2012年12月26日

「空間光学手ブレ補正」を搭載するPJ760V/CX720Vが値下げ!

「空間光学手ブレ補正」を搭載するPJ760V/CX720Vや
タッチパネル搭載のサイバーショットWX170が値下げ!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●デジタルビデオカメラ“Handycam”

icon
デジタルHDビデオカメラレコーダー「HDR-PJ760V」
ソニーストア販売価格:128,000円(税込)
             ⇒118,000円(税込)
・ソニーポイント:5,900ポイント
・長期保証サービス(3年ベーシック)
・「プロジェクター」内蔵モデル
・内蔵ストレージ:96GB

icon
デジタルHDビデオカメラレコーダー「HDR-CX720V」
ソニーストア販売価格:108,000円(税込)
             ⇒99,800円(税込)
・ソニーポイント:4,990ポイント
・長期保証サービス(3年ベーシック)
・内蔵ストレージ:64GB

2Dハンディカムのフラッグシップとも呼ぶべき「HDR-PJ760V/CX720V」に搭載された
新しい手ブレ補正機構「空間光学手ブレ補正」の威力は強烈!

ワイド側からズーム側までどこのレンジでも、ずっと約13倍の手ブレ補正が可能で
ズームして本当にブレて欲しくない時に手ブレ補正が絶大な威力を発揮する。

音声についてもデジタルスチルカメラとは違い
高感度なマイクロカプセルからクリアでシャープな音声を5.1chで記録、
外での撮影時に風のノイズをカットして聞き取りやすくする「風きり音ノイズ低減」や
人の声だけをはっきりと記録する「くっきり音声」といったアドバンテージがある。

それから、「HDR-PJ760V」にあるプロジェクター機能についても
テレビにつなぐという動作を飛ばしていきなり投影して見られるという手軽さや
みんなで一緒に同じ思い出を共有するという別の楽しさが味わえる。

icon
ポータブルスピーカー「RDP-CA1」を使えば
本体にある「アクティブインターフェースシュー」に装着して、
音声を360度広げながら、よりリアルで迫力ある音声を再生する事もできるので、
プロジェクターで投影して皆で見る楽しみが倍増する。

・映像も音も綺麗に残せる、みんなと一緒に楽しめるハンディカム「HDR-PJ760V/CX720V」

−・−・−・−・−−・−・−・−・−

icon
デジタルHDビデオカメラレコーダー「HDR-PJ590V」
ソニーストア販売価格:84,800円(税込)
              74,800円(税込)〜
・ソニーポイント:3,740ポイント
●長期保証<3年ベーシック>付き!
・カラー:ブラック
・「プロジェクター」内蔵モデル
・内蔵ストレージ:64GB

光学式の手ブレ補正「アクティブモード」を搭載、
撮像素子は1/3.91型、総画素数543万画素、有効画素数は502万画素。
全画素超解像技術を用いる事で、最高2040万画素相当の静止画の記録ができる。
動画は、60P(プログレッシブ)の記録に対応。

高性能レンズ「Gレンズ」を採用、35mm換算で広角26.8mmから
光学ズーム12倍、エクステンデッドズーム20倍。

・エントリーからミドルモデルにもプロジェクター搭載機を用意するハンディカム

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●デジタルスチルカメラ“Cyber-shot”

icon
デジタルスチルカメラ“サイバーショット”
「DSC-WX170」

ソニーストア販売価格:25,980円(税込)
              23,980円(税込)〜
・ソニーポイント:1,199ポイント
・長期保証サービス(3年ベーシック)
●ホワイト/ブラック/ピンク/ゴールド

光学ズー10倍の35mm判換算で、
広角側25mmから望遠側で250mmを持ちながら
超薄型非球面レンズ“AAレンズ”を採用した事でレンズユニットを非常に小さくできたため
奥行き最薄部17.6mmという薄型ボディを実現。

背面のディスプレイは、
約92.1万ドットの高精細3.0型ワイド「エクストラファイン液晶」を搭載。

見えている画面をタッチするだけで、そこにピント合う「タッチAF」や、
画面をなぞってメニューの呼び出しや再生画像の送り戻しができる「なぞり操作」といった
直感的に操作が出来る。




Twitterボタン
最新ネタは、Twitterでつぶやき中!ID:kunkoku

iconicon

【TOPページへ】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/52053517