルタイムで
“番組を録画している人数(トル数)”と“視聴している人数(ミル数)”がわかって
人気の番組をチェックすることができる。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

これでようやくPlayStation Vita(PS Vita)
「nasne(ナスネ)」を最大限に利用することができる
ガジェットとして使う事ができる。

自宅内でWi-Fiで「nasne」で録画した番組を見るというのもだけれど
やっぱり録画された番組を、Wi-Fi経由で
メモリーカードに書き出して持ち出せるのが最高に便利というか
ポータブルサイズの端末だけに、これが楽しい。

それにPS Vitaの5インチ有機ELディスプレイで綺麗な映像で見られるとか
しっかりとバッテリーが長持ちしてくれる安心感というのも
動画視聴には重要な事かもしれない。

本来であれば、800円(税込)で販売されるものが
配信日から2013年2月27日(水)までの間に限っては
無料で配信されるという事を考えると
今のうちにPS Vitaを持っておくのもアリかもしれない。




Twitterボタン
最新ネタは、Twitterでつぶやき中!ID:kunkoku

iconicon

【TOPページへ】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/52049910
この記事へのコメント
すごくいいですね!
by 山村正
Posted by 山村正 at 2012年12月05日 10:21