2012年12月14日

iOS版「RECOPLA」、「Twonky Beam」アップデートでBDレコーダー、nasne連携強化!

1213f
ちょうどこの前、
iOS版の「Twonky Beam」というアプリがVer.3.3.0になって
DTCP-IPにも対応した事で、iPhoneやiPad/iPad miniでも
ソニー製BDレコーダで録画した番組を再生できるようになったけれど、
今回さらに、Ver.3.3.2へとアップデート。

Ver.3.3.0の時は、
ソニーのBDレコーダーの有用性が上がったものの
タイトルを選択してもミスって再生してくれなかったり、
再生中に、操作したらフリーズしたりとあまり快適とはいえなかったけれど
Ver.3.3.2となって、再度試してみると、そのあたりが安定したような感じ。

それから、「nasne(ナスネ)」にも正式対応となって、
これで、ソニー製BDレコーダとともにiOS機器で視聴できるようになった。

ただし、ライブチューナーを利用してのリアルタイム視聴や
おでかけ転送にあたるムーブは出来ない。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

1213e1213d
そして、
ソニー製アプリの「RECOPLA」のiOS版もアップデート。

今回のアップデートで
iPad(iPad2以降)から、nasne(ナスネ)ソニー製BDレコーダで録画された番組を
ホームネットワーク経由で視聴できるようになった。

また、iPadで「もくじでジャンプ」の操作もできるようになった。

とは言っても、録画番組をソートで確認や編集などは「RECOPLA」だけれど、
視聴は「Twonky Beam」アプリが立ち上がって再生という形になる。

ちなみにAndroid用のアプリもあって、
Android版「RECOPLA」のアップデートは12月21日11時を予定。

例えばNexus7でも、グローバルモデルのXperiaでも同様に
BDレコーダーの番組を視聴できるので結構重宝する。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

icon icon
一方で、ソニー製のタブレットやスマートフォンはどうなってるんだ!?というと、
もちろんそれなりにアドバンテージがあって、
例えば、”Xperia Tablet Sシリーズ”やXperia AX/VLには、
BDレコーダーからの「ワイヤレスおでかけ転送」にも対応していて
動画データを転送して、外出先でもみられる。

そして、Sony Tablet PシリーズとSシリーズにも
12月中に来るアップデートで、
「ワイヤレスおでかけ転送」にも対応するようになるので
他社製のタブレットよりも明らかに快適かつ便利になる。

PlayStation Vita(PS Vita)にも12月20日配信予定の
 『torne PS Vita』というアプリを使うと、「nasne(ナスネ)」を利用して
録画された番組を見たり、リアルタイムにTV番組を見たりが出来るようになったり
「nasne」に録画された番組を、Wi-Fi経由でのメモリーカードに書き出して
持ち運んで見るといった事も出来るようになる。

他社製対応もいいけど、やっぱり自社アイテムの連携の使い勝手のほうが
上をいくというところがあって欲しい。



・PS Vitaでnasneが操れる「torne PSVita」は12月20日配信開始!



Twitterボタン
最新ネタは、Twitterでつぶやき中!ID:kunkoku

iconicon

【TOPページへ】

この記事へのトラックバックURL