2013年04月08日

ソニー、業務用の4K有機ELモニター56型、30型を開発中!

0408a

1978年から放送・業務用ビデオモニター市場に参入してから今年で35年、
トリニトロンの時代から培われてきたモニター技術と知識を継承して
HD、そして次世代の4K映像制作時代においても、有機ELラインアップを拡充。

・業務用4K有機ELモニターを開発
 業務用HD有機ELモニターにおいては、業界最高クラス※の視野角を実現し発売


業務用として、忠実な映像信号を再現する
56型と30型の4K有機ELモニター(56型:3840×2160ピクセル、30型:4096×2160ピクセル)を開発。

これらのモニターは2013年4月7日から米国ラスベガスで開催されている
放送機器展示会「NAB」にて技術展示されている。

さらには、2014年中に30型の4K有機ELモニターの発売を視野に入れ開発中。

0408b0408c
また、現行のHD解像度の業務用有機ELモニターでも
正確な色/画像、高い信頼性と、ソニー独自の有機ELパネルを加えた
「TRIMASTER EL(トライマスター イーエル)」を
マスターモニターからピクチャーモニターまで全7モデルを揃え
累計出荷台数は、約2万台を突破。

市場からの改善要望により
視野角による色の変化が半分以下に改善したパネルを新たに開発、
業務用フラットディスプレイにおける業界最高クラスの視野角を実現
17型、25型、全部で6モデルの業務用有機ELモニターを2013年5月に発売する。

視野角が上がったため、編集の際に複数名が1台のモニターを見ても
カラーシフト(斜め方向からの視聴で映像が青味かかって見える現象)がほぼ発生せず
効率的な映像制作を実現する。

25型有機ELマスターモニター「BVM-E250A」」 2,541,000円(税込)
17型有機ELマスターモニター「BVM-E170A」  1,386,000円(税込)
25型有機ELマスターモニター「BVM-F250A」  1,659,000円(税込)
17型有機ELマスターモニター「BVM-F170A」  997,500円(税込)
25型業務用有機ELモニター「PVM-2541A」   661,500円(税込)
17型業務用有機ELモニター「PVM-1741A」   441,000円(税込)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

業務用モニターとしては広く疲れているソニーのディスプレイだけれども
それが有機ELにシフトして、かつ4Kにも拡充。

でもって、これがコンスーマーに降りてきたりしないカナー?カナー?
あとプライスが素敵すぎるので、いつかは現実的な価格になって
BRAVIAはもちろんだけど、PCディスプレイとか出てきたらいいのになーとか。






Twitterボタン
最新ネタは、Twitterでつぶやき中!ID:kunkoku

iconicon

【TOPページへ】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/52070079
この記事へのトラックバック
4月8日(月)〜11日(木)に米ラスベガスで開催されている国際放送機器展“NAB2013”で、 ソニーは、「Beyond Definition」をテーマに映像制作ソリューションを展示。 ・【NAB Show 2013】「Beyond Definition」をテーマに新たな価値創造につなげる  映像制作ソリューショ
NAB2013に、ソニーの業務用映像制作機器が山盛り!【ソニーが基本的に好き。】at 2013年04月08日 18:34