2012年12月06日

触れば触るほどおもしろくなるテーブルトップPC「VAIO Tap 20」

icon
Windows8を搭載したVAIOオーナーメードモデルのうち
スライダーハイブリッドPCの「VAIO Duo 11」をはじめ
ウルトラブックでタッチパネルを搭載したVAIO Tシリーズ13、VAIO Eシリーズ14P
光学ドライブも搭載したモバイルPCのVAIO Sシリーズ13、Sシリーズ15、
スタンダードタイプのVAIO Eシリーズ15、17、ボードPCのLシリーズ
最新モデル8機種の実機をリアル店舗で展示中。

・2012年VAIO秋冬モデルWindows8搭載のVAIOオーナーメードモデルを一斉展示。
・タッチパネルを搭載して画面タッチで快適操作できるVAIO Eシリーズ14Pを展示。
・「VAIO Tap 20」の発売日が12月8日(土)へと決定!ソニーストアでは受注再開!

そして今回、12月8日から発売となる
「VAIO Tap 20」も追加。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●「VAIO Tap 20」の外観レビュー

icon icon
「VAIO Tap 20」
VAIOオーナーメードモデル『SVJ2021AJ』

ソニーストア販売価格:79,800円(税込)〜

パッケージは、VAIO Lシリーズの梱包がかなり巨大だったので
それよりもちょい小さいくらいだと思ってたのに、
実際に届いてみると随分とコンパクトで、
スタンダードサイズのVAIOノートとそれほど変わらないくらい。

付属品は、VAIO Tap 20本体、ワイヤレスキーボード、ワイヤレスマウス、
ACアダプター、バッテリー、単3電池、外付けBDドライブ、書類関係。
(カスタマイズ内容によって外付けドライブはありなし。)

icon icon
VAIO Tap 20本体のタテヨコの幅は、横が約504 mm、高さが約304 mm
という大きさで、厚みは約45mm。

正面から見ると、ホワイトモデルでも
液晶ディスプレイの周辺はブラックで
電源が入ってないと黒い板状態。

背面のバックパネルは工具も必要なくて
パコっと外れる。

icon icon
そしてここに、バッテリーを装着する。

バッテリー型番は「VGP-BPS21B」で、容量は3500mAh。
もうそのまんまVAIOノートで採用されているバッテリーと同じ。

で、ふと、もしかしたら、
同形状の「VGP-BPS21A」が使えるのなら、
電池容量が5000mAhになるから
バッテリー持続時間をちょっぴり延ばしたり出来るんじゃ?と思ったり。
(メーカーが保障してないので決して推奨はできないけど。)

icon
ちなみに、
この背面から、メモリーやストレージにもアクセスできるようになっていて、
それもネジ一個を緩めてしまえば
プラスチックのパネルをパコっと取り外せばすぐに確認できる。

icon icon
背面右側にあるのが、
SO-DIMMのメモリースロットが2基あって、
最大8GBまで増設が可能。

メモリーは2枚組みで、デュアルチャンネル動作する事を考えれば
8GBを載せるのが最良。

コストを抑えたいならメモリーは4GBx1)をチョイスしておいて
後から自力で増設という方法もある。

icon icon
背面左側にあるのがストレージのはいってるエリア。
ここにSSDとかHDDが入っている。

VAIO Tap 20に搭載されてるSSDは、Samsung製「MZ7PC256HAFU」。
容量256GB、6Gbps対応、2.5インチSerial ATA。SSDケースは7mm厚。

SSDは、高速レスポンスと高速起動・終了と早い挙動がストレスを減らしてくれるし
低消費電力、静か、壊れにくいといったメリットが非常に多くて
部屋中を移動する時でも、電源を入ったままでも切る途中でも
気にせずにすぐに持ち運べるというのはストレスフリー。

HDDをチョイスすると、
回転数が5400回転/分の2.5インチHDDを採用、
低コストで大容量というメリットがある。

VAIO Tap 20のストレージ内部のハウジングには
そこそこ余力があるので、自力でSSD換装するのも比較的容易に見える。

icon icon
ACアダプターは、
モバイルVAIOに使われてるタイプと同じ「VGP-AC19V48」。

かなりコンパクトで、その気になれば一緒に持ち歩けなくはない。
本体重量は5.2kgあるけれども。

電源をつなぐ場所は、本体の右側面。
背面ではなくて側面に配置されてるので、
本体だけを移動しようと思った時でも抜き差しは楽。

icon icon
光学ドライブは本体には内蔵していないので
外付け光学ドライブを
外付けブルーレイディスクドライブ(DVDスーパーマルチ機能搭載、BDXL対応)、
もしくは「DVDスーパーマルチドライブ」から選択する事になる。

スロットイン方式を採用したおもいっきりシンプルなデザインで
全体がシルバーのカラーリング。
背面に、USB mini-B端子と、イジェクトボタンがあるだけ。

VAIOオーナーメードではカスタマイズで非常に安価に手に入るので
購入時には一緒に買っておく事をオススメする。


OS     : Windows 8 64ビット
CPU    : Core i7-3667U(2.00GHz)
メモリー  : 8GB(4GB×2)
ストレージ:  SSD 約256 GB (256 GB × 1) (Serial ATA 6 Gb/s)
GPU   : インテルHDグラフィックス 4000

Core i7-3667U(2.00GHz)の評価は、7.2。
メモリー8GBが7.5。

このCPUに内蔵されるGPU(インテル HD グラフィックス 4000)では
グラフィックは5.6、ゲーム用グラフィックスが6.4。

ストレージは、6Gbps対応のSSDだけあって、
8.1という非常に高い評価となっている。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●画面の角度を自由に変更できる
 20型大画面タッチパネル液晶搭載テーブルトップPC
 「VAIO Tap 20」


icon
「VAIO Tap 20」のディスプレイは、
20型ワイドの1600×900という解像度、10点マルチタッチに対応していて
まさにWindows8を含めた操作を
ディスプレイ単体だけ操作できてしまうのが最大のウリ。

もちろん一体型PCとして、いつでも
ワイヤレスキーボードとワイヤレスマウスを使う事もできるけれど、
実際に触ってみると、
これがまた事のほか本体だけでどうにかなるというかかなりイケる!

1128f1128g
1128h1128i
本体の角度を無段階に変更できるフリースタイルスタンドの
自由度がこれまた心地よくて
自分のすわってる机、低いテーブル、床やベッドに寝っ転がった時
どんな状態でも、確実に自分のベストポジションにできて
それがガッチリとホールドする。

極端な話、真上からでも見下ろせてしまって
みんなでVAIO Tap 20の周りに集まってみるなんて事もできる。

icon icon
1128m1127j
それから、VAIO Duo 11の時にも感じた事だけれど
もうタッチ感度が非常によくて
思い通りにタップ、スワイプ、ピンチイン・ピンチアウトといった
指の動きに心地よく追随してくれる。
というかそんな事を意識してなくてスイスイと触れる。

Window 8自体がもちろんタッチ操作を前提としているという事もあるけれど
普通のWindows画面でも、ディスプレイの大きさから
タッチのミスも少なくなるしもう全然違和感なく操作できる。

それから、タッチを活かしたアプリも揃っているし
今まで、絶対使い物にならないと思っていたソフトウェアキーボードも
なまじ反応よくて、テンポよくポンポンポンっとタップしてテキスト入力できる。

これがまた、本体だけでもどうにかなるかも?と思わせてくれる部分。


icon
それから、
「nasne(ナスネ)」との連携が最高に楽しい!

そのまんま、20型という大きさの大画面で
テレビが見れてしまって、
それこそ録画した番組だけじゃなくて、リアルタイムにやってる番組も見られるわけで
これはもうカンペキにワイヤレステレビ!

バッテリー内蔵してるから、
それこそ好きな場所に置いて、好きな角度にして
指でポンポンと操作するだけ。

なんだか大げさに言うと、近未来のテレビっぽい感覚になれるというか
とにかく触ってて楽しい。

当然の如く、ハード的にもこだわりをみせていて
コントラスト向上技術と輪郭強調技術を組み合わせた「モバイルブラビアエンジン2」を搭載して
動画や静止画もくっきり鮮やかな映像クオリティで見られるし、
L/Rスピーカーとサブウーファーを本体の背面に搭載していて
クリアかつ臨場感ある音を楽しめる「ClearAudio+モード」や
「S-FORCE Front Surround 3D」「Dolby Home Theater v4」を搭載して
臨場感のあるサラウンド音声も楽しめる。

icon
それだけじゃなくて
今までのPCだと当たり前だった事が
ディスプレイだけになる、バッテリーが搭載されるというだけで
これほどおもしろいものになるのかと思うのが
デジタルカメラのビューワーとしての楽しさ。

それこそ、デジタル一眼カメラの「NEX-6」や「NEX-5R」のWi-Fi機能を使ったり、
メモリーカードにEye-Fiや FlashAirを使って
ワイヤレスで「VAIO Tap 20」に画像を飛ばして、
大きい画面でおおきく拡大したりして細かい画像のチェックだとか
みんなで集まった時に写真をお披露目して楽しんだりとか
大きい画面なのにひとまず思ったところに動かせる、この自由度が猛烈に楽しい。

そりゃ、気合を入れて
外出先にまで持って行こうと思えば行けなくもないけれど
5.2kgという重さはどう考えても家の中で楽しむのが限界。

icon
外出先のお供にするなら、「VAIO Duo 11」がいいに決まってるのだけど、
まず、この室内でウロウロする楽しさというか、
自分の部屋の中でも、PCを置くいつもの机だけじゃなくて
地べたに座り込んでみたり、ベッドに寝っ転がって
ありえない姿で、Windowsをつっついて遊べてしまうというのは
かなり新鮮だし愛着がわくというかついつい遊びたくなる。

Windowsだけど、Windowsじゃない楽しみが増えた感じで
「VAIO Tap 20」は家に一つあると
相当おもしろいアイテムになるんじゃないかな?と思ったりする。


・VAIO Tap 20 「SVJ2021AJ」
 VAIOオーナーメード価格シミュレーション





Twitterボタン
最新ネタは、Twitterでつぶやき中!ID:kunkoku

iconicon

【TOPページへ】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/52050312
この記事へのトラックバック
・触れば触るほどおもしろくなるテーブルトップPC「VAIO Tap 20」 ・VAIO Tap 20のHDDモデルとSSDモデルの挙動を比べてみる。 さーて、「VAIO Tap 20」を メモリー4GB(4GB×1)、HDD 約500GB(5400回転/分)で扱うよりも メモリーは最大の8GB(4GBx2)として、ストレージ
VAIO Tap 20のメモリー増設とストレージ換装をしてみよう!(前編)【ソニーが基本的に好き。】at 2013年01月12日 11:27
・触れば触るほどおもしろくなるテーブルトップPC「VAIO Tap 20」 ・VAIO Tap 20のHDDモデルとSSDモデルの挙動を比べてみる。 ・VAIO Tap 20のメモリー増設とストレージ換装をしてみよう!(前編) HDDが装着されていた「VAIO Tap 20」を Intel製「SSDSC2CT240A4K5」への換
VAIO Tap 20のメモリー増設とストレージ換装をしてみよう!(後編)【ソニーが基本的に好き。】at 2013年01月13日 13:26
●画面の角度を自由に変更できる  20型大画面タッチパネル液晶搭載テーブルトップPC  「VAIO Tap 20」 「VAIO Tap 20」 VAIOオーナーメードモデル『SVJ2022AJ』 ソニーストア販売価格:89,800円(税込)〜 2013年春モデルのVAIO Tap 20に2013年3月18日(木)9時15分までの期
VAIO 2013年春モデルに各種キャンペーン!(その2)【ソニーが基本的に好き。】at 2013年03月18日 04:00
この記事へのコメント
ピー・ポッド(Pea Pod) (バッグ)の通販サイトを探すなら、まずは価格.comをチェック!全国のネット通販ショップをまとめて検索。ピー・ポッド(Pea Pod)(バッグ)の商品が簡単に探せます
Posted by スーパーコピーバッグ at 2013年03月18日 10:32
ソニーは現在、ノートPC、サブノートブック、デスクトップ、メディアセンターで見つけることができるVAIOブランドの使用を拡大してきました。ソニーのネットワークメディアソリューションは、VAIOブランドを運ぶでしょう。ありがとう。
Posted by proposal writing services at 2013年09月24日 19:49